FC2ブログ
 肉肉肉!!未食のチャーシューを食べに行ってきました。ついつい角煮に目が行きがちなこの店ですが、チャーシューも美味しいとの噂。さて。

 おお!!大きく結構な枚数。かなり柔らかいのですが、肉の味がしっかりしていてワイルド。味はかなり濃い目で、肉の臭みはうまく打ち消されています。これは美味しい。

 スープは角が無いのに醤油の風味が豊か。ベースは動物に香りの飛んだ魚介を合わせた雰囲気。甘みは相変わらず強いのですが、旨みも適度で、以前より芯が太くなった印象です。麺は変わったかな。。エッジが立っていてプリっとしたパスタのような口当たり。面白いです。

 間違いなく角煮とチャーシューで迷いますね。良いです。
スポンサーサイト



 つけ麺の麺が変わったと聞き、試してきました。

 その麺、確かに太い。加水高めでやや透明度があります。かなりの硬さにより縮れと凹凸がゴツゴツした食感を生んでいて、ツルツルと素直に口の中には収まってくれません(笑)。噛み締めると麺の味がブワっと来ます。麺量も満足できます。

 つけ汁の器が熱く、触って思わず手を離した程。これなら冷めにくいですね。工夫されています。つけ汁は以前のバージョンの記憶があまり無いので何とも言えませんが、魚が効いていて、動物も感じられます。重厚さが増した気も。チャーシューは厚みがあるのが2枚。

 麺がかなり硬いので、つけ麺慣れしていない人の評価が気になります。受け入れられるのでしょうか。。。私は以前よりも好きですね。松本でこの麺、嬉しいかも。
 二代目けいすけの次はここを覗いてみました。ちょうど昼時なので混んでいるだろうなと予想していましたが、席が空いています。六坊と迷いましたが入ってみました。

 エグみが無いと聞いていたのに、一口目はしっかり魚がエグく渋い。しかし、その直後にじわっと旨みが出てくる面白さが気に入りました。ベースの濃度もかなりのものです。醤油がやや強めでしょうか。

 麺は存在感があり、食べ応えバッチリ。チャーシューは大きなバラ肉。そして名物の巨大なメンマはかなり甘みが強く、味自体も好みが分かれそう。自分はちょっと苦手。

 豚骨魚介が乱立している今でも、この店の味は個性として健在に思えます。
 俺の空の次に向かったのはこの店。奥行きのある細長い店内、一番入り口近くに陣取りました。

 変わった器。普通の丼だったらラーメンの印象が大きく変わりそうだな、という勢いで変です。スープは海老の渋みが強く効いていて独特。油が多く、あっさりしたスープを想像すると裏切られます。レンゲが巨大で、スープを飲むのも一苦労(笑)

 麺はやや平打ちの、モッチリ感を感じさせるもの。具材はツナのような食感が面白い鶏チャーシュー、海老ワンタンなどかなり盛りだくさん。

 なんだか楽しくて、じっくり味わっていないような気も。。。マグカップで食べるというつけ麺も試してみたいところ。
 汗だくになった蒙古タンメンの次はこの店。昨日のZEROに触発されて、初挑戦となりました。

 濃度は予想以上に高いもの。豚由来の香りと、鰹の香りがそれぞれ良く効いています。厚めの油層と強い粘度によって、こってりした印象が残りますね。魚自体も結構ダイレクトなインパクトを受けます。

 かなり細い麺。粉っぽさは無く弾力があります。シャープな印象。具材はチャーシューではなく、味が濃い目の柔らかい肉がタップリ。

 ZEROよりはメリハリが効いている印象です。美味しい。
 辛いラーメンは苦手な自分ですが、各方面から絶賛されているこの店(の新宿店)に行って来ました。今回は基本とも言える「蒙古タンメン」を。食べることができるのでしょうか。

 味噌ラーメンに麻婆豆腐が掛かった見た目。その真っ赤な麻婆豆腐が異様に辛いです。 麻婆豆腐の赤い部分を少しずつスープに溶いて辛さを調整しつつ、喉に直接接触すると確実にむせそうなので注意しながら、恐る恐る食べ進めます。 旨みがしっかりあって、とても美味しい味です。しかし、キツい(笑)

