FC2ブログ
 大町に行く機会は多いのですが、ラーメン屋はあまり詳しくありませんでした。ということで、本日は「らぁめん浜家」にお邪魔しました。基本のラーメンをオーダー。どうでしょうか。

 醤油の酸味が仄かに感じられます。甘みも強く、旨み成分はなかなか充実している印象。オーソドックスです。

 面白かったのが麺。凄く硬く茹で上げられています。パキパキポリポリ食べるような雰囲気がちょっと嬉しい(笑)こういう個性の出し方もあるんだなぁと感心しました。チャーシューはモモでしょうか。味は良かったです。ネギは香りの強いものでした。

 注目は麺、ですね。でも、たまたま茹で時間を間違えたという可能性もありますのでご了承ください(笑)
スポンサーサイト



 何年ぶりかのゼーブリック。青木湖畔の人気店です。幹線道路から外れているのですが、続々と客がやってきます。今日は評判が良い「しおラーメン」にしました。

 こう来たか、という印象。野菜炒めが乗った塩ラーメンです。スープには野菜の甘みが溶け出す優しい味。ごま油が強く主張しています。

 麺は透明感のある多加水麺。ややソフト気味な食感ですが、スープとの相性は悪くありません。野菜や肉はボリュームもあって満足。

 これが噂の「ねぎラーメン」。白髪ねぎにあらびき黒胡椒がたっぷり。そして、器の底にも恐ろしい量の胡椒が。さすがに辛いです。しかし、辛さの裏には甘みと醤油の深みが感じられ、意外に美味しくいただけます。普通の醤油ラーメンも期待できそうですね。以前はメニューに「辛いです」と注意書きがあったのですが、今は無し。注文時に念を押されたのですが、それもなし。


 オープン間もないこのお店は既に人気店。開店前から待っている方もいました。本店となる南箕輪の「らーめん大将」は未訪ですので、本日はどんなラーメンが食べられるのか非常に楽しみ。基本の「らーめん」を醤油味でオーダーしました。醤油と塩が選択できます。

 背脂がビッシリ浮いたスープは、素晴らしい旨み成分の厚み。甘みがかなり強いのが特徴ですが嫌味ではなく、強めの塩分濃度によって力強い印象を受けます。

 「浅草開花楼」製の中太麺に感動。この噛み締める瞬間の弾力感は、未体験ゾーンの代物。これは凄い凄いと(心の中で)叫びながら一気に頂きました。あとは、具材のチャーシューが気に入りました。周囲に焦げがあり、柔らかく美味しいもの。

 麺 (・∀・)イイ!! あとは豊富なメニューを楽しみたいです。近々再訪決定。
 何年ぶりでしょうか。遥か昔に並んで食べた記憶があります。今回は開店直後で先着2番乗り。ニンニクラーメンをオーダーしました。

 スープは味噌風ピリ辛味。出汁濃度は薄めですが、味自体は濃い目で深みがあり、存在感があります。ニンニク臭は殆どありませんが、スープの風味付けに一役買っていると思います。

 麺は中細、適度な食感が気に入りました。チャーシューは薄くスライスされた大きめのもの。豚臭がありますが、薄味で美味しいです。メンマは滑らかな口当たり。

 確かに個性を感じましたが、アクが強いわけではなく、多くの方が美味しく頂けるタイプのラーメンと思いました。ジャスミン茶は嬉しいサービス。
 この間来たばかりなのですが、店の前を通ったら新メニューの掲示が。既に昼食を済ませていたので、一旦我慢して夕食時に再訪しました。坦々麺です。

 スープはゴマ味。辛味はスープに溶け込んでいますが、軽いもの。そして、濃厚な豚骨スープがやはりポイントでしょう。

 硬めでオーダーした麺は今までこの店で食べて一番柔らかく感じました(涙)しかし、スープとの馴染み具合はやはり柔麺のほうが上。個人的には許容できます。具材の挽肉はあまり辛味がありません。味噌やカレーラーメンに乗っているものと同じだと思います。あと、青梗菜はやや柔らかめですね。あと、写真に写っていませんが白髪ネギが大量に乗っています。

