FC2ブログ
 二度目の訪店です。何を食べようか迷いましたが、過去に味見だけしていた「こってり醤油」を食べてみることにしました。

 目を引くのがチャーシュー。先日と同じ「にんにくラードの黒味噌麺」と同じ、大きめのバラロールチャーシューです。黒味噌麺専用かと思っていましたが、積極的に他メニューにも使われているようです。

 スープは背脂がビッチリ浮いたこってりタイプ。背脂の層はなかなか厚く、メニュー名の通りにこってり感が凄いもの。にんにくがとても良く効いていました。

 麺は黒味噌麺と同じ、やや太く縮れの強い平麺です。これは素晴らしいの一言。文句ありません。チャーシューはスープに浸して脂を溶かしたほうが良いでしょう。メンマは背脂の下から出てきました。

 こってりを楽しみたい日はこのようなラーメンも良いかな、とは思います。
スポンサーサイト



 松本城の北西に位置するこの食堂、夕飯時にかなりの混雑でした。初訪の本日は「ラーメン」に決定です。

 おおっ、本当だ。スープが真っ黒。醤油がしっかり感じられるスープですが、塩分濃度はそれほど高く感じません。甘みが程よく感じられ、全体のまとまりは良いです。

 麺は中細でやや縮れています。最初の一口は若干柔らかめに感じるものの、その後も食感は変わりません。チャーシューはバラ肉が3枚。濃い目ですが良い味付けです。あとは、メンマとネギ。ナルトは2枚。

 決して派手ではないのですが、完成度の高さは感じられます。そして、やはり、他のメニューが気になってしまいます。それが食堂!!
 駅前からてくてく歩いてわかまつを目指すも「今日は終わりました」とのこと。では、ということで向かった「桜島」は定休日。しょんぼり歩いて最後の望みはこの店。。。。営業中。なんと400円。中華そばをオーダーです。

 鶏がフワっと香るスープ。出汁濃度はあっさり目なのですが、これは後を引きます。塩分濃度もやさしめ。醤油がギリギリ感じられる程度です。麺は中細縮れ。食感は丁度良くバッチリ。チャーシューは柔らかく、味が濃い目。メンマはカリっとしつつもホックリ感のある、煮物のようなやさしい食感と味付けです。

 スープも麺も、どこかで食べたような。。。。この感覚がとても和めますね。味も良いです。
 いや、つけめんが連続していることは分かっているんですけどね。

 写真は意表をついて、サイドメニューの「あいぜん丼(350円)」。Komachiに釣られた格好でございます。 チャーシューの角切り、ナムル、ほうれん草、メンマ、味玉1/2、ネギが乗っているビビンバ風 。ナムルはもやしやゼンマイがミックスされています。サラっとしたタレとナムルの酸味がとてもご飯に合います。

 メインのつけめん。今回は油少な目でお願いしました。その分魚介が立ってくるかなと期待していたのですが、目立つのは一味唐辛子の辛味でした(^^)。油による重厚感が薄れるものの、タレの強さは適度ですし、口の周りがテカテカしなくなりますので(笑)、個人的にはアリでした。
 以前は良く話題になっていたこの店。最近はどうなんでしょう。本日、初めて挑戦します。今日みたいな日はメニューに「小」があるのが嬉しく思えました。

 噂どおりの真っ黒スープ。「意外にすっきり」という噂を聞いていましたが、なかなか塩分は強いですよ。醤油は長い時間煮立てたような独特の香り。あとは、豚の香りが強いですね。情報誌には「日向赤鶏の旨み」と書かれていますが、豚が一番強く感じられました。

 麺は加水率低めの中細ストレート(店内には中太と表記)。麺、黒くなります。強い食感が、面白いです。ガッシリしたチャーシュー、ウデ肉だそうで。メンマ、絶品です。

 能書きの多さに一瞬怯みますが、長野県にこんなラーメン、なんだか嬉しくなります。
 暗めで落ち着いた印象のある店内。煮干のいい香りがします。本日は初訪ということで、基本メニューの和風しょうゆらーめんに決定しました。どうでしょうか。