 麺は中太。伸びないうちに一気に食べよう、なんて考えは全く頭を過ぎりません。具は野菜や肉。具には間違いなく真っ赤な部分が掛かっているので、スープに泳がせながら食べるのが得策です。

 麺と具は何とか食べきりましたが、鼻と汗が大変なことに。更に辛い「北極」を平気で食べている人もいます。ううう。。。。
出張ついでにラーメンを食べてきました。
まずは、次の5軒。

本丸亭@川崎
あびすけ@日吉
らすた@日吉
麺処ZERO@立川
東京あってり麺@立川

後編に続く(笑)
 軽井沢のロコ3を食べたのは2年程前。味を忘れてしまいました(笑) その支店に相当するお店が立川のラーメンスクエアに9月までの限定で出店しています。

 スープは動物系の濃厚さは適度。一番強く主張するのは煮干ですね。節系のラーメンを食べる機会が多い中、煮干のホロ苦さは嬉しくなります。全体的には上品にまとまっている印象です。

 麺はやや細めでプリっとした食感。強さはありますが硬い感じではなく、違和感がありません。チャーシューは黒胡椒が掛かっています。

 まとまりの良さで食べさせますね。五反田にも出店しましたが、どうでしょうか。健闘を祈りたいと思います。
 久しぶりに立川でラーメン。今回はZEROに行ってきました。俺の空で修行したというこの店、どうでしょうか。

 スープは豚骨がベース。そこに魚介を効かせてあります。長野県内でも見かけるようになってきたタイプのスープですが、このように豚骨が豚骨らしく効いているのは無いかもしれませんね。良い味です。

 麺はかなり細く、弾力が強め。プツプツ弾ける食感が面白い。チャーシューは意外に硬く、肉の食感と肉の味がしっかり残っています。こういうチャーシューは嫌いではないです。

 俺の空は未食なので比較できませんが、美味しいです。この店、つけ麺の評判もいいんですよね。
 あびすけの次に向かったのは「らすた」。家系をベースにオリジナルの味を加えたという評判の店です。

 スープは紛れも無く家系。ただ、独自の風味というのは良くわかりませんでした。濃度はややあっさり目。すっきりした印象ではありますが、物足りなさも。

 麺箱から取り出したオレンジ色の麺にビックリ。食感は強く、食べ応えは申し分ありません。濃い色ですが、特別な味はなさそう。何か練りこんであるのでしょうか。。。

 家系ではありますが、決してクドくはなく、食べやすい方に分類されそうです。私の好みからはちょっと外れました。
 日吉の駅前すぐ、あびすけに行ってきました。「はっち」の支店です。

 麺はやや加水が高め。食感は異様に強く、表面は滑らかなものの、噛み締める際に歯にめり込みます。弾力はそれほど強くありません。

 つけ汁は濃厚な豚骨に咽るほどの魚粉。粘度が高く、麺によく絡みます。軽い甘みと軽い酸味がどちらも突出せず、豚骨のベースを十分に堪能できます。 チャーシューはとろけそうなバラ肉。味付けが濃い目ですが、脂身の旨さが格別。美味しいです。

 スープ割りをお願いして、飲み干してしまいました。一押し。
 出張の昼食、川崎駅ビルの「ラーメンシンフォニー」に出店した本丸亭の支店に行ってきました。本店は厚木の超有名店。楽しみです。

 す、凄い。一口目からとんでもない次元の旨み。それは明らかに過剰なのですが、嫌味が無いように風味が支えているというか。 慣れないと少々キツく感じる程。動物から和風素材までが一気に攻めてきます。

 麺は食感の強い平打ち縮れ麺。透明感が独特ですね。もし細麺だったらスープとの相性が厳しかったかもしれません。秀逸です。 春菊、バッチリです。春菊の渋みと味の濃さ、アクセントがお見事。チャーシューはやわらかく、厚みがあります。それが2枚も!!更にワンタンがひとつ隠れています。