 紛れも無く三村家テイスト、です。麺は、ちょっと、どうしましょう。
 定例ラーメン藤チェック。なんか大勢で宴会してます。時間的にはまだ一次会なはず(笑)

 スープは、うーん、すっきりしていますね。以前感じた半濁の強い味が影を潜めているような印象です。塩分濃度はしっかりあるので麺や野菜類をグイグイ食べさせるあの感覚は健在。

 デフォでオーダーした麺は、ソフト気味ではありますが許容範囲。たっぷりのもやしとネギは相変わらず。においのある薄くパサパサしたチャーシューは、このラーメンに無くてはならないもの。

 もやしやチャーシューや麺を同時にもりもり食べる「この食べ物」は、ラーメンとして語るのが面倒臭くなります。
 定例あすなろチェックです。今日は早い時間に珍しく先客。何があったのでしょうか(笑)オーダーはいつもの味玉ラーメンで。

 スープは今日も大変好みです。塩分濃度がやや強めですが出汁の濃度も良く、最後の一滴まで飲み干したくなります。

 麺はややソフト気味ですが許容範囲。スープに良く馴染む麺です。硬め半透明の味玉は絶品。チャーシューも時々気になる臭みは強くありませんでした。

 たまに感じる「感動」は無かったので程度でしょうか。でも満足です。
 本日はにんにくラードの黒味噌麺です。先日一口味見させていただいた時に、ニンニクがパワーアップしている印象でした。真面目に再食してみます。

 確かにニンニクの風味は強くなっています。その効果は強く、ラーメン自体の印象がガラっと変わるほどです。ビター度もやや増している印象。油層の厚さを感じさせないすっきりした味噌味です。

 麺はバッチリ。レベルの高さを感じさせます。チャーシューは大きく、薄めにスライスされていますが美味しいものです。その他の具材も変化はありません。

 美味しく頂けました。ニンニクは強いのですが嫌味な感じはありません。メニューは色々ありますが、何となく今後もこれを食べたくなりそうです。
 オープン1周年だそうです。この日は魚介醤油がなんと半額。特製も半額とのことで、欲張ってみました。(掲載した価格は通常価格のものです)

 スープは以前より節粉が減っていますが、魚介の強さは相変わらず。旨みの強さが印象的。無化調でこのスープは素晴らしいの一言です。

 麺はややソフトなもの。以前より加水率が高くなったような印象を受けました。スープとの相性は良いですし、実際美味しく頂いていますが、もっと食感の強い麺でこのスープを味わってみたいなぁ、と時々思います。

 具材はどれも素晴らしいもの。炙って脂が程よく溶けたチャーシュー。美味しい岩海苔、味玉。

 ラーメンが安かったのでチャーシュー丼を。特製+チャーシュー丼だとちょっと多かったですね。食べきれないかと思いました。でも美味しい。


 前回感動した麺を再確認してきました(マジ)。目に留まったのは「白ねぎとんこつ」。そういえば食べていなかったなぁと思い、食べてみました。

 ノーマル豚骨に大量の白ネギが乗っています。他の部分には変化が無いと思われます。ネギのシャキシャキした食感はなかなか楽しいもの。ネギには軽く味が付いているようです。

 麺はバッチリでしたよ。前回たまたま良かったというわけではないようで安心しました。良く食べられている方の感想をお聞きしてみたい気がします。

 ネギですが、やはり「100円アップの価値」が頭を過ぎります。
 二度目の訪店です。本日は焼き醤油ラーメンを注文しました。

 前回の味噌と同じく鉄鍋で出されました。鍋を焼いた鉄の匂いは前回より気にならず、その代わりに煮干の良い香りがします。スープは薄めの動物系出汁に煮干が主張。醤油の香り立ちは想像よりも軽いものでした。ネギとゴマが重要な要素と思われます。

