FC2ブログ
 賛否渦巻くこの店に初めて行ってきました。鶏白湯&黒小麦麺。ちょっと楽しみです。オーダーは味玉麺を。

 まず、スープ。鶏の香りは感じられますが、臭みが抑えられており上品。とろみのある濃厚な口当たり。鰹と思われる節系の風味が効いています。分かりやすい味という印象があるものの、旨みの強さがお見事。完成度の高いスープ。

 そして、麺。噂どおりのざらついた食感。スープの乗りが良く、高い一体感は好印象。縮れ具合も良いです。安い蕎麦を食べているような印象が付き纏いますが、それなりのコシがある分、食べられます。味玉はゼリー状のハイレベルな一品。味付けはシンプルでした。

 こんな店があってもいいと思います。スープの出来が良いので、麺がチョイスできると個人的には嬉しいかも。
スポンサーサイト



 本日はなんと満席。常連さんが多いようですね。今日は味噌を狙って参りました。

 スープは濃い目で、まったりとしたトロミが感じられるのが意外でした。軽く酒粕のような風味があります。甘みは適度、ダシ濃度も充分。なかなか良くできたスープです。

 麺は透明感があり、やや太め。丁度良い硬さ。醤油や塩と異なる麺が用意されていると思っていなかったので嬉しいです。今日のチャーシューはなんだか面白い味付けでした。いつもの隠し味的な存在が前面に出ているというか。

 美味しい味噌ラーメンでした。オーソドックスにも感じますが、味噌ダレ自体はかなり工夫されている印象。
 新メニュー「中華そば」を試しました。正式には「きまはち中華そば屋台味」。この店のラーメンは中華そばという言葉と全くリンクしません。ニューキーワードに期待が高まります。

 あっさりタイプを期待していたのですが、そうでもないようです。半濁のスープにフワフワの背脂がたっぷり浮かんでおり、こってり。スープには透明度があり、通常の豚骨と全く別物ですが、豚骨を煮出したものであることが香りからわかります。いつもの豚骨と同じタレを使っているような雰囲気があり、化調強めで味わいとしてはシンプル。ネギの効果が絶大に感じます。

 中細麺はこのラーメン専用。加水低めの感じが面白いです。バラ肉のチャーシューは半巻き。これも専用ですね。やるなぁ。。メンマは豚骨醤油と同じく食感が強いもので嬉しい。デフォで味玉1/2。

 今までのメニューと比較すると、魅力に欠けるかもしれません。でも、進化が期待できるのもこの店の嬉しいところ。
 nelさんオフでお邪魔したばかりのこのお店、また来てしまいました。先日ハマった腸詰などをつまみつつ、最後のシメにこの麺を頂きました。手延べパフォーマンスは相変わらず見ごたえがあります。

 スープは八角の香りが効いた中華風。辛味があり、甘みも感じられます。ダシはやや軽め。何が使われているか全然わかりません。

 麺は太さ色々。細い部分はフワフワ、太い部分はしっかりとした食感。麺がこのラーメンの魅力なのだと思っています。具材の牛肉はやや硬めで食べ応えバッチリ。やはり八角の香りがします。フクロタケも楽しい。

 またご飯ものと悩んでしまいましたが、今回は麺をチョイス。何を食べても美味しい店って困りますよね。
 二ヶ月半ぶり。夕食時間帯、客の入りはボチボチですね。本日は白、麺は硬め、スープはふつうでお願いしました。

 スープは見事な濃度。やはり、焦げたような香ばしいフレーバーがありますね。「ふつう」でオーダーしましたが、油の量は「こってり」とあまり変わりがないようです。この油から醸し出される風味もこのラーメンを特徴付けるものと認識できそうです。

 盛り付けにかなりの時間を要していたのですが、麺に問題はありませんでした。柔らかいチャーシューは味付けが独特で好みが分かれるかもしれません。あとネギは実に効果的な存在です。

 味は安定しています。一時期食べすぎだったので遠慮していた店ですが、また頻度は上がりそう。
 鯵が目的の訪店です。19:00、先客数名。至高のチャーシューがこれでもかと味わえる「鯵チャーシュー」を背脂ありをオーダーしました。

 背脂ありということもあり鯵の風味はややマイルドか。バランス的には動物系が強めに感じられます。以前はフワフワしていた背脂ですが、今回は固形の脂が混ざるようになりました。塩分濃度はやや強めで、メリハリのある印象を受けました。そして、スープが熱くて嬉しい!!

