FC2ブログ
 レギュラーメニューではなく、「おすすめ」のメニューに書かれている「特製坦々めん」を食べてみました。

 シンプルな見た目ですが、色々沈んでいます。意外にも具は野菜類と角切りの豚肉。全体的に油が馴染んでいるので、具とスープを中華鍋で合わせたのでしょうか。豚肉も炒めたもののようですが、なかなか柔からく好印象。

 スープは一口目から強い旨み。しばらく口の中で持続する雰囲気です。そして、適度な辛さが後からやってきます。麺は縮れた細麺。プリっとしてへたらないタイプで、驚くほどかなり秀逸。

 一般的な坦々麺ではありませんね。麺がかなり良いので、また違ったメニューを試してみたいです。
スポンサーサイト



 どれだけ需要があるかわかりませんが、チャーハンネタを。私が一番好きなのがこの店のチャーハン。

 米粒のコーティングは油が主役。ご飯投入時点の玉子の半熟具合が控えめなのでしょうね。玉子でしっかりコーティングされたチャーハンはパラパラ感が強くなりますが、舌触りがイマイチ。このチャーハンは滑らかでザラつきがなく、食感が良いです。炒め具合も絶妙。

 しっかりとした味付け。小さめのチャーシュー片も味の主張があり、飽きずに食べ続けられます。玉子が具材として存在感があるのも嬉しい。

 油感があるので、さっぱりタイプが好きな方には微妙かも。価格もちょっと高めなのでラーメンと一緒に食べるには決断も必要です(笑)しかし、うまい。
 青鬼タンタン麺に続き、赤鬼スタミナ麺を食べてきました。「鬼系」のメニューは辛味があるのが特徴。赤鬼は味噌ベースとのことです。

 味噌スープは粘度の少ないスッキリ系。味噌にありがちなマッタリとした甘さが控えめで、鋭さが光る逸品です。辛さはあまり強くないものの、汗がジワリ。大きな器にたっぷりのスープ、飲み進める手が止まりません。

 麺は食感の良い中細縮れ麺。具には大量のニラ・ネギ・豚バラ肉。中華鍋で炒めつつスープと合わせる手法を採用しており、気をつけないと上顎が火傷するかもしれない、ってほどの熱さ。野菜類はシャキシャキ感が残っていて、口の中で楽しい存在感です。

 美味しかったです。青鬼とどちらが良いかというと・・・・両方とも(笑)まだメニューがたっぷりあるので、今後も楽しませてもらえそうです。
 ひづきの期間限定メニューを食べてきました。4/15まで。

 まずは変わった構成にビックリです。麺は醤油つけ麺と同じ、秀逸な縮れた平打ち麺。その上に黒山羊の角みたいなタケノコ、ネギと和えられたチャーシューが乗っています。

 つけ汁には岩海苔がたっぷり。やや鋭い塩に海苔の香り。魚介はあまり感じられませんが、旨みは充実しています。面白いのが梅です。干したものを揚げてあるそうで、噛み締めると酸味よりもまず甘みが感じられるもの。スープへの影響はあまりないのものの、時々つまむと楽しい存在感。ネギ&チャーシューには辛味を加えてあり、つけ汁に入れると味が変化するという仕掛け。

 変わったものを食べさせよう、という意気込みが伝わってきます。全ての工夫が効果的かというと微妙ではありますが、限定ならではの楽しみでしょう。次回の限定メニューも期待してしまいますね。
 「カレーラーメン」はコクとり塩がベースとなっていますが、ベースを鯵に変更したカレーラーメンが通称「鯵カレー」です。カレーラーメン自体が久しぶりなので、違いが判るか心配ですが・・・。

 一口目に結構な辛さを感じます。そして、カレーで鯵が消えるどころか、前半はカレー、後半は鯵。強く主張しています。カレーも鯵もガツンと来てフッと消える。後味に何も残らない不思議な印象。コクとりベースならマッタリ感が舌に残るのですが、これはキレがあります。

 麺はコクとり麺と鯵しょうゆ麺どちらにするか聞かれましたが、まずは鯵の麺で頂くことにしました。この店のこの麺はスープや具材に負けない存在感がある逸品です。カレーとの相性も問題なし。弾力を楽しんでいるとあっという間に完食してしまいます。

 このような味の食べ物は初めてかも。鯵のエグみとカレー、一体感はありませんが共存はしていました。
 東信の人気店、ゆいやに言ってきました。あまり広くない駐車場と店内、あっという間に一杯になります。 本日は和風しょうゆチャーシューメン(を。

 塩ラーメンのような見た目。テーマはキレでしょうか。すっきりとシャープなスープですが、旨みが強め。節が香り、貝類由来のような渋みも印象的でした。

 麺はツルっとしたタイプですが、意外にスープを乗せてきます。茹で加減もバッチリ。食感が良いです。チャーシューは、やわらかく、味もなかなかOK。味玉も嬉しいですね。

 幅広い層に受けそうなラーメン。混雑にも頷けます。
 お腹が空いていたもので(笑)。セットの中では一番高いこのメニュー、その名の通り、カツ丼とラーメンのセットです。

 まずはラーメン。以前と決定的に違うのは、スープのマッタリ感。前回は比較的クリアなスープでしたが、今回は見事に半濁で、動物系がとても濃厚。閉店間際とのこともあり、煮詰まったと考えるのが妥当でしょうか。

 麺は細めで優しい食感。スープがスープだけに、絡みが良いです。具材がシンプルなので、麺だけを食べている印象が残り、最後はやや飽きが来ます。その具材、チャーシューはバラロールで、味付けが濃い目。柔らかくてよい出来です。

