FC2ブログ
 岡谷の課題店「来々軒」に行ってきました。人気店ですね。大変混んでいます。本日は基本のラーメンを頂きました。

 旨みが強く、無化調というのが信じられないほど。動物系と魚介系がバランス良く感じられます。野菜由来の甘みと風味が、雑味ではなく優しさを演出しているのが凄いところ。良くできたスープだなぁとしみじみ味わってしまいました。

 細い縮れ麺は強い食感。楽しくて一気に口に運ぶのですが、ブワっと来るアルカリ臭から懐かしさを感じてしまいます。チャーシューは程よい柔らかさで若干の動物臭。

 ラーメンのクオリティから人気の高さが理解できます。今後もこの味を守り続けていくのでしょうね。
スポンサーサイト



 この店に行くのが楽しみな今日この頃。本日は辛みそが入る「赤」に挑戦してみました。具材もやや増えていて「味玉1/2+海苔2枚」という構成です。

 その辛みそは最初からスープに溶かれており、うっすらと赤みを帯びています。確かに辛く、繊細な雰囲気は失われているようですが、ベースが強いのでスープの全てが隠れてしまうほどではありません。

 麺は相変わらず私好みの風味高い極細麺。鶏チャーシューはやはりフレーバー面で活躍していると思います。味玉の味は忘れてしまいました。

 悪くは無いのですが、プラス200円で「赤」にする価値を見出せるかどうか。酔客向けかな。。。
 石芝の参果樹がリニューアルオープンしていました。完全に建て替えていたので「潰れたかな。。。」なんて思っていたところ、うれしい復活。参果樹は初めてです。

 油がキラキラ綺麗なスープは、動物系よりも昆布の風味が突出しているあっさりタイプ。旨みが強めで、後味に残ります。

 麺は中細の縮れ麺。程よい食感ですが、へたりが早いタイプかもしれません。チャーシューは味がしっかりしたバラロール。良くできています。

 どこかで食べた味、浮かんでくるのは子供の頃の思い出ですけどね。安心できる味です。
 筑摩野中学の北にある「なご味」に行ってきました。住宅地の一角、あまり目立たない立地にあるお店です。そば店ですが最近は所々でラーメンが露出しているようです。

 和風出汁のあっさりタイプを想像して行くと裏切られます。なんと、コラーゲンの良く出た重厚な動物系に煮干や節による魚介がガツン。かなり強い甘みもインパクトの一つ。そばつゆのカエシを加えているとのことですので、味醂由来の甘みでしょうか。

 麺はやや細めの縮れ麺で、スープの乗りが良く分かります。バラ肉のチャーシューは脂身が多いものの、柔らかく良い味でした。奥に見えるのはエリンギ。こちらも悪くないです。

 美味しかったです。甘みが好みを分けそうですが、私は好きですね。この日はついでにそばも食べてみましたが、そばつゆが好みでないものの、そば自体は美味しかったです。
 期間限定メニューの「牛しお」を食べました。またまた期間終了後のレポで申し訳ありませんm(_ _)m

 スープは塩ベースなのですが、かなり複雑な風味に富んだ面白いもの。バランスは取れていますが、トゲの山です。全体的にはエスニックフレーバー。中央に盛られたキムチからは強いニンニクが。振りかけられた粗引き胡椒、時折口に入るラー油がアクセント。加えられているというリンゴ酢とナンプラーはそれぞれ突出しているわけではなく、程好くバランスをとる役目でしょうか。

 麺は支那そばより太めのモッチリタイプ。キムチは自家製とのこと。ネギとニラが面白いですね。牛肉は薄切りの牛丼系(笑)主役な存在でありながらも、印象としては脇役でした。

 この限定も未体験ゾーン。美味しかったです。この店の限定メニューは確実にチェックしたいですね。
 南松本駅北のガードを西側に抜けたところにあるお店です。小料理屋(居酒屋?)ですね。店内は落ち着いた雰囲気で先客なし。メニューにラーメンの文字が見当たりませんが、お願いしたらOKとのこと。

 あっさりしていてキレのあるスープ。素材の風味は突出していませんが、適度な旨みが好印象。やや和風に感じますが、魚介は使われていないようです。

 麺は細めの縮れ麺。柔らかめで、スープが良く馴染んでいます。チャーシューは味がしっかりしたバラロール。柔らかく、臭みも無く美味しいです。メンマはさっぱりとした不思議な味付けでした。

