FC2ブログ
 「いけまつ」から地元でハシゴ。久々のつけ麺行って見ましょう!!

 麺が以前より黄色くなったかもしれません。味や食感については記憶と変わりなく、頑丈で美味しい麺をワシワシ頂きます。

 豚骨ベースのつけ汁はちょっと軽めな印象。酸味は相変わらず強く、辛味もあります。辛子高菜がトッピングから外れた代わりに味玉1/2が。高菜はテーブルの壷から入れ放題ですので、嬉しい変更です。トロチャは相変わらず素晴らしい逸品。濃い味が刺激の強いつけ汁に負けていません。

 好みは分かれそうですが、やはり外せないメニュー。店に着く前に食べるものを決めておかないと、本当に迷いますよ。
スポンサーサイト



 久しぶりの「いけまつ」です。昼時には行列も。店の前を通る度に人気の凄さが思い知らされます。本日は「ラーメン」。

 煮干が香りますが、過去の印象よりは柔らかい感じ。以前はもっとタレの濃度が強かった記憶があります。

 なんだか麺量が多い印象。加水率は高めです。やや柔らかく、見た目もフワフワしていますが、実際にはコシが残っており悪くありません。チャーシューはモモ肉。味がしっかり染みています。モモ肉らしい食感と風味は、なかなか。

 「辛みそラーメン」「やきそば」という新メニューがありました。この店では無縁な気がしていた新メニュー登場に驚き。
 本日は助屋へ。前回の確認の意味もあります。本日は久々の黒。

 若干香ばしさが感じられる香りはこの店の特徴です。旨み濃度は適度なものの、スープの重みがかなりあり、黒いマー油の影響もあって油が結構強い印象。

 「硬め」でお願いした麺はかなり良いです。毎度安心して食べられます。チャーシューは、スモーク?では無いような気がしますが、ハムをホロホロ崩したような食感と、どことなくサラミのような香りがする独特なもの。

 スープの重みについては前回と変わらず。いい加減松本以外の助屋を食べてみたくなりました。
 雪混じりの雨の夜にトリデンでチャーシューメン。混雑店ですが夜は狙い目です。

 半濁状態のスープに一瞬「おや?」と思いましたが、杞憂でした。見事な旨みと強めの塩分。そして、「こてこて」でオーダーした鶏油は旨み溢れる準主役的存在。やや雑多でありながらもバランスが良い味わい深いスープは健在でした。

 バリカタでオーダーした麺はやや硬めですが、ご主人と雑談しながら頂いていると丁度良い塩梅。チャーシューはとにかく柔らかく、灰汁の抜け切れていない風味がワイルドさを演出しています。枚数も多く、大満足です。

 もっと訪店ペースを上げないと損な気分。安曇野のオススメ店の一つです。
 またまた、あいぜん。春の限定メニューを試してきました。

 鯛でダシを採ったという噂を聞いています。すっきりキレのあるスープを思い描いていましたが、 意外にも半濁で油層のある力強いスープ。 鯛の味というものを直接認識できませんでしたが、昆布を初めとする和風素材がじわっと効いています。

 麺は通常のラーメンと同様の中細麺。そして、このラーメンには印象的な具材が幾つか存在しています。 一つ目は鯛の刺身。オリーブオイルでマリネされており、生臭さは皆無。意外性によるインパクト。ラーメンの具材としての相性云々を語るのは、まぁ置いといて。 二つ目は桜の塩漬け。一口飲んだときにショックを受けるほど、スープへの影響が非常に強いものです。最後の一滴まで桜味に染まります。 三つ目は揚げネギ。みじん切りではなく、細切りの揚げネギが大量に。桜と喧嘩しながら主張します。

 桜によって後味はさっぱり。材料ありきで纏め上げた一品と思いますが、最後まで楽しく頂けました。
 夜は駐車場が混んでいるんですよね。一度止められずにスルーしたことがありました。お店は空いていますが、隣の養老の滝と共用なので仕方が無いです。本日は「特製つけ麺」。

 今日は美味しいチャーシューをアップにしてみました。適度な噛み応え。パサパサしておらず、しっとり感がとても好印象です。

 麺も美味しい。それなりに強い食感。食券機には「硬め」という選択肢もありますが、ノーマルでも充分と思います。麺量も1.5玉程で、満足。味玉も味が良く染みていて黄身トロトロ。