 魚介が強く立っている上に動物系のマッタリ感。片方が突出するわけではなく、バランスがとても良いスープ。いや、これは美味しい。連食予定なので(というか既に2軒目。)、スープはあまり飲まないように考えていたのですが、グイグイ行ってしまいます。

 麺は加水率高めのモッチリツルツルタイプ。ソフトに感じますが悪くありません。 チャーシューは肩でしょうか。適度な食感と程よい味付け。

 うーん、青葉を思い出します。事前情報により「それなりに雰囲気がある」程度と認識していたのですが、再現度は結構高いですよ。魚の効きはこちらのほうが強い印象。油はあちらのほうが多めでしょうか。もしかしたら、この店のほうが好みかもしれません。機会を作って再訪したいです。
 喫茶店のような外観ですが、中に入ると年季の入った飲食店。本日はラーメンを注文しました。500円、嬉しいですね。

 スープは醤油の味がしっかり感じられます。塩分は強めですが、キレが程よく演出されていると思います。そして、何よりも旨みの強さが印象的。このタイプでこれだけ厚みのあるスープはなかなかありません。後味のジャンクさ加減も強いのですが、とても気に入りました。なるほど~。

 麺も素晴らしいの一言。中細の平麺です。縮れが強く、しっかりとしたコシ。チャーシューはモモ?硬めですが、歯に楽しいしっかりした食感はもう一枚を要求したくなります。

 もっと、すっきりあっさりしたラーメンを想像していましたが、濃厚、です。メニューも豊富で間違いなく再訪することでしょう。
 豊科にオープンした凌駕の支店「凌駕vein」に行ってきました。洒落た内装はIDEA譲り。19:30頃、客の入りは半分ほど。今後一気に混むことが予想されます。本日は新メニュー「にんにくラードの黒味噌麺」を試してみました。

 スープは油層によってこってり感はありますが、意外にもスッキリタイプ。味噌ラーメン独特の重厚なコクは控えめです。甘みがかなり強めで、時折ビターな風味を認識できます。ニンニクは軽く香る程度。器の底からは挽肉が現れます。味噌ダレは肉味噌状なのかもしれません。

 麺は太目の平麺。縮れが強く、啜り込むと踊ります。うむむ、絶品。。。巨大バラロールチャーシューにはビックリさせられます。このラーメン専用?でしょうか。柔らかく、味付けが適度。臭みの処理も見事で、これも素晴らしい逸品です。メンマも文句なし。糸唐辛子の効果は良くわかりませんでした。

 器の形は「アサガオ状」ではなく、深めの普通タイプでした。他の人の丼はまた異なる形状。 メニューは塩尻店がベースです。塩がコク塩に、つけ麺と餃子がなくなりました。あとは、アルコールがあります。

 安曇野の選択肢として重要な位置付けになりそうです。
 昔から話題の店ですが、未訪でした。店舗はログハウス。メニューの能書きを見る限り、なかなかこだわりがありそうです。本日はデフォの「しょうゆ」をオーダーしました。安い。

 スープは実にオーソドックスなタイプ。風味を飛ばしたような魚介がジワっと感じられます。雑に表現すると業務用スープのクオリティを上げたような味。でも嫌いではないです。

 麺は中細の縮れ麺。硬めに茹で上げられており、食感がバッチリで気に入りました。チャーシューはモモのように感じますが、ちょっと部位は良くわかりません。硬いタイプですが、繊維の解け具合がなかなか絶妙で美味しいです。あとはメンマ、ナルト、ゆで卵1/4が乗っています。

 コストパフォーマンスに満足。あとは他のメニューも楽しそうでした。
 オープン間もない新店「麺処 鯛葷(たいくん)」に行ってきました。古民家を改築した、雰囲気のある佇まい。無化調の鶏&魚介スープを売りにしており、鯛を素材に利用しているようです。本日は塩ラーメンをオーダーしました。

 半濁スープはあっさりダシの優しいスープ。塩分濃度が高めで、最初は塩の味のみが突出して感じられます。魚介が感じられるのは後半。じわりじわりと来ます。ポイントとなるのは「鯛フレーク」。細かく砕いた鯛の身です。後から魚介を感じるのは、このフレークからダシが出ているからではないかと思われます。またフレークの食感は硬いので、鯛の干物を使っているのではないでしょうか。焦がしネギは主張が強いですね。

