FC2ブログ
 肉だらけでなんだかよく分からない写真になってしまいましたが、コクとりチャーシューを食べてきました。

 スープの濃厚さに磨きがかかった印象。見事な出汁濃度に、ワイルド目に感じる鶏の風味。感じるトロミはコラーゲンというより油、、、な雰囲気があります。

 昔の話ですが、この店の麺はどちらかというと好みのタイプではありませんでした。今食べられる麺はそんな印象は全く無く、弱点でもなんでもありません。縮れに乗ってくる濃厚なスープとの一体感が抜群です。チャーシューは相変わらず文句の付け所が無いもの。

 強いインパクトを感じました。私の中の「鯵vsコクとり」はコクとりに倒れそうな予感も。
スポンサーサイト



 久々のトリデン。今回も夜の訪店となりました。雪の中、結構な混雑にビックリ。オーダーは、チャーシューメン、硬め、ややこて、です。

 スープは昔の透明度が復活しています。味も改良されており、以前の夜のスープに感じられていた雑味が無くすっきりしています。若干あっさりな感もありますが、絶好調の時のスープに近い印象でした。デフォで強めの塩分濃度も心地よいです。採りたて感のあるスープを提供するために、かなり改良に苦労したとのお話しを聞きました。GJです、ご主人。

 麺は硬めで丁度良い食感。チャーシューはスープの下にも大量。ワイルドな風味が若干感じられる、相変わらず満足度が高い逸品です。

 いやー、美味しかったです。訪店頻度がきっと上がるでしょう。
 味噌の特製は「バター特製」になります。そのバターはキャベツの上に。タイミングを図ってスープに溶かして頂きましょう。

 味噌っぽさは強くありませんが、ベースの旨みと融合する充実したスープ。以前感じた甘みは強くありません。(最近、甘みに耐性が付いてきたのかもしれません。。) バターを溶かすことにより、バターの強さがスープを劇的に変化させます。部分的に調整しながら、というのが良いかもしれません。

 具材はさすがに色々乗っていますね。麺を食べ終わっても具材と格闘、そんな印象を受けました。この店のチャーシュー、面白いですね。どことなくハムのような。印象的だったのは味玉のゼリー具合。絶品です。

 千円の価値があるかというと、それなりにあるような気がします。食後の満足感はかなり強いです。
 まる吉の新メニュー、「梅塩らーめん」を試してきました。

 スープは塩と同じだと思いますが、背脂がない分、こってり感と豚臭が控えめ。その代わりに昆布が強く感じられます。高い塩分濃度によるキレは相変わらず。

 麺はストレートの細麺。いつもより太く感じましたが、実際はどうなんでしょう。梅は紀州産「南高梅」の梅漬け。甘みが強く、優しい酸味です。箸でほぐれるほど柔らかくはありませんが、齧りながらスープを飲むと、心地よいさっぱり感。梅の下の大葉も効果的です。その下にはバラロールのチャーシュー。メンマも良い味です。

 価格が高めなのが気になりますが、予想通りの味で安心して頂ける一品です。
 先日行ったばかりのこの店にまた来てしまいました。お目当ては冬季限定のにらラーメン。台湾ラーメン風と書かれていますが、食べたことがありません。確か名古屋名物ですよね?

 にらとひき肉だけのシンプルな見た目。スープは大変深い旨みに満ちており、単純には表現できません。テンメンジャンなどの中華系調味料が使われているような雰囲気。辛味は適度にピリリと来るレベルで、後を引きます。

 中細の麺は、この店で普段使われているもの。適度な硬さです。にらの量はなかなか多く、食感も良し。

 ベースのスープの素晴らしさが生きています。この店のラーメンのバリエーションは今後も目を離せないようです。
 めんや食堂豊玉が店名を変えて「らーめん大波」として生まれ変わりました。魚介を効かせたラーメンとのこと。さて、どんなもんでしょうか。

 スープはそれなりに乳化していますが半濁状態です。、ライトな動物系に、香りを極力押さえた魚介の旨み。昆布と香味野菜の風味が強く、醤油ダレからは家系のような香りが若干。

 麺はモチモチ感が心地よい中太のやや平麺。適度な硬さで、かなり美味しい麺。気に入りました。チャーシュは柔らかく美味しい。味玉は濃い目かな。

 旨み不足のスープが何とも残念ですが、改良の具合では化ける可能性もありますね。今後が楽しみです。
 塩らぁめん。実はこれだけ通っておきながら初めて頂くメニューなんですよね。他のメニューに魅了され続けていましたので、後回しになってしまいました。

 うーん、驚きのスープ。強い動物系に、強い魚介系。旨み成分もやや過剰と思えるほどの強さ。塩ラーメンでこれだけ厚みが感じられるスープは、この界隈でなかなかありません。

 麺、バッチリ。今回は以前あまり感じられなかった弾力を感じることができました。極端な表現ですが、噛むとポロポロッと崩れるような感触が皆無で、プリっと踊る楽しい麺。具材の秀逸具合は相変わらずです。

 この店のメニューは全部気に入りました。外せないお店です。
 2度目のこの店。前回は塩を食べましたが、今回は醤油ラーメンをオーダー。

 スープはあっさりダシ。味の底辺に感じる節と煮干しが上品にバランス良く存在しています。揚げネギフレーバーも一つの特徴でしょう。そして、前回醤油を味見したときに強く感じた甘みがそれほど強くは感じられませんでした。