 つけ汁は魚介が適度に効いています。辛味は七味、かな。醤油味の付いた背脂が大量に浮いています。割りスープは最初からセットです。

 ここのつけ麺はかなり気に入っています。ボリュームのある豚めし(小)(200円)と同時に食べると満足度がさらにアップ。
 家の近くにveinが出来てしまったので、この店も随分久しぶりになります。本日はIDEA専用メニューの「にごらせ和風麺」をチョイス。

 口の中にまったりと残るコラーゲンの雰囲気は健在。ただ、スープの濃度はあっさり目にシフトしているような印象です。魚の効きもライト。節粉のざらつき感はかなり減りました。

 麺には力強さがあります。麺自体の味も良いですね。お気に入りです。メンマは舌触りが滑らかなのに食感が残っているのが好印象。

 多少軽くなった印象もありますが、なかなか良いのではないでしょうか。veinで食べられないのが悔しいです(笑)
 最近の新メニュー「火の玉みそらぁめん」を試してきました。辛いものは時々食べたくなります。

 どっさり、白髪ネギ。その下には挽肉、もやし、キャベツ。見た目のインパクトはバッチリです。スープはほんのりゴマ風味の味噌味。コッテリしていないのですが、背脂が大量に。辛味はネギの上から掛かっているラー油だけでしょうか。でも、なかなか辛いです。

 麺はやや太めのもの。もやしやネギと一緒にワシワシ食べることになります。ネギと一緒の大葉がいい仕事。キャベツともやしはクタクタ気味です。

 今までのあいぜんのメニューとは毛色の違う面白いメニュー。目が離せませんね。
 久々に分厚いチャーシューが食べたくなり、お昼にこの店へ。カウンター以外は満席でした。人気があるようですね。

 スープは昆布が強く、その後から椎茸が来る印象。全体的に和風な纏め上げ方です。 上品ですっきりしています。

 中細の縮れ麺は、少し麺量が多め。食感は適度でした。そして、肝心のチャーシューは素晴らしいもの。しっとり柔らかい赤身と、脂身はトロっとしているのにしつこくありません。皮付きです。 作り方を教えてもらいたいほど気に入りました。他の店には無い魅力です。

 価格相応の価値を感じました。しばらくしたらまた食べたくなりそう。
 オープンから3ヶ月が経過しました。最近は話題に上ることも無く、少々気になっての訪店です。 未食の塩かつけ麺と思っていましたが、変化を期待して再度「大波らーめん」を試してみることに。

 家系ライクなフレーバーが強くなっている印象です。その分、昆布が控えめ。魚介の主張もあまりありません。 動物系に比重を置いたのでしょうか。ダシ濃度はやはり薄めですが、前回よりは若干良い印象。

 麺はツルツルしている中太の縮れ麺。この麺は最後まで飽きませんね。好きなタイプの麺です。温キャベツが独特です。

 次回こそ塩とつけ麺のどちらかを試してみます。麺が良い印象なので、つけ麺が魅力的かな。。。
 課題のつけ麺を試してきました。開店直後からあっという間に混雑していきます。蕎麦目当てのお客さんが多いみたいですね。

 つけ汁は、節系が効いた通常のラーメンスープに酸味を合わせたもの。つけ麺用にタレ濃度は高めですが、そのまま飲めそう(というか、飲んじゃう)。曇りの無い、すっきりとした纏め方。これは、大変高い次元の代物に思えます。つけ汁は濃厚じゃなきゃね、という固定観念があった自分。反省です。

 麺は中細の強く縮れたタイプ。あまり弾力が強くなくプッツリ切れる印象もありますが、シャープなつけ汁を適度に持ち上げます。つけ汁の中にはチャーシューやメンマなどの具材が隠れています。柔らかく、大きなチャーシューは満足できる逸品。

 安曇野のつけ麺、また一つ選択肢ができました。
 そういえばどこかで煽られた記憶がありましたので(笑)、掲載します。札幌のチャーシュー丼。

 チャーシュー片が混ぜ込んであり、しっとり甘めの優しい味です。甘さから酢飯が連想できました。(酸味はありません。)