 麺は味噌と異なる中細麺。比較しましたが、こちらは食感がしっかりしたものでした。具材は薄いチャーシューとメンマと味玉。この価格で味玉も付くなんて!そして、器の底から煮干が丸ごと。

 予想よりもかなりあっさりしていました。鉄鍋で食すという面白さを高く評価したいと思います。ただ、好みは味噌ですね。
 様々な限定メニューを繰り出すというこの店。二回目の訪店の本日は、あぶらめんを頂くことになりました。駐車スペースは満杯。店内ももちろん混雑しています。

 まず見た目の衝撃が凄いのですが、実際に食べると更にビックリ。極太で物凄く力強い麺。麺が自力でアーチを描く画なんて初めて見ました。口の中での反発も凄いです。これに刻まれた大量の背脂やニンニクなどを絡めて頂きます。麺はかなり濃い味の醤油ダレに浸っていますが、卵黄で中和しながら食べることにより丁度良い塩梅。もやし、キクラゲ、キャベツなどの野菜と、角切りのチャーシューも美味しい。

 とにかく圧倒。麺については好みが分かれると思いますので、それなりの覚悟を。
 かれこれ今年17回目の訪店。あと何回食べるでしょうか。自宅から近いこと、そして何よりも美味しいことがお気に入りの理由です。本日は久々の基本メニュー「豚骨拉麺」を。

 スープは相変わらずの出汁濃度。以前の味見の時に気になっていた「油分過多による重さ」も、本日は軽めに感じます。

 一番良かったのが麺です。いつも通り「かため」でオーダーしましたが、素晴らしい食感!!噛み締めると、硬い麺がプツプツプツプツと口の中で切れて踊ります。以前の麺は粉っぽさが感じられ、硬さもやや不足感がありました。しかし、今回はしっかりとグルテンが形成されているような印象。麺の改良が行われたのだと思います。具材のチャーシューは硬めですが、このラーメンにはこれでしょう、っていう相性。

 隙無しです。本日は絶品。完成度の高さに途中の辛子高菜投入を躊躇してしまった程。入れましたが。
 本日は昼11:00のオープンと同時に訪れました。その後は見る見るうちに行列が。完全に認知されましたね。さて、本日は「醤油ラーメン」。未食の一品です。

 こってり醤油ラーメンから背脂を減らしたルックス。チャーシューは「こってり」と異なり、肩ロースですね。スープは「こってり」のようにニンニクが効いていません。ダシ濃度はやや薄め。素材の突出は感じられません。クセの無い味です。

 麺は中細の縮れ麺。ややソフトな口当たり。具材は文句なしに美味しいです。

 これといったインパクトはありませんが、脱個性なラーメンは時々食べたくなります。そんな時に嬉しいですね。あと、味見させてもらった「にんにくラードの黒味噌麺」、私が食べた時よりニンニクがガツンと効いていました。そうこなくっちゃ!!
 邦心。数年前には散々耳にしていたこの店にやっと行くことができました。なかなかの混雑。今でも人気は健在なのでしょうか。

 背脂が浮いていますが、スープはあっさり。豚の香りがしますが単純なスープではない印象。ダシ濃度はやや薄めなのですが、これで良いと思います。

 一番気に入ったのは麺ですね。太めの麺はプリっと楽しい食感で、麺自体の味も良いです。チャーシューは箸でつまむとホロホロ崩れる柔らかさ。良い味です。味玉も好印象でした。

 麺の美味しさは特筆もの。次回は味噌を試してみたいと思います。基本の「ラーメン」がメニューに見つかりませんでした。他の方から聞いた情報では分かりにくく書かれているらしいです。ズルい。
 じゃんごの至近、まとやへ。お昼時、徐々に混み始めます。本日は「とんこつ醤油」を試します。

