FC2ブログ


 駅前から自転車でこちらへ。時々食べたくなる魅力があります。本日はみそラーメンに煮玉子(100円)をトッピングしてみました。トッピングは他にも「のり」「明太子」があります。「ぜんぶ」でオーダーすると、50円お得。



 スープはさっぱりとしていますが、ダシはよく出ている印象です。そこに肉味噌が影響を与えますので、旨みとしては濃厚。充実しています。その肉味噌は海老のような香りがあり、少々辛味があります。



 麺は細め。長浜のような低加水タイプではなく、加水高めでプリプリしています。煮玉子は硬そうに見えますが、やや半熟。満足感あります。



 みそラーメンは基本の「鹿児島ラーメン」と同じ価格。チャーシューの代わりに肉味噌が乗っています。気分でチョイスですね。




スポンサーサイト



 豚骨ラーメンの人気店「狼煙」が松本駅前にオープンしました。支店展開で味が落ちる店が多い中、諏訪店はなかなか好評なようです。こちらはどうでしょうか。基本の「らーめん」を試してみます。

 しかし、久しぶりなので比較できません(笑) 油感はそれほど高くないのですが、口の中に残るマッタリとした雰囲気はよく炊けている証拠。記憶よりも濃度が高いような印象です。味はシャープ。シンプルに感じますが、テーブルのタレを舐めてみると意外にも重層なコクがあります。

 麺は硬め。本店では硬めオーダーしたくなりますが、今回の茹で加減ならば、デフォでもOKでしょう。チャーシューは記憶より厚いような。風味はちょっと独特です。

 味が落ちているということは全くなく美味しかったです。ただ、不思議と後半は飽き気味になるので、テーブルの辛もやしや紅しょうがでアクセントを付けながら楽しむのが好きですね。
 三才山を越えて熊人に行ってきました。お目当ては噂のカレー拉麺。トッピングは「ガラムマサラ仕立て(100円)」と、「パルメザンチーズ仕立て(100円)」に決定。

 スパイスの香りが本格的ですね。ガラムマサラの効果でしょう。デフォでは辛味はあまり強くありません(辛味調整のオプションがあります)。スープの粘度が非常に高く、トロトロ。何が入っているのでしょうかね。

 麺は太麺。初めて食べる方は驚くと思いますが、きしめんを頑丈にしたようなゴワゴワ麺です。これがまた楽しい食感で、ついついラーメンを食べていることを忘れてしまいます(笑) 具は、薄切りの豚肉と玉ねぎ。玉ねぎは長く煮込まず、シャキシャキ感がしっかりしたもの。たっぷりのパルメザンチーズは香りが良いです。相性もバッチリ。ただ、山を早く崩さないと溶けて塊になります(笑)

 食後の満足感はかなりのもの。もう一度食べに行きたいです。
 今回はキャベツをトッピングしてみました。量が多いと聞いていましたが、実際どうでしょうか。

 多いですね(笑) 食べても食べても減りませんが、不思議と飽きずに食べ進めることができます。スープの味が濃いので、さっぱりとした存在感が嬉しいです。存在感ありすぎですけれども。

 麺も相変わらず文句が出ません。ただ、今回は主役の座を奪われている気も。

 あー、食ったーという気分になりました。結構、あごが疲れるんですね。キャベツ。
 鶏しお味玉らーめんを食べた後、調子に乗って「かましおらーめん」もいただくことにしました。こちらは「ごまにんにくタレ入り」だそうです。

 そのタレはトロっとしていて、少しずつスープに溶いて食べるのが良いみたいです。ゴマの香りとニンニクの香りが強く、酸味がありクリーミーでマヨネーズのような雰囲気があります。繊細なスープがみるみるうちに白く染まり、味も劇的に変化します。

 麺は同じ極細麺。独特の風味と心地よい食感が印象的。お話を聞くと、かなりのこだわりを持って作られた麺のようです。

 発想が良いですね。タレを溶いて食べるラーメンは松本に無いと思います。ただ、ベースのスープが美味しいので、少々もったいないような気もします。
 松本駅前の昭和横丁にオープンした新店です。メニューは本流の「鶏しお」と我流の「かましお」の2つとそのバリエーションになっています。初めてですので「鶏しお」をオーダーしました。

 スープは鶏とのことですが、その他和風素材も控えめながらバランス良く加えられています。油からはスモーキーな香り。焼いた鶏チャーシューの微妙な焦げ風味もあり、香ばしさもこのラーメンの特徴となっています。

 麺は極細ストレート。茹で時間は非常に短いです。表面がザラっとしており、食感や風味も抜群。大変気に入りました。鶏チャーシューは茹でたものを直前で焼いた感じです。メンマは甘く濃く煮付けてあります。良いアクセントですね。あと、卵豆腐?のような豆腐が一切れ。

