FC2ブログ
 様子見がてら寸八へ。本日は支那そばを「もやし抜き」「油普通」「硬め」でお願いしました。もやし抜きは初掲載ですね。実は以前に一度食べています。

 驚くほど旨みが強い。魚介は鰹だそうですが、これが非常に濃厚で圧倒されます。動物よりも魚介系に倒れたバランスで、思わずウマイを連発(笑) 塩分濃度が高めで、後半はそれが顕著に感じられます。薄めでお願いしても物足りなさはなさそうなので、次回は薄めで。あと、前回もやしを抜いた時は油を多めに調整していただいたのですが、多すぎに感じたので今回は普通でお願いしました。

 麺、いいですね。硬めでお願いした結果、かなり硬いのですが、やみ付きになる楽しい食感。チャーシューは柔らかめ。トロトロ系で安定したんですかね。味は良いです。もやし抜きの替わりに付けて頂いた味玉も絶品。メンマも文句なしです。

 もやしが無い分、味の輪郭がクッキリしているように思えます。「らあめん」を飛び越えてこの店で一番好きなメニューに躍り出たかも。お聞きしたところ、ちょうどこの日、鰹の出汁の採り方を替えたそうです。魚介アッサリ系が好きな方は要チェックですよ。
スポンサーサイト



 なかなかラーメンを食べるチャンスが無く、久々のラーメンが久々のこの店になりました。夕方の空いている時間帯に客は私一人。本日は安くて嬉しい普通の藤ラーメンにしました。

 強く旨みを効かせてあります。塩分濃度もやや高め。骨を使っていないという噂がありますが、なんとなく骨感があるような気がします。化調っぽさ全開なジャンクなスープ、味はなかなか好みです。

 もやし、ネギ。相変わらずの量ですね。スープの味が濃いのでたっぷりの野菜にもしっかり味が付きます。今回はネギの香りや辛味が控えめで、やや物足りない気も。チャーシューは単体で云々言うモノではありませんね。しかし、このチャーシューじゃないとこのラーメンになりません。良いです。

 麺、今回は素晴らしい茹で加減でした。空いている時間なら安定するのかもしれませんね。あの物凄い作り方は相変わらずでしたが。

 駅前にも色々選択肢があるので、なかなか足を運ばなくなりましたが、やはりインパクトは抜群です。味にもメリハリがあり、酔っ払っていても味がしっかりわかりそう(笑)
 松本駅前の狼煙で期間限定の「つけ麺」を食べてきました。この店のつけ麺は初めて頂きます。

 しっかり芯まで茹で上げられた麺を水でキュっと締めてあります。ラーメンの麺と同じとのことですが、こうやって食べると結構雰囲気変わりますね。麺の味としては特筆すべき点はありませんが、細麺のつけ麺が珍しいのでちょっと嬉しいかも。量は2玉ぐらいありそうです。

 つけ汁は豚骨スープに魚介を合わせたタイプ。酸味や甘みは無く、魚介の味とタレ濃度で調整されています。単に節系が加わっているだけではないような雰囲気。麺と同様、結構雰囲気違いますよ。タレは旨みより塩分が前面に出ている気がします。

 具材はつけ汁の中にチャーシュー片。普段のチャーシューより厚切りの切り落としで、普段より断然ウマイ(笑) あとは麺の上のキクラゲとネギがタップリ。

 狼煙のようで狼煙で無い印象。硬派でシャープ、といった感じでは無いですね。後半はちょっと飽きそうですが、そんな時はニンニクや辛もやしが効果を発揮(するかも)。
 去年の限定で好評を博したトマトラーメンが今年も復活。店主から「え、去年食べてなかったっけ?」と言われましたが、はい・・・食べていません。ということで初挑戦です。

 スープは当然のようにトマト味。トマトジュースのように濃厚ではなく、サラっとしたトマトのスープとなっていますが、トマトの旨みは十分楽しめます。ベースの旨みもしっかり感じられて厚みがあるものの、トマトの酸味が前面に立っています。具材もトマトなので、終始トマト、な印象。にんにくも少し入っているかな。。。

 さて、麺を食べて驚きました。このラーメンは麺と一緒に食べることを想定して調整しているようです。(ラーメンなのだから当たり前なのでしょうが)。スープだけを飲んでもそれほど美味しいものではなかったのですが、麺を啜ると、これが素晴らしく絶妙!!この店で一番感動したかもしれません(笑) 麺は細めの縮れ麺で、食感は良かったです。

 具は、トマトの輪切り、ナス、オクラ、チョリソー。トマトは肉厚で食べ応え抜群。チョリソーもナスも相性がいいですね。。。美味しいです。オクラはちょっとクタクタです。

 なぜ人気があったのかがよくわかりました。美味しかったです。このラーメンは辛味を加えることができるようですので次回はそれを! あと、こくつけ麺のラーメンバージョン「こくしょうゆラーメン」と「サラダ冷やし」が登場していました。「えび塩」も今ではレギュラーメニューなのですね。壁一面のメニュー、全部見渡すのも大変(笑)
 ひづきの新しい限定メニューを頂いてきました。立て続けに鶏を押してきますね。

 今回も麺を変えてきました。予想外にしっかりした麺にビックリです。噛み締めると感じられるギュッとした密度感がたまりません。小麦の香りもまた素晴らしい。”平”というほど平打ちではなく、やや平、ですけどね。

 コラーゲンの膜が張っていますが。粘度は麺に程よく絡む程度。ただし、濃度はバッチリ高く、タレの強さに負けていないベースの風味が印象的でした。基本的には前回の鶏白湯に近いものです。焦がしネギの香りの強さは適度で絶妙でした。輪切りライムを麺に搾って頂くと、予想通りのサッパリ感。ただ、指に付いた香りが取れず、今まさに嗅いでいる最中です(笑)