 背脂によって見た目はこってりしていますが、それほど重さは感じません。ベースのスープもライトな白濁タイプ。豚骨のほかに魚介も使われているようですが、具体的に認識できません。適度な旨み、やや強めの甘み。印象は良いです。

 麺はやや太めの平麺。ソフトな口当たりですが、なかなか好み。チャーシューは程よい硬さ。そして、メンマの食感が印象的でした。

 メニューにはあっさりしたタイプもあります。次回はこちらを試してみます。
 今度こそラーメンを食べるぞ!と心に決めて二度目の訪店。お勧めは「塩」とのこと。いただきます。

 鶏白湯。鶏自体の香りは控えめに感じます。しかし、良く出てるな、という印象です。旨み成分は充分。塩分濃度はやや控えめ。野菜の甘みがまず感じられ、その後ろに魚介。そして鶏が全体を支えているようです。優しく柔らかな雰囲気ですが、最後まで飽きないスープ。

 細麺。密度感があり、食べ応えがあるタイプ。スープが良く絡む相性の良さが気に入りました。肩ロースのチャーシューは形が残っているものの柔らかく、味玉も文句なし。小松菜の食感も良しです。

 完成度の高いラーメンという印象でした。美味しいです。味見した「醤油」はタレを強く効かせており、塩とは異なる尖りを感じる組み立て方。こちらも美味しいです。
 味噌系を食べていなかったので試してみました。一番人気と書かれていた「濃厚みそらーめん」をオーダーです。

 酒粕が決め手という味噌スープの旨みはなかなか。醤油ラーメンの時と同じくダシは軽めな印象なのですが、いい味です。濃厚というほど濃厚ではありません。甘みと辛味のバランスが絶妙で、完成度は高いです。そして、最後までアツアツなのは嬉しいですね。酒粕っぽさは感じられませんでした。

 やや太めの麺は適度な硬さ。ツルツルしていますがスープの乗りは悪くありません。チャーシューは柔らかいのですが、あまり存在感が無いかも。

 美味しくいただけました。でも、ちょっと高い印象。。。

 マヨ恐怖症ですが、豚マヨ丼を食べてみました。(ラーメンを注文すると+150円でセット) 極めて小さな器にご飯が山盛り。その上には甘辛い豚肉。そして、マヨネーズがたっぷり。食べにくいです。でも美味しい。
 以前は百老亭だったこの店。色々あってこの店になったと記憶しています。なかなか足が向かなかったのですが、百老亭時代以来の訪店となりました。お昼時、なかなか混んでいます。本日はセットメニュー。ラーメンはあっさりとこってりを選びます。こってりの場合は豚骨醤油。サラダと半炒飯がつきます。

 濁ったスープに背脂が浮いています。こってり感は比較的薄いもの。出汁も軽めでしょうか。豚臭は殆どありません。豚骨以外の素材で乳化させているような印象。ただ、後を引く何かはあります。醤油が強めに立っています。

 麺は中太で、プリっとした食感。硬さは適度です。写真では良く見えませんが、チャーシューとメンマと海苔が具です。それぞれ及第点と言ったところ。

 あっさりタイプも試してみたいと思いました。

 半炒飯。非常にオイリーですが、味はグッドです。
 凌駕と熾烈な争いを繰り広げている(?)この店に行ってきました。今日こそ辛いものを!と思っていたのですが、ヘタレです。味噌つけ麺にしました。

 ベースのスープはやはり軽いのですが、味噌の旨みで上手にカバーしています。とてもシンプル。つけ汁に浮いている細切りのチャーシューはややハムのような雰囲気か。

 麺はツルツル。今日はそれほど柔らかくは感じず、印象は良いです。

 塩分濃度は高く、味噌の味もしっかりします。飽きずにペロっと食べきることが出来ました。
 ラーメン屋でラーメンを食べませんでした。ということで、初のご飯モノレポート。ネギチャ丼は大と小があります。本日の「大」は、食事として満足できる量。スープも付いてきます。

