FC2ブログ
 トリプル!!と行きたい所ですが、久々ということもあり初心を思い出す意味でノーマルオーダーとします。

 スープは予想以上に鯵が主張しています。ノーマルでもなかなかのインパクト。 やはり、間を空けると鯵への慣れが解消されるようです。 そして動物系も全く問題なし。完成された姿を改めて確認したという印象です。 ノーマルでは塩分が適度で、久々にスープ完飲。

 麺、具材もなかなか。美味しかった! さて、登頂の準備が整いました。。。


長野県松本市白板1丁目1-13
11:30~21:00 火休(祝日の場合は翌休)
スポンサーサイト



 アルプスあづみ野公園を超えてすぐ。雪が多く残り、駐車場はツルツル。山沿いは違いますね。 外観はログハウス風。中はかなり広いです。

チャーシューが美味しいとの事前情報に基づき、チャーシューメンをオーダー。  半濁のスープは鶏と豚による充分な旨みを感じます。 スープに移ったメンマの香りがアクセントとなり、シンプルですが後を引きます。

 中細の麺は適度な茹で加減。そしてチャーシューが美味しい!厚めにスライスされて食感を残しながらもホロホロ崩れる見事な逸品です。

 気に入りました。最近、安曇野エリアに選択肢が増えて嬉しさ爆発です(^o^)/

長野県南安曇郡堀金村大字烏川40-6
11:00~14:00 17:00~21:00 火休
 また丸幸ですか?と問われたら、そうですとも!と答えます(笑)調べたら丸幸は今年4回目。3回のあすなろ、2回のちょもらんまとを抑えて堂々のトップです。 各方面からのプレッシャーもあり(笑)今回はバリエーション攻め。

 甘みが強く、あっさりした味噌スープ。ピリっと辛味も感じられます。雰囲気としてはオーソドックスな感じでしょうか。 (相変わらず味噌ラーメンはコメントが難しい。。。)

 麺は通常のラーメンと同じく中細の縮れ麺。良く食べるせいか馴染みの麺という印象です(笑) 具材は野菜とひき肉。シャキシャキ感に満足でした。

 ちょっと甘みが極端かな?今のところこの店では「つけ麺」です。

長野県松本市中央1丁目5-4
17:00~22:00 日祝休
 事前情報としては「ダシが薄い→最近濃くなった」という一点のみ。 入店時には満席で結構な待ち時間がありました。人気店には期待が高まります。
 おおっと、一口目に魚介のインパクト。節と煮干を感じますが節に傾いている感。エグミの具合から節は混合と思います。 動物系も力強く、印象としては重厚。ダシが薄かったという問題があったなんて微塵も感じられないほど、旨みに溢れています。

 店内には手打ち多加水麺という掲示があります。 その麺は平打ちで、多加水麺独特の口当たりの柔らかさはあるのですが、なかなかしっかりしたコシもあります。 チャーシューは柔らかいのですが歯応えを感じ、肉を食べている感があります。 それと、トッピングの煮玉子は文句の付け所がありませんでした。

 後半、スープとチャーシューに飽きを感じたのが謎です。 良く考えたら中信地区にこのようなタイプのラーメンはありませんね。

長野県上田市吉田266-1
11:30~14:30 17:00~20:00頃(売り切れ終了) 土曜11:30~(売り切れ終了) 日休
 松本の名を冠する強気なお店。このサイト名と被るので勘弁してもらいたいです。(はっ!俺のが後か。) そして、価格設定が全体的にかなり強気なのも特徴。醤油ラーメンも800円オーバーですしね。

 本日はデンジャラスな香りのする「六万石ラーメン」。なんとスープにマヨネーズを使っています。 真っ白いスープに唐揚げが乗っているルックス。豚骨のスープにマヨネーズが分離しながら散っています。 香りが最初だけ鼻にツンときますが味はマイルド。味自体にマヨネーズ感は強くなく、酸味も感じられません。充分なコクがあります。

 麺は美味しい。やや太めの縮れ麺は食感が良く楽しめます。前回のチャーシューメンと違う麺だと思います。 唐揚げはこのラーメンの具材としていい印象で、もっと食べたい気分。キャベツやタマネギなどの野菜も幾らか入っています。