 カツ丼は普通に一人前ありそうです(笑)。ラーメンが食べ終わる頃に出てくるのは、計算か、計算ミスのどちらか。あっさり目で、ホッとする味付けでした。

 最終的に空腹は過剰に満たされましたとさ。カロリー計算禁止。
 急に食べたくなり行ってきました。本日は中盛・かため・ほうれんそう(100円)・味玉(100円)です。

 今日のスープは違った印象。以前よりマッタリ感が控えめで、タレが多くしょっぱ目。ダシ自体は良く出ている感じです。

 硬めオーダーの麺は予想以上に硬いもの。これならデフォでもOKかも。ほうれんそうは相変わらず満足度が高いトッピングですね。今後もこの店では食べ続けることでしょう。久々の味玉も、ゼリー状の濃厚な黄身が絶品。味付けも丁度良いです。チャーシューはホロホロ崩れるタイプですが、しっとりとしていてパサパサ感がありません。

 量的には中盛が限界か(笑) 終盤はニンニクを少し加えて、飽きることなく頂きました。
 久々に行ってみました。、メニューは、支那そば、チャーシューメン、みそラーメン、みそチャーシューの4つ。それぞれ大盛、特大があります。

 スープは鶏が濃く、良い香り。最初はやや醤油が尖って感じられますが、徐々に舌に馴染んできます。繊細ではなく、やや雑多な雰囲気。メンマの香りがスープに影響しており、どことなく懐かしさも感じられます。

 丸断面の中細麺はやはり柔らかめ。ただ、弱点と一言で片付けられない馴染み具合がポイントなのかもしれません。チャーシューはイイですね!味付けも濃いのですが、肉自体の味も絶品。柔らかくも、充実した食感がたまりません。発酵臭の強いメンマは久しぶりかも。上で述べましたが、スープの構成要素でもあります。

 美味しく頂きました。サラダ(キャベツの千切り)が付くのも名物ですね。通し営業の貴重なお店です。
 お店に駐車場はありませんが、店の向かいに20分100円の駐車場があります。急いで食べて出る!(笑)

 味噌ラー麺はつけ麺の麺と同じということで期待していましたが、やはり抜群。ツイストが乱れた多加水麺は手打ち風。熟成のおかげか、コシがお見事。温かくても活きますね。

 スープはマッタリスープにあっさり目の味噌ダレを合わせたもの。味噌の主張はあるものの、全体的には丸みがあります。コクにごりと同じベースのはずですが、乳化が進んで膜が張りそうな勢い。お聞きすると、やはり改良しているとのことで、コクにごりもマッタリスープになっている模様。乳化とキレの同居が難しそうです。

 期待していた焦がしネギと味噌との競演はやや控えめで微妙に残念。具材のチャーシュー、メンマ共に美味しいです。トロトロにとろける海苔も風味抜群。そして、たっぷりのキャベツ!

 3/20から2週間の予定で限定メニュー「塩つけ麺」が登場します。その後も構想は色々あるとのこと。目が離せないお店ですね。。。結局話し込んで駐車場は200円でした(笑)
 青鬼タンタン麺を食べつつも、やきめしが気になる私。量が多いのでサイドには無理だという忠告を無視して(笑)追加オーダーです。

 ご飯はしっとり系ですが、写真を見ると分かるように米粒が潰れていません。味付けはやや薄味で、卵の風味も活きています。青鬼タンタン麺のスープとの相性が抜群。大きめにカットされたチャーシューも実に美味しい。チャーシューの味は濃い目で、存在感があります。

 一般的な炒飯よりも量が多いように思えます。胃がはち切れそうでしたが、大満足でした(笑)
 久しぶりに行ってきました。この店の人気は本物ですね、かなり混んでます。メニューの最初は地獄ラーメン・・・ですので、一旦回避してその次の「青鬼タンタン麺」に決定です。

 最初の一口は意外にアッサリ。ゴマ以外の風味が無いように思えましたが、二口目から畳み掛けるように複雑な旨み。干し海老やナッツが仕込まれており、スープに奥の深さを演出しています。途中からは味噌ラーメンを食べているような錯覚も。あまり辛味は強くないため、スープをじっくりと楽しめるのも嬉しいです。

 麺の味が濃いです。一瞬柔らかそうな雰囲気があるものの、噛み締めると適度な食感。縦に切られたネギは硬めで、ザクっとした食感がアクセント。チャーシューも美味しいです。

 美味しかったです。また近々行きたいのですが、メニューが豊富で悩みそうですね。
 未食の「基本らーめん」を食べに(笑) この基本ラーメンはメニュー表の左下に小さめ文字で書かれてあります。トッピングが不要でしたら焦らずによく探してみてください。

 スープは素材感が薄め。特に昆布の香りが弱くなった気がします。個人的に昆布の香りは邪魔だと思っていたので、洗練されたと解釈するのが良いのかも。タレの主張は強いですね。醤油が立っていて、ややカドを感じます。甘みの強さはなかなか良い印象。

 麺はプリプリでトロっとした手打ち風。弾ける感じはなく、歯がめり込む食感。チャーシューは極限まで柔らかく煮たタイプ。味は良いのですが、好みは分かれるかな。。。。

 メニューからパーコーが消えていました。(マスクしてありました。)結局、やらないのでしょうか。残念ですね。あと、掲載している営業時間が間違っているかもしれません。確認でき次第訂正します。