 唐辛子がまぶされた鶏チャーシュー。どのような調理をするとこのような出来上がりになるのでしょうか。しっとりジューシー。どことなく中華風の香りがします。旨い。あおさは焦がしネギにちょっと負けてますかね。

 またまた凄い麺が出てきました。レギュラーメニューのつけ麺も良いですが、これはこれでまた食べたくなりそう。でも限定期間等、何も確認しないで帰ってきてしまいました(すみません)。
 松本では昔から名前を良く聞く店ですが、今回が初訪店。店内の混雑から人気店であることが窺えます。美味しいと聞いてたのが、味噌とピリ辛系メニュー。しかし、初めてということで基本のラーメンを頂くことにしました。

 スープはスタンダードなあっさり醤油系。見た目の予想を裏切って、素材感のある充実したスープです。後半にかけて旨みが徐々に強くなっていく印象がありました。油の存在もスープに厚みを与えていると思います。

 麺は中細の縮れ麺。多加水で、若干柔らかめです。バラロールのチャーシュー、肉の食感が適度に残っている上、濃い醤油味がかなり美味しい。このような味のチャーシューは最近少なく思います。

 麺が地味なものの、なかなか正当派。チャーシューも気に入りました。次回はお勧めいただいたメニューを試してみたいと思います。
 パルコの南に移転オープン!!覗いてみると店内満席。待っている間にも行列がどんどん長くなっていきます。。。くろまるさん情報によると、開店前から待っている方がいらっしゃったそうです。本日は「つけそば」の並を。50円値上げですね。メニューには「らぁ麺 」が無く、落ち着くまではつけそば一本でやっていくとのことです。

 まずは麺。若干細くなった印象もありますが、やはり美味しい。弾力と小麦の味も控えめになったような。ブランクで疑うべきは私の舌かもしれません・・・。麺量、少なくは無いのですが、あっという間に食べ終わります。次回は絶対大盛り!!

 つけ汁はやや動物系に倒れた印象。辛味が強く、酸味も充実。以前よりメリハリがでました。具材は全体的に減っていて、麺の浸し易さという意味では丁度良い量。柑橘系(ゆず?)のピールが2片。そして、チャーシューの旨さは健在です。器の形状が変わり、冷め易くなったのが残念なところ。しかし、スープ割りを頂くと体の心からホッとする美味しさ。以前は魚介がブワっと来ましたが、今回はやはり動物の香りが若干強めです。

 いやはや、嬉しいお店が駅前にやってきました。しばらくは昼営業で麺売り切れ終了までとのこと。夕方まで麺が残っているならば足繁く通いそうですが、この混雑なら当面は早い店じまいになりそうです。コテさん、くろまるさん、jimmyさん、本日は偶然(?)ありがとうございました(^^)
 休日16時頃の半端な時間ですが、ほぼ満席。テーブルにも家族連れが。凄い人気ですね。隣の店も超満員で、あの広い駐車場が車で埋まっていました。昼食を食べていなかったので、かなり空腹。実は隣の弥次喜多にも心惹かれました(笑)

 うわ、今日のスープ旨い・・・。昔の尖ったタレ味は今では控えめ。随分まるくなりました。油は鶏油よりもラードの層が厚め。

 硬めオーダー。この店、混んでいるときには一度に大量に茹でるため、ロットの最初と最後で麺の硬さにかなりの差が出ます。柔らかめでも美味しい麺ですが、ロット最後はかなり厳しいので、硬めオーダーは保険の意味も。硬めオーダーする方が多い中、今回は運良くロット一番目でしたが、硬めでも他店のデフォ位の丁度良い硬さです。そして、やはり美味しい麺!!濃厚スープに全く負けない小麦の味、素晴らしいです。

 今日は全てに大満足。空いている時間を狙いたいところですけどね。
 松本駅前の未訪店がいくつかあります。そのうちの一つ、ささやき某さんお勧めの「たかみ食堂」に行ってきました。初回なので基本のラーメンを頂くことに。

 スープは透明度が高くあっさりしたもの。松本の食堂で時々遭遇するタイプです。素材感があまり無く、今時のラーメンと比べると地味でしょうが、ホッとします。

 麺はかなり細めの縮れ麺。この麺、食感がなかなか強く面白いです。さくら食堂に似ていますが、ややこちらのほうが加水多目。チャーシューは味が濃く、硬めで噛み締めるタイプ。このラーメンに、このチャーシューってのがたまりません。まさしく松本の食堂規格。

 次回は某次郎さんお勧めの「豆腐ラーメン」を食べてみます。
 松本駅のすぐ北側にあるラーメン店です。この店は夜のみ営業。カルビラーメンが美味しいとの噂を聞いて食べてきました。注文すると「肉が入ってないメニューだけどいい?」とのこと。えぇぇぇぇ。。。

 スープは確かに辛いのですが、充実した旨み。飲み進むと最後にはジンワリと汗が滲みます。うーん、結構後を引きますよ。

 中細の縮れ麺です。若干柔らかめなのですが、最後まで硬さが変化しない不思議なタイプ。具材はタップリの野菜に、溶きいれられた玉子。これが辛さをマイルドにする効果に一役買っているのと、適度な白身のコシが肉感の不足を補完します。

 辛いラーメンは時々食べたくなります。あとは近くの「鳥きん」のタンタン麺を押さえておけば、いざというとき安心(?)松本駅前の辛いラーメン情報、お待ちしています(笑)