 チャーシュー!!!柔らかいのにパサつかない。脂のバランスも適度でバッチリ。相変わらずの逸品です。周囲に焦げがあります。鯵チャーシューだとさすがにチャーシューの量は多いものの、もちろん飽きずに完食。

 正直シビれました。あの味が帰ってきましたよ!!
 とんかつが人気のこの店。若い頃は給料日にロースカツ定食の大盛り(カツ2枚)を食べるのを楽しみにしていたものです。今回目に留まったメニューは「かつラーメン」。冬に向けてエネルギーを蓄積しなくちゃね(爆)

 大部分がスープに浸っているのでサクサク感はありませんが、なかなかしっかりしたカツです。カツは濃い味のソースで食べることが多いと思いますが、あっさり味で頂くのも悪くありませんね。

 スープは前回の印象と異なり甘みが控えめです。やや節系の和風に倒れた組み立て。ただ、カツの油によってこってりした印象となります。

 麺は適度な食感。メンマは風味が強いタイプ。ネギは効果的な存在です。

 さすがにお腹一杯。ラーメン自体のクオリティも良好に感じました。次回はカツ丼(意味不明)。
 豊科駅前、いつでも食べられる店。そう思うと実際なかなか足が向かないのですが、久々に食べてみることにしました。本日は未食のこのメニュー。

 スープは鶏が香る。。。と、いつも思うのですが豚骨だそうで。適度なダシ濃度、甘み、キレ。バランスが良いスープは後を引く完成度です。

 ワンタンは皮に食感を残した茹で加減。てろてろのワンタンも好きですが、このようにしっかり食べさせるタイプは存在感がバッチリ。麺は口当たりは優しいものの、茹で過ぎ感はありません。チャーシューは相変わらず秀逸なもの。濃い目の味付けがあっさりした構成の中で程よいアクセントとなっています。

 これだけ具材が乗ると食べ応えがありますね。大満足の一杯でした。
 祝・開店! ということで、ひとつやの次はこのお店に皆でお伺いすることに。ビールとチャーシューでホッとしつつ、オーダーしたのはコクとり塩です。以前のメニューは「とり塩」。そう、「コク」がプラスされています。味はどうでしょうか。

 以前のように炙った鶏皮を使っていないため、雰囲気が違います。しかし、シンプルな鶏本来の香りが強い強い。一言で表現すると臭みなのですが、あえて香味野菜等でその主張を消しておかないところがこの店らしい。鶏らしさを醸し出す鶏油が層になっている上、半濁しているベースのスープも濃度が高く、コラーゲンを感じさせるほど。

 麺はやや若く感じる適度な食感の中細麺。ホロホロ崩れるチャーシューの素晴らしさは相変わらず。次回はチャーシューを目一杯堪能したいところです。炙ってあるそうですが、このときは特に気が付かず。

 以前はとり塩よりも鯵のほうが圧倒的に好みだったのですが、間違いなく選択肢となり得る逸品です。

 キャパシティアップした店内はシンプルで綺麗。自分の平日の行動半径から外れてしまったことはとても寂しいのですが、時々楽しみたいと思います。
 nelさんオフはこの店から正式スタート。総勢11名で思い思いにオーダーします。何種類かあったこの日の限定メニューの中から「つけ麺」をチョイス。麺は少なめでお願いしました。

 あぶらめんで使われているものと同じ極太麺です。ただ、前回食べたあぶらめんの時よりは若干細めで柔らかめ。それでも、もの凄い強さです。

 つけ汁は濃厚な動物系に強い味醂のような甘みと軽い酸味。うーん、濃いです。中には背脂や玉ねぎなども。味の根幹はあぶらめんと同じタレ、ですね。具材はキャベツ、キクラゲ、チャーシュー。シャキシャキしたキャベツの存在感が光ります。

 食べた印象はあぶらめんに近いものでした。旨いです。ただ、これだけ甘みの強いつけ汁は初めて。印象に残る一杯でした。


 nelさんオフに参加させていただいた日。この日は一日凄い量を飲み食いすることは間違いないため、まずは胃の調子を整えようと一杯引っ掛けることに。お店は赤兎。3度目の訪店です。

 オーダーは味噌らーめん。スープは甘みを強めにしたバランスです。辛味も感じられます。一口目は旨み不足に感じられたものの、徐々に厚みが増してくる印象。ベースのスープの濃厚具合が口当たりから分かります。

 麺は中太の平麺。加水高めのプリプリ感が心地よく、適度なコシも満足。チャーシューはジューシーさに欠けますが、ホロホロと崩れる感覚と厚いカットが嬉しいです。野菜はキャベツなど。