 クリーミーな味わいが意外に悪くはありません。 ただ、マヨネーズと聞くだけで頭の中のカロリーメーターが振り切れるため、飲み進めませんでした。 あとは原価率について小一時間ほど問い詰めたい気分ですが、今日はこの辺で勘弁してやらあ。

長野県松本市中央2丁目4-13
営業時間 : 11:30~15:00 17:30~23:00 日祝21:00まで 第三木曜休
 豊科駅前の焼き鳥屋です。赤い提灯に誘われました。 ラーメンは「ラーメン」「タンタンメン」「チャーシューメン」の3品。当然メニューのメインは焼き鳥です。

 たっぷりのスープは透明度が高く淡い醤油色をしています。シンプルに鶏が香り、充分なうまみ。 麺は中細でヒネリの効いた縮れ具合。適度な硬さの茹で加減が嬉しいです。 チャーシューは味付けの濃いバラ肉。小さめですが存在感は抜群です。

 シンプルなラーメン。常連さんとご主人が楽しそうに大騒ぎでしたが、ま~いいかぁ。
長野県南安曇郡豊科町大字豊科成相4713
 nelさん企画のプチオフの時、コテ好きさんが食べられた品。味見の印象が非常に良かったため、忘れられずにいました。

 スープはアツアツ。力強い風味の根幹となっているのは香ばしいネギの香りのする油です。 ネギの煮え具合から推測すると、油でネギとニンニクのみじん切りを中華鍋で炒め、そこにスープを合わせて煮込む。油が馴染んで乳化感もあり、そんな感じです。胡麻油も加えられていると思います。つけ麺によくある酸味はありません。 つけ麺ですので塩分濃度は強いのですが、そのまま飲み干してしまいました(^^;

 麺はラーメンと同じでしょうね。一見、盛りが多そうですが、麺の下には氷があります(笑)恐らく1玉程度です。 麺の上にたっぷり刻まれたチャーシューに満足です。

 うーん、美味しいつけ麺。大盛りがあるなら大盛りにしたいです。次回聞いてみよう。。。

長野県松本市中央1丁目5-4
17:00~22:00 日祝休
 まる吉のバリエーション開拓を、と思い訪店。(昨日と同じパターンだな。) この店の味噌系は未食なのですが、最近は味噌を積極的に食べよう!と誓っていたところなので、このメニューに決定。

 辛味は豆板醤ですね。かなりストレートです。そして甘み。結構甘いのですが、このラーメンにこの甘みは必要という程 マッチしています。 通常の味噌は食べたことありませんので、味噌ラーメンが甘いのか、「うま辛」が甘いのかは分かりません。 背脂が浮いていますが、スープはスッキリ・アッサリしています。

 適度な硬さの麺は細ストレート麺。チャーシューは相変わらず秀逸でマジウマイっす。 ゆで卵1/2も、イイ卵使ってるだろ?って感じの美味しさ。
 普段味噌を食べないので、味噌ラーメンの評価はちょっと難しいですね。

長野県松本市中央1丁目3-7
11:30~26:00(日曜・祝日24:00まで) 無休
 ラーメン藤のバリエーション開拓を、と思い訪店。 メニューを見ると、チャーシュー、キムチ、ニンニク、辛いの、生姜、というラインナップ。 それと、チャーシューとキムチとニンニクが入った「スペシャル」というものがあり、高いけどいいやと言うことでコレに決定。

 結論から申し上げると、このラーメンにニンニクはアリです。 もやしだかネギだか麺だか分からないものをガツガツ食べるとき、ニンニクの風味が実に効果的です。臭いは翌日まで残りそうな勢い。キムチは微妙な存在で、スープへの影響は良くない気がします。  柔麺ですが、今日は悪く感じませんでした。 チャーシューは例の薄くパサパサで独特の風味。もやしとネギと麺と一緒に頬張って食べるべきです。