 麺は縮れの強い細麺。この界隈では珍しいかもしれません。麺量は多めに感じました。メンマの味付けは比較的濃い目。チャーシューは小ぶりのが一枚。周囲に焦げがあります。

 優しい上品なダシが正直物足りなく感じられてしまうのですが、あっさり好きの方には気に入られると思います。店主一押しの醤油ラーメンを味見しましたが、こちらは鮮烈な深い甘みが特徴的でした。
 広丘店(広丘駅前の頃)と豊科店を随分昔に食べているんですが、全く味の記憶がありません。本日は未訪の県店に挑戦しました。煮玉子入りの鹿児島ラーメン。

 スープは軽い豚骨ベースです。鶏や野菜を使っているところが鹿児島風なのでしょう。ダシ濃度は充分。さっぱりしていますが、とてもいい味が出ています。うーん、美味しい。写真ではわかりませんが、焦がしネギが入っていて、これがとても良い効果。そして、焦がしニンニクによるフレーバーも。

 麺が面白い。加水率高めでやや平打ちの細麺。こんな麺があるんですね。口当たりはソフトですが、食感は適度。小ぶりのバラロールチャーシューもイイです。サクサクするほど周囲の焦げているのが特徴。チャーシューメンは「特製特大チャーシュー」と書かれているので、違うものでしょう。濃い色の煮玉子は予想に反して薄味。黄身は固ゆでと半熟の中間ですね。

 もっと早く食べておけば良かった、と思いました。評判は聞いていたのですが。
 初大勝軒(^^)。八王子の大勝軒は「もりそば」が人気の東池袋系。ということ試してみました。

 「小」でも結構量があります。麺はもっちりしていてなかなか美味しい。茹で加減は適度です。きま八でつけ麺を一番最初に食べた時の印象に似ています。

 つけ汁は軽い酸味と強い甘み。この甘みが特徴なのでしょうね。そして、強めの動物系と、軽い魚介。魚介についてはもっと効いているものと想像していたので、少々残念なところ。

 中には食べ応えのあるチャーシューがタップリ。おかげでバッチリお腹一杯になりました。

 近くにあれば時々食べたくなりそう。でも、東池袋に並んでみてから評価したいと思いました。
 八王子駅から徒歩10分位。中野の有名店「青葉」の支店があります。初の青葉はここになりました。 17:30頃、先客1名後客0名。狙い目かもしれません。「中華そば」をオーダーです。

 スープは、なるほど、といった感じです。煮干しや節の魚介が効いています。決して突出するわけではなく、バランス良く、上品に融合している雰囲気。ダブルスープですが、動物系のまったり感は残っており、軽いといった印象はそれほどありません。

 麺は滑らかですが、しっかりした食感。スープへの馴染みがすこぶる良く、相性に問題はありません。

 チャーシューにはデフォで胡椒。柔らかいのですが、やや出涸らし感があります。メンマの食感は面白いです。クタクタ部分と繊維部分が同居しており、ジワっと味が染み出しつつもコリコリ感が残っています。

 丁寧です。もっとガツンと来るものかと勝手に思っており肩透かしとなりましたが、まとまりの良さに好印象でした。
 虎心房@稲城が店名を変えて移転した店。外観は美容室風?店内も明るい雰囲気です。 ここでは「らーめん」をオーダーしました。

 白濁したスープは豚骨ベースと思いますが、乳化具合は軽めで、鶏の味も強く感じられます。うーん、なんだか複雑な味。ダシ濃度は高いです。上には節がザラっと来る香味油、強めの香りがスープに良い影響を与えています。

 麺は中細のストレート。ややソフト気味ですが、スープに良く馴染んでいる印象がありました。

 麺が潰れるんじゃないかと思うぐらいの激しい湯切りも見もの。 あとは、限定メニューが楽しそう。たまに訪れたいお店です。
 フウライファンと読みます。JR町田駅から徒歩10分程でしょうか。以前は栃木県の佐野市に店を出しており、佐野ラーメンがベースとなっているお店です。どのメニューも美味しいと聞いていますが、町田でもう一軒行く予定の店ではラーメンをと思っていましたので、この店では「塩つけ麺」に決定です。