 旨みの強さが中毒になりそう。ガツンと来ます。毎日食べていたら舌が変になるかも、なんて要らぬ心配をしてみたり。
 旬を逃した古いレポートになりますが、9/10までの期間限定で提供していた「黒坦々麺」を食べました。数量も限定だったので、一度売り切れで振られています。

 異様です。。。赤いラー油の周囲にある灰色部分が黒胡麻の効いたスープ。見たことが無い画ですね(笑)。旨みが強く、甘みもあります。たっぷりのラー油は辛いのだけれども、その量ほどは辛く感じません。うーん、これ、かなり良いです。黒胡麻の他にも黒胡椒、黒酢、黒糖を使っているそうですが、胡麻以外は良くわかりませんでした。

 麺は支那そばより太く、らあめんより細い専用のもの。弾力と反発がありますし、相性もなかなか良いです。 中央の挽肉はしっかり味が付いていて、これもまた美味しいです。 

 夏の間に色々な辛い系のラーメンを頂きましたが、個人的にはこれが一番のお気に入りでした。また食べたい!!!
 夏限定メニューです。(二週間ほど前に食べたので、もう無くなっている可能性があります。)

 スープはゴマが延ばしてあるアッサリタイプ。かなり冷えています。旨みは控えめですが、軽い酸味と辛味がミソ、ですね。

 麺は通常のラーメンと同じ中細縮れ麺です。キンと冷えていて、締まっているのが好印象。チャーシューは噛むとホロホロ崩れるタイプで、 過去の記憶とちょっと違います。ネギの上にはクコの実。甘みが結構際立ちます。

 この夏に食べた冷やしタンタン麺の中では一番あっさり、すっきりしていて、これぞ夏向けという一杯。
 熊人の次にこの店。4軒目なのでちょっと麺類に飽き気味。。。ということで念願のニンタレカツを食べてみることにしました。ご飯は炊いている最中というお話でしたので、ご飯抜きの単品でオーダーです。ラーメンのブログですが、本日はちょっと脱線。

 しっかりした肉感があるのにとても柔らかい!!こんなウマいカツを食べたのは久しぶりです。肉自体の風味もよく、ザックリとした衣の良い香りと一体化して実に印象的な逸品。

 ニンタレ。刻まれたニラがタップリ入ったニンニク風味の醤油ダレです。漬け込んであるそうで、ニラやニンニク独特の鼻を突く香りは控えめです。しかし、タレにはその旨みがタップリ。 塩分濃度はかなり高いので少しずつ掛けて頂きますが、これが実にさっぱりしていてカツの脂が全く気にならなくなります。なるほど~。

 食べ終わった後は口の中がしばらくニンタレ状態です。しかし、美味しい。
 桃太郎の次は熊人です。ここでは念願のつけ麺を太麺で頂くことに。かじさんと豚醤さんとシェアする形で3品オーダーしました。

 凄いですねこれ。。。ゴワゴワしていて啜り込むのも戦いです。あごが疲れるという話にも頷ける強敵具合。グルテンが尋常ではないほど形成されています。麺の味は流石と言ったところ。打ちたての良さが出ているのではないでしょうか。

 かじさんからは細麺のつけ2種盛、豚醤さんからは夢あさひ太麺のつけを頂きました。夢あさひは石臼挽きで灰分高め。黒っぽい蕎麦のような色が特徴です。通常のつけ麺より食感は優しめで食べやすい印象を受けました。

 つけ汁は鰹ガツン、です。一見ざるうどんやもりそば風ですが、一線を画するインパクトを感じます。柚子胡椒は使うタイミングが難しいですね。

 大変面白い一皿。一度は経験しておきたい食感です。
 中華軒に続いて熊人を狙うものの満席。そのため、先に桃太郎に行くことになりました。このあとのことを考えて、熊本ラーメンを半麺でオーダー。