 美味しかったのですが、どう考えても割高ですので減点させて下さいね

長野県松本市中央1丁目2-11
2005.02.20 3ヶ月
私の荒んだ食生活を晒し続けて3ヶ月が経過しました。
(ブログ化してからは2ヶ月ですね。)
多くのアクセスを頂き、大変感謝しております。

#ずっと前からやっているような気分ですが、まだ3ヶ月ですか。。。

さて、宿題がたくさんあります。
自分を追い込むためにも(笑)この辺で整理をしておきます。

・松本駅前地図の更新(←すごく優先)
・駅前以外の情報を整理して見やすくしたい
・俺プロフィールが消えてる(えへへ)
・未食リスト整理
・自作系どうすんだよ
・携帯対応

駅前については範囲をちょっと広げようかなぁ、と思っています。
東は県、南は庄内、北はハルピンの辺りまで、西は渚まで。
地図の見せ方もちょっと変えないといけませんね。
ネタも一気に増えます(笑)
 民家が店舗になっているお店です。予想以上に中が広く驚きました。 私はチャーハンセット。他の客のかた焼きそばの量を見てビビっていましたが、セットのラーメンはやや少なめでホッとしました。ただし、チャーハンは通常の1人前あります。

 スープは重厚な鶏の旨みに溢れています。油は多め。そして、ネギの香りが支配しています。

 麺は縮れが弱くやや太め。多少柔らかめですが食感が良く気になりません。メンマの歯応えも良く嬉しいです。 チャーシューは薄味で、かなり柔らかく煮込まれたもの。美味しいです。 シンプルではありますが、美味しいラーメンでした。

 チャーハンは一部ご飯が固まっている箇所がありましたが、香ばしい強火の焦げが本格的で美味しいです。 一口もらったタンタン麺がまた凄く美味しい。辛味の中に甘みが感じられ、深い味わいでした。 うーん、他のメニューも気になります。

長野県南安曇郡穂高町大字穂高7094
11:00~14:00 17:00~21:00 火休
 南松本に10日程前にオープンしたお店。某支那そばやとは全く関係ありません。 お店は「懐かしさ」を強調したレトロな佇まい。

 甘みが非常に強いスープです。味醂と書いてあったので味醂の甘さでしょう。多分。 甘さと醤油で飲ませるスープ。ダシは非常に薄めです。

 清水製麺所のカレンダーがありました。麺は中細の縮れ麺。 キッチリ計った茹で加減かなり柔らか目。チャーシューは濃い目の味が付いてます。薄いのですが柔らかく美味しいです。
メンマも柔らかめ。
 諸事情により払った値段忘れてしまいました。失礼。

長野県松本市双葉
11:30頃~14:00頃 17:00頃~19:00頃 月休
 相変わらず清潔感に溢れるお店です。17:30頃、先客後客共に無しです。 二度目の訪店ということで極端なモノをと思い、硬め・濃い目・油多めでオーダーです。ほうれん草と卵もトッピング。

 噂には聞いていましたが、一瞬ショック。これほどとは。。。緑一色。 食べても食べても減りませんが、不思議と飽きずに完食。でも、麺を食べた記憶がないですね(笑)麺より多いのでは? 鶏油は風味が強く一口目のインパクトを演出しています。油は多めでもアリですね。 チャーシューは若干血の風味がありますね。柔らかく美味しいです。味玉も美味しい。

 今日は前回より濃度が増している印象でした。前回はデフォでしたので比較はできませんけどね。 美味しかった~。

長野県松本市野溝木工1丁目4-16
11:00~14:30(L.O.) 17:30~21:00(L.O.) スープ切れ終了
 昔からある店ですね。松本の駅前のラーメン屋と聞いてこの店を思い出す方も多いのではないでしょうか。 本日は味噌チャーシューメン。私、普段は味噌ラーメンをあまり食べません。この店でも初の味噌系メニューとなります。

 スープはマッタリ感のある白味噌ベース。適度な旨みがあり、甘みも微妙に感じられる優しい味。 極めてオーソドックスといった印象ですね~。(上手く説明できません。)

 麺は細縮れ麺。若干柔らかめですね。炒めた野菜はシャキシャキして美味しい。コーンもたっぷり。 かなりのボリュームです。薄くスライスされたチャーシューは大変濃い味が周囲に。なかなかイケます。

 全く関係ありませんが、昔この店で泥酔してチャーハンのスープを引っくり返した事件を思い出しましたorz...