 チャーシューはいつものバラロールが3枚。冷えたままなので脂身は硬め。しかし、ご飯で温まることによってだんだん柔らかくなってきます。この店のチャーシューは元々美味しいですよね。タレは甘めのサッパリタイプ。ご飯との相性はとても良いと感じます。そして、チャーシューの下にはそのタレで和えられた白髪ネギがタップリ。イヤな辛味が無く、量が多くても苦になりません。胡麻や海苔もいいアクセントです。

 スープはラーメンと同じもの。これ、感動しました。素晴らしく濃厚。麺と一緒の時より美味しく感じるのはなぜでしょう(笑)ネギとキクラゲがたっぷり入っています。

 ラーメン店でラーメン以外のものだけ食べても記録することにしました。(今までは”こっそり”食べてました(笑))。よろしくお願いします。
 何年ぶり?10年位食べていない気がします。最近はあまり話題になりませんが、以前は松本の人気店として外せない存在でした。(でも、私は今日で二回目。) 本日頂くのは基本の「ラーメン」。この店では青鬼や赤鬼などの辛いメニューが人気です。

 スープはあっさり醤油タイプ。何かが突出しているわけではなく、鶏を始め多くの素材が使われているような印象です。昆布は目立っているかもしれません。旨みが強く、なかなか後を引きます。

 中細丸断面のやや縮れ麺です。食感が適度で、やや多め麺量を一気に食べてしまいました。醤油の味が効いた濃い目の味付けチャーシュー。食感のしっかりした大量のメンマ、これまた大量のキクラゲ。

 これといった個性はありませんが、ジャンクな後味が心地よいスープでした。メニューが豊富なので末永く楽しめそうな予感。チャーハンが美味しいとの話も聞いています。
 注:写真のつけ麺は1玉です(通常は1.5玉)

 信州ラーメン博の夜はこの店でお酒を頂きながら。シックで雰囲気が良く、時が経つのを忘れてゆっくりさせていただきました。

 初訪の本日、ラーメンを食そうと思ってはいたのですが、体が欲していたのはつけ麺。本日は食べすぎた一日ですので、1玉にしていただきました。さて、如何でしょうか。

 まず、麺がとても良いです。透明感のある平太麺は口当たりが滑らか。充分なコシが感じられますし、何と言っても味が良いです。麺だけでグイグイ行けそう。

 つけ汁は刺激が突出しているような印象。まず生姜、あと山椒のような香りがあるので七味でしょうか(記憶怪しい)。そして、魚介の香りがしっかりと。中には美味しいチャーシュー。麺の上には味玉、小松菜、海苔。スープ割りを頂くと、更に魚介が強く立って来ました。

 ライム(80円)。相性は良さそうです。決してエスニックに倒れず、元々の雰囲気に清涼感を加えるような印象でした。

 麺が特に好みでした。全体的には野暮ったさが感じられず、品のよさ、丁寧さが伝わって来ます。次回はラーメン系のメニューを試してみたいですね。
 信州ラーメン博を堪能した後、総勢7名でこのお店に向かうことに。満腹を押して、皆様見事なフットワークです。実に雰囲気の良い食堂。ずっと気になっていたこのお店のラーメン、如何なものでしょうか。オーダーは「中華そば」。

 強い煮干の味が素晴らしいインパクトです。魚介系スープを味わっているとだんだんその味に慣れてしまうということが多いのですが、この店は口に運ぶたびにその味が強くなるような印象。煮干濃度が高いのにイヤなエグミが感じられず、丁寧に抽出されたことが分かります。旨みの強さも印象的。動物系もしっかりしており、スープの完成度はかなり高いものと認識できます。

 麺は表面がツルっとしたタイプ。丸断面。食感は適度です。スープの強さでグイグイ食べてしまいます。。。後の具材は。。。記憶飛んでます。申し訳なし。

 すんません、ヨッパでした。間違いなく再食しますので、お楽しみに(爆)。とにかく、スープが印象的。大変気に入りました。