 スープうま!!良く出ていますね。このスープは粘度がそれほど高くなくさらっとしているんですが、その分マー油の香りが充実感をカバーし、物足りなさを感じさせません。

 麺は中太のストレートで、食感はデフォでもなかなか強いです。今回初めて食べたチャーシューも柔らかく、グッド。

 その後の行程を無視して替え玉気分になりました。近々またフルスペックで食べたいですね。美味しいです。
 nelさん、にゃみさん、jimmyさん、かじさん、豚醤さんとご一緒させていただきました。食べ歩きの1軒目は中華軒。憧れの店に初訪です。

 麺、凄い。手打ちうどんのような乱れた手切りの麺です。暴れるかな?と思いきや、意外とスルスルと口の中に収まっていく、ふわりと優しい口当たり。こりゃウメー。

 スープは素材感があまり無く、なんとも表現しにくいのですが、麺とよく馴染んで一体化している印象。チャーシューは柔らかく良い味。脂身が多いものの、麺をズルズル食べながらかぶりつくと最高。

今回は麺もスープも良い出来とのこと。気に入りました。美味しいチャーシューを満喫するために次回はチャーシューメン!! 清潔感が無いという噂も余裕。今回は座敷でしたが、周囲からはカウンターを強く勧められています(ドキドキ)。間違いなく再訪。
 9/2(土)、松本某所で開催した自作オフに参加しました。

 「おいしかった!」のnelさんがコーディネート。自作界の重鎮「麺屋にゃみ」のにゃみさんを会津若松からお迎えしました。県内からは邪道さんも参戦です。
初の自作オフ。果たしておいしいラーメンは作れるのでしょうか。。。
 気がついたら10ヶ月ぶりです。行列と天秤に掛けるとちょっと微妙な位置付けのこの店。今回は夕方の営業開始時刻を狙いました。

 スープの甘みにちょっとビックリ。旨みも強い。醤油の角があまり無いため、飲みやすいスープです。 鶏油の黄色味は健在。たっぷりのスープの上で輝き、見た目美しく思います。

 一見ありがちな中細の麺ですが、食感が他の店に無い感じ。プリっとしていて噛み切る瞬間の食感が面白いです。 チャーシューは肉の香りを残した柔らかいタイプ。いわいに若干似た雰囲気もあり、やや好みから外れます。味玉は甘みが強め。

 これが食べたい!と思うようなタイプのラーメンではありませんが、食べるとやっぱり美味しいです。
 久々のサイドメニューシリーズ。「ぎょうざラーメン」というメニュー、小さい「と」が間に入っています。即ち、餃子とラーメンのセットメニューです。餃子単品で390円、ラーメンは500円なので、90円お得ですね。

 この店の餃子はなんとラム肉。独特な風味があります。ジンギスカン風と表現された方もいますが、確かにその通りでした(笑)。 感激したのがジューシーさです。ジュワっと肉汁が染み出す様は絶対中に何か仕込んでるぞと思ってしまう位。

 ラーメンももちろん美味しかったです。今回は動物系が結構強かった印象。味はバッチリ。 
 9/2 PM6:00 松本の「招福」にてオフ会を開催しました。「おいしかった!」と共催です。今回のメンバーはnelさん、にゃみさん、豚醤さん、コテさん、jimmyさん、SOJAさん、かじさん、まちゃさん、razzaの総勢9名。

 焼酎や沖縄料理を楽しみつつ、ラーメンや様々な話題で盛り上がります。ここには書けないようなディープなネタも次々と飛び出します。凄いなぁ。。。

 PM10:30頃からSOJAさんとコテさんを除く7名で締めのお店へ。定番の香根を狙うも満席で撃沈。中華気分が抜けない一行は駅前まで戻り、「美味城」で思い思いのメニューをオーダーしました。個人的には久々に食べた「セキチャーハン」がヒット。

 東信からいらっしゃった方々はかなり帰宅が遅くなったようです。皆様、どうもありがとうございました。

 ちなみに、このオフ会の前には別のイベントがありました。そちらの模様も別途ご紹介させていただきます。
このサイトも開設から1年半。ついにオフ会開催の運びとなりました。
nelさんのサイト「おいしかった!」と共催です。