長野県松本市中央1丁目4-3
11:00-15:30 17:00~25:00 水休
 夜に来るのは初めて。昼は大変混んでいますが、夜は静かですね。 本日はチャーシューメンをオーダーです。

 スープは重厚で旨みが強く、アッサリと感じた前回と全く印象が異なります。 油の量が格段に増えているようです。鶏と豚のシンプルな風味。醤油を強めに感じます。

 麺は中細の縮れ麺、やや硬めの茹で加減が大変好みです。 しっかり味付けされたチャーシューは繊維っぽさがありますが、スライスの方向によるものと思います。 また、周囲には焦げが付着しており、スープにシャープさを与えています。 メンマが秀逸。適度な硬さ、適度な発酵臭、良いです。

 夜にスープの濃度があがっているのかもしれません。スープの透明度も明らかに落ちています。 前回は小柴屋を思い出しましたが、本日はトリデンを思い出しました。(似ていませんが。)

長野県松本市本庄1丁目14-1
11:00-14:00 17:00~20:00 日休
 一ヵ月半ぶりの訪店。夜遅くまで営業している店はやはり便利ですね。 本日は香油ラーメンに煮玉子乗せました。

 香油はニンニクの香りがする所謂「マー油」です。鼻が効かない為か(泣)、風味としての強さはそれほど感じません。 スープは今日もクリーミー。ただ、本日はスープに溶け出している脂分を多く感じましたが、きっと鼻が。

 煮玉子はトロトロ。チャーシューの微妙さ加減は相変わらずですが、最近はこれがアリな気がしています。 タテさんのページで勧められていた「辛モヤシ」を最後投入しました。(≧∇≦)b です。

 次回は硬めオーダーにしようっと(笑)

松本市元町3丁目5-18
11:30~24:00(売切終了)
 松本駅西口、ホテルモンターニュ松本内の中華料理店。夕食時の広い店内には先客が1名。余計なお世話ですが、心配。 ほぼ全てのメニューが小皿料理で、1995円で食べ放題となります。単品での注文も可能です。 ラーメンメニューも1杯が半ラーメンサイズ。鶏麺と葱焼豚麺を注文しました。

 鶏麺は、淡い色のラーメンに鶏のチャーシュー。緑のネギが見た目綺麗です。スープは丸鶏をボイルしたような鶏の主張が強いものでした。シンプルで素直な味が好印象です。麺は多加水の中細麺で、強く縮れています。

 葱焼豚麺にはネギとチャーシューを和えた具が乗っています。スープは、酸味が強く酸辣湯麺のような感じで後を引きます。麺は鶏麺と同じですね。ネギのシャキシャキ感がなかなかでした。

 メニューの数が多く、単品の量が少ないためお一人様にもオススメ。自分としては大糸線待ちの時間潰しに便利かなぁ(笑)

長野県松本市巾上3-2(ホテルモンターニュ松本)
9:30~21:30
 松本駅ビルの食堂です。お昼時、かなり混雑しています。

 スープはあっさりしょうゆ味。決定的にダシが不足している上に塩分濃度も薄いため、物足りなさを感じます。

 中細の縮れ麺は茹で過ぎの感。プツプツ切れる感じです。チャーシューは濃い目の味付けで美味しいです。 甘めのメンマは歯応え良く好印象。

 ラーメン単品としては少々厳しいものを感じますが、駅ビル内で各種メニューが楽しめる食堂の存在は嬉しいものです。 これからも駅利用客に愛されていくのでしょう。

長野県松本市深志1丁目1-1
6:30~22:00
 なんと、かっぱ寿司のメニューにラーメンが登場です。210円という超破格。これで美味しかったら儲け物です(爆)