 おいしかったです。松本には無いタイプの塩ラーメンです。
 とんとんの後、こちらへ。一矢@諏訪のの店主が山梨に立ち上げたお店です。初訪ですが、二郎系のメニューがあるとのことで、そちらを試してみることにしました。このメニュー、いろいろ好みに応じていただけるようです。

 スープは乳化の進んだタイプ。それに背脂がたっぷり。カエシの量はちょうどよかったのですが、キレに欠けるのは脂の具合によるのかもしれません。味自体は一矢を継承しています。食べた瞬間に思い出しました。

 麺はガッシリしていますが、滑らかで食べやすいものです。一矢の時よりこちらのほうが好きですね。 野菜の量はデフォですが、それでもかなりの量。連食だったので不安になりましたが、結構食べきれるものですね。

 二郎系と見るならば自分はもう少しシャープなほうが好みですが、なかなかのもの。お腹を空かせて野菜増しにチャレンジしてみたいですね。
 ニール山口さんのオフ後にこちらへ。久々の塩とんとんを半麺でお願いしました。

 前回も塩味は濃かったのですが、今回のスープはさらに濃く感じます。昆布由来と思われる旨みも強く、豚の風味はやや後ろに隠れる印象。

 麺は平打ちに不規則な縮れ。「太いうどんのような麺」という印象があったのですが、よく見てみるとそれほど厚みはありません。縮れの効果で力強さが演出されているようです。とんとん肉は相変わらずの逸品。箸で崩して麺と絡めていただきます。

 麺が足りない(笑)食べすぎで倒れてもよいので、連食でもフルサイズを頂くべきかと思われます(笑)
 11月5日に、山梨の自作派「ニール山口」さんによる自作オフにお邪魔させてさせていただきました。今回はnelさんと共に食べ手として参加です。



 今年も信州ラーメン博が開催されました。期間は11/10(金)~11/12(日)で、私は2日目の11/11(土)に行ってきました。

 もちろんお腹一杯食べてきましたよ!!
 本日はこれを。

 何といっても、チャーシューでしょう。絶品です。チャーシューがうまい店は?と効かれたらこの店が筆頭になりそうな位気に入っています。ボリュームもありますし、柔らかく、味も適度で良いです。臭みもありません。

 通常の「支那そば」よりももやしの量が少ないかもしれません、以前はもやしの味に支配されていた印象がありますが、今回はスープの味が素直に楽しめるような気がします。ガツンと来るものはありませんが、しみじみと美味しく頂けるタイプでしょう。麺はやや柔らかめの細めんです。柔らかさは狙いでしょうね。スープと麺がよく馴染むので、スープにトゲが無くてもうまく纏まる利点がありそうです。

 急病で店を閉めていましたが、あっという間に復活されましたね。お店は大変賑わっているようですので、今度は過労が心配になってしまいますね(^^; 程々にやっていってもらえればと思います。
 iggyさんのレポを見て一度は諦めたのですが(笑)、食べてきました。念願の(?)真っ赤なラーメンです。

 見た目通り唐辛子の香りが大変攻撃的です。まったりとした粘度からこの店の味噌スープが連想できますが、主張としては唐辛子の圧勝と言えるでしょう。辛さは見た目ほどではないものの、ヘタレな私はグイグイ飲み進められません(笑)しかしこの香り、慣れると癖になりそうな予感がします。

 麺は、味噌と同じもの(だと思います)。野菜とチャーシューが箸休めに良い存在です。・・・今書いていて思ったのですが、何かトッピングをすると多少楽になりそうな予感。例えば生卵(53円)とか。

 幸いなことに途方に暮れるほどの辛さではありませんでしたが、自分には厳しいです。味は良いので、辛いものが得意な方ならば楽しめるのではないでしょうか。
 11:00の開店直後に入店しましたが、食べ終わる頃にはかなり混雑していました。相変わらず人気があるようですね。本日はラーメンを、麺硬めでお願いしました。

 おおっ!!素晴らしい。吉田家ってこんな凄かったっけ?と思うほど質が高かったです。纏わり付くようにマッタリとした濃度の高いスープ。味自体も良いです。塩辛さがかなり強く、イケナイとは思いつつもスープをグイグイ飲み進めてしまいます(笑) うーん、タレの製法が気になりまくり。

 麺は楽家と同じだと思うのですが、食感は楽家のほうが好印象です。実際に麺が違うのか茹で上げの技術の差なのかは分かりませんけどね。チャーシューはバッチリ良かったです。適度に食感を残しているのが絶妙なのですが、食べるたびに印象が違うのが不思議です。キャベツ、海苔、ほうれん草も良いですね。

 このクオリティで安定しているならば、週1で通いたい気分。美味しかったです。