 チャーシューの量は少ないのですが、メニューにライスが無いため、ごはん党には必須となります。
 縄手通りから移転しました。お昼時、結構な混雑。常連さんが多いようです。本日は味噌ラーメンを注文しました。

 あっさりした味噌。キレがあります。適度な旨みの濃度。素材感が弱く、インスタント的なチープさも感じますが、バランスはとても良く、完成度が高いものと感じられました。焦がしネギが直接スープへ影響しているわけではないのですが、口に入ると抜群の効果です。

 麺は適度な茹で加減。ところどころ団子状にくっついていますが、大目に見ましょう(笑) チャーシューはトロトロで濃い味。

 バランスの妙、でしょうか。結局完飲しました。嬉しい復活。次回は未食の塩を試してみたいです。
 久々の豚骨醤油を頂きに。昼時、お昼時は相変わらず賑わっていました。家族連れも多いようです。

 醤油の熟成臭のような香りは一体何なんだろうと、いつも気になります。このように香りの強い醤油があるのでしょうか。濃度感の高いスープに、独特で濃い醤油味が後を引きます。油層はありますが、こってり感はそれほど強くありません。

 中太の麺は、以前に比べ随分スープに馴染むようになりました。これにより全体的なまとまりは充分良いものと感じられます。メンマは当初の記憶より噛み応えが控えめ。チャーシューは脂身の少ない部位ですが、柔らかく仕上がっています。

 通常の豚骨ラーメンよりスープに深みがあり、常習性の高いメニュー。濃厚な香りにKOです。
 「コッテリ魚介醤油らぁめん」を食べた後、引き続き新メニューの「みそつけめん(辛口)」を試してきました。

 真っ赤。。。でも激辛というほど辛いわけではありません。赤い層の下にはあっさりした味噌スープが。ゴマの香りが食欲を刺激します。スープの中には挽肉と刻み玉ねぎ。金属製の穴あきレンゲで残さず頂くことができます。

 麺、いいですね。食感が強く、味の良い麺。具材も通常のつけ麺と同一です。やはりこちらも白髪ネギに仕込まれた大葉の一片が効果的です。

 この店らしからぬメニュー、といった印象。辛味以外はシンプルで、分かりやすく、ある意味期待通りの味とでも言いましょうか。界隈に少ない辛いつけ麺がこの店で食べられるのは嬉しいことです。
 本日は新メニューの「コッテリ魚介醤油らぁめん」を試してきました。

 油層が厚め。小さな背脂の欠片も見えます。油のせいか、スープには粘度を感じます。味の組み立ては魚介醤油とほぼ同じ。やや煮干に傾いたバランスです。

 麺は中太麺。つけ麺と同じものと思われます。ややソフトな茹で加減ですが、魚介醤油を太麺で頂けるという事実が嬉しい(笑)。チャーシューは脂身がかなり多い部位。通常のチャーシューと異なるユル巻きでしたので、このラーメン専用かもしれません。白髪ネギの中の大葉の一辺も効果的。

 既存メニューからの劇的な変化とは言えませんが、パワフルな逸品。好みで言うと、通常の魚介醤油よりもこちらに軍配。体調と気分によってチョイス、ですね。
 凄く赤いように見えますが、辛さは適度です。

 辛味と甘みが丁度良く、旨みの強さも適度な塩梅。香りは豆板醤ですが、そのものではなく、別の発酵系の風味があります。そして、このラーメンは小皿に二種類の味噌が添えられます。一つはかなり辛い味噌。もう一つが甘い味噌。両方とも熟成された香りがあり、甘いほうにはふわふわの粒々が含まれます。辛いほうはスープに影響しますが、甘いほうはそれほど効果的ではありません。(全部入れてしまうと変わるかもしれません)

 麺はいつもの麺。ちょっと太めで縮れが強く、食感強めの茹で加減。美味しいです。この店はチャーシューも素晴らしい逸品。パサつかず、見事にジューシーです。青い葉っぱはキャベツ。相性はちょっと疑問です。

 デフォルトでチャーシューの枚数が多いので、この値段なんでしょうね。