 軽く縮れた平麺は加水が高く滑らかですが、柔らかいわけではなく、しっかりとしたコシがあります。麺量は1.5玉程。大盛りは3玉分あるそうです。

 つけ汁は魚介が感じられる塩味。魚醤のような発酵臭が鼻をくすぐります。旨み成分はかなり強く、滑らかな麺にもしっかり味が乗ってきます。麺に添えられた「かぼす」(ライムだと思っていました)を搾ると、発酵臭と融合してアジアンエスニック風に様変わり。気に入りました。

 特筆すべきは具材のチャーシュー。柔らかい上にとにかく味が良いです。豚の旨みの素晴らしさに打ちのめされました。味付けも絶妙。ただ、脂身が多いため何枚も食べるのはキツいかもしれませんね。

 次回は色々あるメニューを順次試したいです。
 すいません。毎度のこの店でございます。つけ麺が続いていたので、今日は豚骨醤油。

 マイルド。。。ですね。間違いなくおいしいスープで旨みも充分ですが、タレによるインパクトは当初よりも薄れています。ダシを味わうように調整されたかもしれません。タレ濃い目にしたい気分。

 麺、ちょっと細くなった(平たくなった)ような印象も。切り歯が同じで、麺帯が薄くなった雰囲気。コリコリメンマは健在。チャーシューが増えたような。

 ノーマル豚骨を味見しましたが、こちらもいいですね。一時期感じていたスープの「重さ」は適度な印象でした。そろそろノーマルに戻らないといけないのですが、つけ麺が呼んでいるんです。

 トロチャめし(350円)。とろとろのチャーシューは濃い味。これがまたご飯に合うんだ!秀逸です。
 jimmyさんが食べられたとの話を聞き、試してまいりました。場所は穂高温泉郷です。 テラスにもテーブルがあり、天気の良い日には気持ちよく食事が出来ます。「カフェ」という店名の通り、メインは喫茶や軽食。しかし、ラーメンが地元紙Komachiで紹介されています。さて、どんなものでしょうか。

 スープはあっさり醤油味。なにやら複雑な風味が口に広がり、多様な素材が使われていることが想像できます。ベースの動物系の裏に、じんわりと節系の風味。ダシ濃度も適度です。

 麺は適度な茹で加減。チャーシューは意外にも厚切りで、柔らかく秀逸な出来。チャーシュー麺がメニューに無いのが残念です。卵は温泉玉子。ラーメンに温玉、っていうのは敬遠しがちな自分ではありますが、この店の温玉はOKです。白身の緩い部分が流れ出さない絶妙な加減。トロリとした黄身は麺に絡むとまた一味変わります。

 後味はジャンクなものの、意外にも正当なラーメンが食べられました。ロケーションや店の雰囲気に好感が持てます。安曇野散策ついでに如何でしょうか。-100円で小盛りも可能です。
 「まさる」に行こうかどうしようか迷ってこの店に。。。確かコテ好きさんが食べていたよな、なんて考えながら「トントロそば」に決定です。

 薄切りのトントロは香ばしく焼かれており、食感が強いもののサクッと噛み切れます。ワイルドな風味が実に効果的。

 スープは相変わらず見事なダシ濃度。強い塩分濃度と、かなり効いた胡椒。ややジャンクであるものの、松本の食堂では珍しいガツンと来るスープです。

 麺は柔らかいのですが、このラーメンのこの麺には慣れましたね。不満はありません。その他の具材はメンマ、高菜、紅生姜、ネギ。

 良いです。一口飲んだ瞬間に凄さがわかるスープ。トントロも好印象でした。
 かかしの新メニュー「えび塩ラーメン」を試してきました。

 さすがに干し海老の主張はかなり強いですね。香ばしく炒めてあるようで生臭さはありません。 スープとはとても相性が良く感じられ、一味も二味も加わった印象です。 海老の量も多いので、スープの最後まで海老が残って楽しめるのも嬉しいですね。 ベースのスープは魚介が弱く、やや椎茸などの乾物に偏った組み立てでしょうか。上層の鶏油は最初の一口に鶏の強いインパクトを感じさせ、その後フェードアウトしていきます。