 スープは、和風に傾いた味のバランス。塩分濃度はやや薄め。メンマの風味がスープに若干移っています。

 自社生産の麺は加水率高めのプリプリした食感。量はさすがに少なめで、半ラーメン程度。 チャーシューの代わりに炙った豚トロ(寿司メニューの豚トロと同じと思います。)。その下には海苔が敷かれています。 メンマは発酵臭の残るもの。

 さて、このラーメンを食べることにより寿司の皿の数が明らかに減りそうです(笑) 1皿100円なのに何千円も払ってしまうという方には、小休止の一杯としてオススメでしょう。


長野県南安曇郡豊科町大字南穂高576-1
11:00-23:00
 豊科駅前の一等地。小柴屋と並んで地元では有名な食堂(と思われます)。 今日は風邪で体調がよろしくなく、素直に帰ろうか迷ったのですが、つい。

 深い醤油色をしたスープは節が主張するもの。節粉のような黒い粒が散っています。クソ~、鼻が利かねえ(笑) そして独特な風味の香ばしい油が力強さを与えています。 塩分濃度はかなり強いのですが、なかなか美味しい。

 麺は中細の縮れ麺です。芯の部分が粉っぽくモッチリ感がありますね。最近どこかで食べた麺に似ていますが、思い出せません。 肩チャーシューはやや硬めの食感ですが、しっかり内部まで味が付くほど煮込まれています。

 美味しいです。ごく近い小柴屋と迷うかもしれませんね。 以前この店でラーメンを食べた時の記憶と全く異なるラーメンでした。鼻タレ小僧ですので今日のレポはちょっと怪しいかも(笑)

長野県南安曇郡豊科町大字豊科新田4906-3
10:00頃-21:00 水休
 英と同じく経堂の有名店。店内はカウンターのみ。10人も座れば一杯になりそうです。

 スープは、煮干と節系が強く感じられます。動物系も存在感があり、絶妙なバランスの上に成り立っている印象。 醤油は強目に感じられます。
 細縮れ麺はかなりの強さ。最後まで食べ飽きません。 チャーシューが特筆モノ。ハムのようなしっかりした食感!かぶり付いて噛み締める喜びが味わえます。

 独特な雰囲気があり、豊富な他のメニューも試したい気分です。

世田谷区経堂2-15-15
12:00~15:00 17:00~20:30 無休
 経堂の有名店です。助屋の店主の修行店でもあり、ルーツを確認します。助屋未食ですけど!

 スープは旨みとコラーゲンがしっかり出ており、口の中にマッタリ感が広がります。 濃厚なのですが、あるはずの豚臭が弱いという不思議感覚。 乳化はそれほど進ませていません。骨っぽさも無し。

 麺はデフォですが適度に硬め。細麺ストレート。バリカタで注文しているお客さんが多かったです。

 助屋、行ってみます。

世田谷区経堂2-8-7
11:30~22:00 不定休
 20人待ちですね。時間を気にしながら並びます。(結局、並び始めから食べ終わるまで一時間程度でした。)

 知名度が特別なお店ですので厳しく評価しようと思っていましたが、美味しかったです。
一見アッサリに見えるスープは重厚な旨みに溢れています。それは通常クドく感じるレベルなのですが、 香ばしい風味の油がその旨みを押さえつけている印象。食べていると、魚介とか動物とかどうでも良くなってきます(失礼)

 細麺は、やや硬めの茹で加減。食感・喉越し・風味が良いです。具材にも文句はありません。
 好みのタイプのラーメンではあるのですが、正直、参りました。もう一度並んでみます。

神奈川県大和市下和田1207-1
10:30~21:00 水休
 大町温泉郷内の居酒屋。立山プリンスのすぐ北側になります(迷いました)。ラーメンが美味しいとの評判です。

 白濁するほど強く煮出されているスープはかなり動物臭が強く驚きます。臭みは香味野菜等で緩和するのが常ですが、あえて処理せずに演出した重厚感が好印象です。 松本駅前の松源食堂に近い雰囲気。焼きアゴが隠し味とのことですが、魚介風味はそれほど強くありません。