 麺は細く、優しい食感。後半のヘタリが微妙に思えますが、このスープならこの麺でも良いかな。。。といった印象。チャーシューやメンマなどから丁寧な仕事が感じられます。辛いネギも印象的。

 こちらは、「ラー丼(350円)」。実はこれがお目当てだった可能性も(^-^) 見た目は単なるチャーシュー丼ですが、ご飯の間に大量のラードと甘めの醤油ダレが隠されているので、かき混ぜて頂きます。ご飯ギトギト状態なのですが、味の良さからついつい口に運んでしまいます。辛い刻みネギがアクセント。


 油家の冬の定番はこれ。陶器の鍋が独特な煮込みラーメンです。

 熱いスープは鶏ベースに乾物が効いているあっさりタイプ。特に、具材のマイタケから強い味が出ているようです。写真では良く分かりませんが半濁の塩味です。

 麺は通常のラーメンと同じ中細麺。さすがに食感はソフト気味ですが、しみじみ味わえるスープと良く馴染んでいます。具材は蒸し鶏、一口大の青梗菜、マイタケです。鶏は多少鶏らしい臭いがありますが、気になるほどではありません。柔らかく美味しいです。

 頭を過ぎったのは、やはり鍋料理でした(笑) 今年の冬限定は「煮込みラーメン」の他に「ニララーメン(台湾ラーメン風)」と「ホイコーローチャーハン」です。こちらも美味しそうな予感。。。
 かなり前にご紹介いただいていたチャイナスパイスに行ってきました。深志高校の北側、薬膳がメインの中華料理屋です。本日はラーメンをオーダーしました。

 塩味のスープは乾物、特に椎茸の香りが強い、所謂中華スープ。「薬膳」とありますが、特にクセのある風味はありません。動物系は鶏が強め。旨みはかなり過剰で、油も多めに感じます。メリハリのある力強いスープといった印象です。

 麺は中細。食感は適度です。具材は細切りの肉と野菜を炒めたもの。肉の量に満足。味付けも程よく美味しいです。

 同時にオーダーしたチャーハンと水餃子も美味しかったです。アットホームでお店も良い感じでした。
 毎度毎度の三村家参り。今回はカレーラーメンを硬めオーダーです。

 スパイシーな香りは相変わらず良いものですが、今回感じたのは強い旨み。前回は旨みが掻き消されると書かせて頂きましたが、今回はバッチリ。醤油ダレを強めに合わせてあるのでは?という印象でした。

 ドキドキした麺は硬めオーダーでOK。具も変わりました。今日はキャベツ。カイワレ→水菜→キャベツと食べるたびに変化しています。キャベツは存在感があり、水菜と比べると相性は良いかもしれません。

 この店に通うペースは更に上がりそう。美味しかったです。
 ABCラーメンで念願の味噌ラーメンを食べてきました。カレーもセットです。

 スープを一口飲むと、まずはシンプルで強い味噌の味。しばらく飲み進むと味噌の味が弱まり、その代わりにベースのスープの強い旨みが畳み掛けるように感じられてきます。

 中細の麺は若干ソフトですが、問題なし。具はコーンと海苔とチャーシュー。見た目は殺風景ですね。しかし、コーンの量が結構多く、意外に最後まで楽しめます。

 他のラーメン同様、旨みの強いスープが印象的。そして、何と言ってもこの安さ。気に入りました。

 カレーライス小(300円)をリベンジ。以前に微妙と書きましたが。。。。うまいです。カルダモンのような爽やかな香りが支配する、本格的なカレーでした。ラーメンの味噌の味が途中から弱まってきたのはカレーのせいかもしれません(笑)


 町田2軒目は、またまた家系のこちら。店内の混雑ぶりはこちらも凄い。基本のラーメンをデフォルトでオーダーしました。

 脂はやや少なめで、醤油がかなり強く立っています。ダシ濃度はやや薄めですが、見た感じでは湯切りの甘さによるところと思います。薄まらなければそれなりに良さそうな雰囲気もあります。

 町田家に続き、ロット最後の最後。一度に何玉茹でるんでしょうか。。。唇で噛み切れる程のフワフワ感は、評価不可能ってことで(T_T) 硬めのチャーシューには面白いフレーバーがあります。海苔は旨い!!

 あまり参考にならないレポート、ごめんなさい。もう一度トライですね。
 町田でラーメンを。新宿の町田家は何度か食べていますが、町田の町田家は初めて。オーダーはデフォ。

 鶏油はデフォでも多めに感じられます。角が取れた醤油の味が好印象。ダシは良く出ています。

 麺は。。。。ロット最後って厳しいですね。しかし、柔らかさの中に感じられる舌触りと食感に高いポテンシャルを感じました。次回は硬めオーダーで試してみましょう。チャーシューは柔らかく、脂身が感じられる部位で、なかなか面白いもの。

 店内はかなり賑わっていました。人気店ですね。
 本日は未食の味噌ラーメンを。過去に味見はさせて頂いています。

 スープは背脂たっぷり。しかし、味はシンプルですっきりしたタイプ。甘みが控えめで、さらっとしています。強いニンニクがなんとも印象的。ただ、舌に残る旨み成分が決定的に薄く、物足りなさも。

 麺はやや太めの平麺。こちらは相変わらず良い印象。チャーシューはバラロール。IDEAはどうでしたっけ?メンマはほんのりゴマ油風味。

 背脂やニンニクが凌駕テイストを演出しています。ただ、veinの他のメニューでも感じましたが、スープの厚みが不足しているように思われます。そろそろIDEAを再確認したいところ。