 漬物3品の小皿が付いて、500円。うれしいですね。お店の方も気さくで応対が良く、居心地が良いお店です。ぜひ今度はお酒を飲みに(^^)。ちなみに、昼のメニューは別に張られていて、そちらにはラーメンの記述がありました。
 主力メニューのタンタンメンを狙っていましたが、ついついチャーハンを食べてしまいました(笑)

 卵のコーティングが少なく、油によって艶やかに光っています。ふっくらしている上に口の中で崩れる感じが絶妙。部分的に焦げていますが狙いでしょうね。完成直前に中華鍋を振らずにじっくりと焼く工程がありました。味の濃さは適度。醤油ダレを入れていますが、醤油の主張は強くありません。

 特徴的なのは具の角切りチャーシューでしょうか。脂身が多いのですが、それがフワっと口の中で溶けるのが快感。脂身が苦手な方には少々厳しいチャーハンとも言えます。

 添えられるスープはラーメンスープに近いもの。醤油の酸味が感じられます。

 ボリュームがあり価格も高めですのでラーメンのサイドには厳しいでしょう。ラーメンを諦めてチャーハン狙いでどうぞ(笑)
 ジビエラーメンと一緒に頼んだのがコチラ。なかなか評判が良いようですね。どうでしょうか。

 濃厚ですが、味噌ダレが濃いわけではなく、ベースのスープの濃度が充実していますね。後味が複雑で、鼻に抜ける海老やスパイスのような香りも。味噌、胡麻の風味もなかなか。微妙な辛味も良いです。

 麺は北海道らしい多加水の縮れ麺。具はぶつ切りのチャーシューが良くできています。味が濃いので一口サイズが正解。時折つまむと良いアクセントになります。

 特別な印象を受けるようなタイプではないのですが、完成度の高い味噌ラーメンだと思います。
 旬を逃しまくりで申し訳ありません。もう終わっていますが、先日、ながの東急で開催中のイベント「ラーメンファンタジスタ」に行ってきました。お目当ては「ジビエラーメン」。塚田氏と石神氏のコラボレーションメニューです。

 スープは甘みが突出していますが、嫌味がなくシャープなあっさりタイプ。スープには雉を使っているそうです。動物系魚介系共に控えめなレベルでバランスが取られている上、醤油のキレが感じられます。印象は和風。

 麺は黒小麦麺でしょうか?香りが良く、食感が強めで楽しめます。鴨のチャーシューは見た目と裏腹に美味しかったです。その他、たけのこなど盛りだくさん。

 高い期待を抱かずに行きましたが、意外に良かったという印象。センスを感じました。
 nelさんとご一緒させて頂き、南箕輪の新店「蒼空」に行ってきました。混んでいますが、キャパシティが大きいことと、回転が良いため問題はなさそうです。本日は「磯塩」を。

 あっさりしていてやや薄味傾向。アゴ出汁とのことですが、もともと主張の強い素材ではないので存在感は控えめ。魚粉も結構入っていますが、動物系とのバランスは悪くないです。全体的には岩海苔の風味が突出しているかもしれません。メニュー名の通りですね。

 麺は細めのストレート。エッジがピッとしていて、食感が強め。風味もあり、面白いです。チャーシューは適度に豚が香り、食感を残したタイプ。味玉は甘めの味付けです。

 自家製麺が光りますね。接客も行き届いているので好印象を持たれる方も多いのではないでしょうか。客層も幅広く、早速受け入れられているようです。
 松本の市街地から一方通行を南松本方面に向かい、田川に掛かる「柳橋」の手前にこの店があります。本日はこちらへ。

 スープは醤油の酸味が感じられるあっさりタイプ。デフォで胡椒が効いています。素材感はあまり強くありません。

 麺は硬めでサクサク食べられるのが面白いです。柔らかめの食堂が多い中、おっ!?て思いますよね。チャーシューは小さいものの、濃い目の味付けで存在感があります。メンマはあっさりとした味付け。食感は水煮風です。

 ラーメン、安いです。メニューも豊富。「中華うどん」が気になります。ちなみに、柳橋の架け替え工事は再来年の春に完了予定。工事の影響で信号が長いんですよね。