 奇をてらわない美味しい味噌ラーメンといった印象。ちょっと価格設定は高めに感じました。
 何度も食べてますね(笑) でも、(・ε・)キニシナイ!!。今日はラーメンの並を「すっごく硬め」でオーダーしました。(「バリカタね。」と言われました)

 麺、普段は硬めでオーダーしてもかなり柔らかいのですが、おかげさまで非常に硬い麺を頂くことができました。硬すぎ(笑)。この店でも茹で時間の調整によって硬さの調整は可能であることがわかりましたね。必死に麺を噛み切りながらガツガツ食べます。

 スープの乗りは柔らかめのほうが良いですね。もう少し柔らかめにしてもらいたいのですが、なんと言ってオーダーすればよいのでしょうか(笑)
 テンホウのメニューの中ではリッチな部類に属する「肉揚げタンタンメン」を試しました。

 肉、フライヤーでしっかり揚げてますね。以前食べたときには厨房で電子レンジの音が鳴り響いていたのですが。う、嬉しい。

 ベースのスープは通常のラーメンと同じでしょうか。その上に浮いている、ゴマダレのような”何か”が重要な要素となっている模様。ピリ辛成分はひき肉に含まれています。スープはなかなか旨み成分を強調しているものですが、味のバランスは取れています。

 麺の茹で加減はやや硬め。そして、揚げたてのサクサク感があっという間に失われるものの、味は美味しい肉。しかし、ちょっとこってりしますね。お腹も膨れます。

 カロリー気にせずゴー。FC店ですが、普通に美味しく頂けます。
 今や(自分の中で)大ブームを巻き起こしているカレーラーメン。松本の名店「直」のソレを食してみました。開店10番乗り。

 見た目はシンプル。素ラーメンの上にカレーを掛け、その上にネギとメンマとコーン。カレーの量はそれほど多くなく、味の印象はすっきり目。黄色い油層は鶏油と思いますが、違和感の無いカレー色として認識できます(意味不明)。

 中細の麺はやや柔らかめ。コシは失われていません。肉はカレーの具としての肉、です。チャーシュー程の満足感は得られませんが、最後にコーンやたまねぎ(カレーの具)を「穴あきレンゲ」で掬う作業の際に結構サルベージできます。

 味はやはりカレーに支配されていますが、どことなく「直」らしさが感じられます。中信地区のカレーラーメン、三村家、豊玉、白雪、直、他にありましたっけ?
 さっそく二度目の訪店。あなぐまさんのレポートを見て気になった和風醤油麺が目的です。今日はトッピングのチャーシュー(200円)も試しました。

 魚介強めですが、油が多いためにこってり感が強いスープとなっています。深みのある醤油の味。甘みが強めです。大量の節粉がインパクトを演出していますが、重厚な動物系のベースが負けておらず、上手に纏められています。

 麺は前回よりもソフトに感じました。弾力はしっかりしていますが、前回ほどの感動がないのは二回目だからでしょうか(--;) チャーシューは薄めにスライスしてあり、柔らかな食感です。美味しいチャーシュー!

 若干野暮ったさを感じるものの、個人的には好みのタイプ。県内屈指。
 この店に注目しているのは私だけでしょうか。課題のカレーラーメンに挑戦です。

 全然おいしそうに見えないルックス(失礼)ですが、アリです。ラーメンにカレーが掛かっているだけだと思うのですが、ベースのスープがしっかりしているせいか充実した旨みが楽しめます。味自体はカレーが支配しています。

 麺が面白いです。細めの麺ですが、適度な食感な上、最後までへたりません。具材は見た通りのもの他に、カレーに含まれる肉や野菜類が若干入ります。チャーシューは柔らかくてよい出来。前回変に感じたメンマも、発酵臭を強く残したタイプで食感も強め。美味しいです。

 ラーメンとカレー両方がメニューに存在する各食堂のご主人には、カレーラーメンをメニューに加えることを検討いただきたいと思います。かけるだけでいいです(笑)
 かかしで原点回帰してきました。しょうゆです。

 一口目はかなり薄く感じますが、徐々に旨みを強く感じるようになります。そして、ラストは旨みの洪水状態。体の化調が洗われたような印象でした(笑)。最初に感じるのは節系、その後煮干を強く感じるようになります。

 麺はソフトですね。チャーシューは柔らかな肩肉、濃い目の味が付けられています。

 食べる度に印象が違いますが、今日は和める良い出来でした。決してブレではなく調整でしょう。次は久々に塩ですね。