 手打ちの麺は太麺多加水でモッチリ。縮れが強めでコシもあり、楽しい食感です。この麺、イイです。 チャーシューはバラロール。適度な厚みと適度な柔らかさ。

 温泉立ち寄りついでに如何でしょうか。オススメです。

長野県大町市大字平2884-78
17:00-24:00(L.O.) 月休
 松本城のすぐ隣にある中華料理屋、第一会館に行ってきました。土日祝日限定のラーメンセットは、ラーメン、半チャーハン、 小鉢、杏仁豆腐がセットになっています。

 スープは醤油が強めの鶏ベースのスープ。中華系のスープではありませんでした。

 麺は独特の中太麺。やや柔らかめですが食べ応えを感じます。スープの量が少なめですので、比例して麺が多く感じられます。 柔らか目のチャーシューはなかなかの好印象でした。


長野県松本市大手3丁目9-16
10:00-22:00
 ホテル・ブエナビスタ内の中華料理店です。ラーメン(つゆそば)は4種。その中で叉焼湯麺(叉焼入りつゆそば)を選びました。

 スープはやはり中華系のスープ。ただ、貝柱や干し椎茸などの乾物系はそれほど強くなく、芯の通った別の強い風味が。 熟成した香りの印象から金華ハムかなぁと予想してみます。あとはチャーシューの八角が影響を与えていますね。

 ストレートの細麺は、口の中でコリコリ切れる食感がお見事。中華麺というよりカペリーニのような雰囲気です。ラ博の支那そばやで食べた「絹腰和伊麺」を思い出しました。チャーシューは凄いボリューム。ハチミツのような甘いタレを付けてじっくり焼き上げた感じの本格的なチャーシューがドーンと乗っています。噛み応えがあり、美味しいです。青梗菜もシャキシャキ感充分。

 聖紫花湯麺(聖紫花特選つゆそば)981円というのもあり、メニューの写真を見ると牛肉の細切りのようなものが乗っています。こちらも美味しそう。

 ちょっと高めだけどたまにはいいかぁ~。

長野県松本市本庄1丁目2-1
11:30-14:30(L.O.14:00) 17:30-21:30(L.O.21:00) 無休
 夜の営業店。メニューが変わる前は何度か行っていました。変わってからは本日で2度目。 味噌ラーメンがオススメとの話をどこかで聞きましたが、本日はラーメン。どうでしょうか。

 透明度のあるスープはアッサリした鶏ベースのスープ。甘味と旨味のバランスが良く、一口目に厚みがあります。 飲み進むうちに旨味成分のエッジが尖ってくる印象ですが、悪くないです。

 やや透明感がある麺は中細で縮れています。茹で加減は適度。 肩ロースのチャーシューは味が濃い目。豚臭になんとなく家庭っぽさを感じます。 メンマはクセもなく丁寧に処理されたもの。海苔はしばらく沈めていても溶け崩れませんでした。

 脱個性のノーマルなラーメンです。

長野県松本市中央1丁目15-1
17:00~27:00 月休
 全国展開しているFC店。長野県内には2店舗あります。一軒はイトーヨーカドー南松本店内。もう一軒はココ、エスパ松本店7F。 オフィシャルサイトのメニューを見て「カツカレーラーメン」が気になり訪店しましたが、結果、メニューに無く涙を飲みました。以前ならこんな変化球メニューには興味が無かったのですが。。。

 ということで醤油ラーメンをオーダーです。

 スープはうまみ成分がしっかりしたもので、一口目に強い甘みが来ますね。醤油はあまり強くなく、塩分濃度は適度です。 (この塩分濃度ってのは体調によって感じ方が全然違いますよね。参考程度にお願いします。) 炒めたもやしが乗っており、この脂分が重厚感を演出しています。 また、もやしを炒めたときの胡椒が後々スープに影響し、ジャンクな風味で満たされます。

 麺は中太(やや細め)です。モッチリとした食感がなかなかイケます。メニューあるつけ麺もイイかもしれません。 チャーシューはホロホロにとろける柔らかいもの。メンマもコリコリしていて美味しいです。
 上手くまとめてある印象。メニューにあった「鯛ラーメン」も気になります。


長野県松本市深志1-2-30エスパ松本店内