 今日の麺は口当たりがソフトな印象。具材は味玉1/2、メンマ、水菜、梅×2、ネギ。味玉とメンマはザラメが主張するやや甘めの味付けでした。

 チャーシューが無いので寂しいかと思ったのですが、全くそんなことはありませんでした。海老、いいですよ。今後も新メニューをスポット投入していくとのことです(えび塩はレギュラーメニュー)。目が離せませんね。
 久しぶりの益家。今回は未食の味噌をと決めてきたものの、「つけ麺」なる文字を発見。 横には「夏季限定」の文字も。ということでつけ麺を試しました。

 つけ汁は醤油ベースのもの。酸味はなく、甘味と辛味が強く感じられます。 甘味については、いつもの甘い醤油ダレによるものでしょうか。辛味はチリペッパー?によるもの。ちょっと複雑なスパイス風味も感じられる気がするので「チリパウダー(混合スパイス)」かもしれません。面白い風味。つけ汁中には柔らかいチャーシューとメンマ。

 麺は1.5玉ほど。下には氷。いつものラーメンの麺ですが、冷やして締めるとなかなか良い麺であることが分かります。いつも気にしていたかん水臭はありません。勘違いかな。。。

 つけ汁の器が小さく、麺も溶けた氷で濡れているのでいので、最後は冷えたつけ汁になりますが、味はなかなか面白かったです。店主曰く「そろそろつけ麺終わりかなぁ」とのこと。夏季限定ですものね。

 こちらは、チャーハン(380円)。タップリ食べたい方はチャーハン"大"(600円)をどうぞ。 やや炒め過剰でしょうか。細かく多様な具材がかなり香ばしかったです。
 本日は久々のカレーラーメンに挑戦。硬め、味濃い目オーダーです。

 なかなかの辛さ。スパイスの香りが強く感じられます。 作り方を見ていないので定かはありませんが、カレーだれを作らずに、粉末スパイスを直接投入しているのではないでしょうか。ただ、旨みが辛さにかき消されている印象も。。。ベースのスープがクリーミーなので、よくある「ヨーグルトが効いているカレー」のような雰囲気があります。

 硬めオーダーしたはずの今日の麺は柔らかいです。柔らか目オーダー?といった印象。次はもっと硬くお願いしたいところですが、とんでもなく硬くなりそうで怖い・・・。ただ、柔らかいことが致命的というものではなく、ラーメンとしては許容範囲です。今回はカイワレではなく水菜ですね。それと、挽肉、メンマ、チャーシュー1枚、味玉。

 個人的には、化調をもっと効かせてジャンクに食べたい気分になるラーメンです。
 やはり自分の目で確かめておかないと。。。と思いまして、つけ麺の特盛りに挑戦です。nelさんの掲示板のF-Uさんの書き込みに触発されました。本日は昼食が午後3時ごろだったので、訪店した午後8時の段階でも空腹感が微妙な感じでしたが、いざチャレンジです。

 目の前に置かれた時、見た目の印象からやっぱり無理じゃないかな。。。と思いました。しかし意外にも食べきってしまうんです、これが。苦しさは食後の数分後からキますね。

 この間食べたばかりでしたので、量以外の差も無く、書くことがありません。写真だけお楽しみください(笑)
 気が付いたらこの店のつけ麺は久しぶり。

 変化は麺の上のチャーシュー。以前はつけ汁の中に入っていました。やや大きめにカットされています。味は、ハムのような。弾力の強い食感がいつものチャーシューと全然違う雰囲気。つけ汁に入れても食感は強いまま。個人的には以前のほうが良かったと思っています。

 今日の麺はバッチリです。食感はトロトロソフトなのですが、前回の印象と異なり、しっかりコシを感じられるもの。スープも良く乗ってきます。これならば大盛りでも飽きなさそう。

 「こってり」でお願いしたつけ汁はマッタリ感が抜群。適度な酸味と辛味。次回はアッサリを試してみたいです。

 チャーシューはちょっと残念。ですが、今日の麺は良かったです。