FC2ブログ
 最近は夕方の残業時間前に食事をすることが多くなってきました。本日は三村家にて久々の担々麺を頂きます。

 これだけ濃厚な担々麺はなかなか無いかもしれません。ゴマも効いてはいますが、ベースの豚骨の濃度によってマッタリとした粘度。旨みの強さも印象的で、結構インパクトがあります。それほど辛味が強くないため、後半はラー油(餃子用)を入れて楽しみました。にんにく投入も相性バッチリで正解。

 麺は「硬め」でオーダーしましたが、それほど硬くは感じませんので、デフォならかなり柔らかいかもしれませんね。具材は挽肉、青梗菜、ネギ。具材不要に思えるほどスープが充実しているのですが、やはり挽肉は嬉しいです。青梗菜もいいですね。

 美味しかったです。最近は少食になってしまったので並で十分と予想していたのですが、残念ながらもっと食べたくなってしまいました(笑)
スポンサーサイト



 なかなかレギュラーメニューを食べる暇が無いこの店ですが、久々に押さえてみました。本日は「あっさり」を。

 オープン時から劇的な進化を遂げたのではないでしょうか。ひづきの「あっさり」はコレだ!!と言える完成度に思えます。魚介の出汁を高い濃度で抽出していますが、エグミが程々に抑えられており、上品さを感じます。動物系がかなり後ろに引っ込んでいて、油も控えめ。焦がしネギを使っていないのもオープン当初と異なる点です。醤油の香りが前面に立っており、「ガツン」とも表現できそう。醤油好きにはたまりません。

 麺も驚きました。当初は弱点に思えた細麺は、食感の強いツルっとしたストレート麺に変更されています。スープを乗せないのでは?と心配しましたが、全く問題ありません。むしろ抜群の相性に思えました。チャーシューは肉感のしっかりした赤味のやや薄切りで、これも秀逸。メンマも改良されていますね。サクサクとした食感はインパクトあり、です。

 美味しかったです。 この店ではどうしてもつけ麺が食べたくなってしまうのですが、知らないうちに「あっさり」のクオリティも磨かれていたようで、大変驚き。レギュラーメニューを一つ一つ再確認したくなりました。
 寸八ブログで全く盛り上がらなかった稀有なメニュー。興味ゼロでしたが、店主の猛烈なプッシュで半ば強制的(笑)に頂いてきました。

 烏龍茶のスープなんてマズいだろ絶対・・・・・・・ウマ。

 スープは本当に烏龍茶がベースの冷たいもの。鰹粉でダシ感を演出しているのですが、物足りなく無いのが不思議。酸味が軽く加えられていて、これも効果的。

 麺は支那そば用。脂身が溶けないチャーシューは弱点かな。

 この店のメニューとしては異色ですね。キンキンに冷えていれば更に一層ハートゲッツです。
 駒ヶ根の「がむしゃら」に行ってきました。人気店「一兆堂」がリニューアルしたお店ですが、一兆堂には未訪な故、非常に楽しみ。本日は「とんこつしょうゆ」を、取り分け用に大盛りで。

 濃度のあるスープにタップリ背脂。ニンニクがしっかり効いていますが、決して刺激の類ではなく、味を上手に活かしているといった印象。脂の量は凄いのですが、こってり感よりも甘みが強く印象に残ります。丸く優しい味。スープが少なく感じるのは大盛りのせいでしょうか。麺量とのバランスが悪く感じました。

 太さが選べる麺は細麺をチョイスしました。多加水の縮れ麺で、適度な食感で、味の乗りはかなり良いです。スープが少なく感じられたので麺だけをひたすら食べている印象も。大きなチャーシューは柔らかく、クセの少ない美味しいものでした。

 最終的にニンニク感が強く残ったのですが、後味はとても良いものでした。次は太麺で食べてみたいです。味見させて頂いた「粋・とんこつ」もなかなか。
 19号沿いから移転した「桜島 広丘店」に行ってきました。掲載していませんが、以前の店舗では一度食べています。お昼時の店内は大変混んでいてビックリ。人気店ですね・・・。

 基本の「鹿児島ラーメン」は、豚骨ベースのライトな白湯スープ。旨みが強く、軽くても薄くは感じません。乳製品のような甘い香りがあり、隠し味に何かが入っている予感・・・。焦がしネギがいい仕事をしています。スープに大きく影響しているわけではないのですが、焦がしネギが口に入ると完全に味が変わります。

 麺は角断面の加水が高めのもの。かん水が少ないのか、中華麺っぽさがやや薄く感じました。チャーシューはしっかりした食感のバラロール。県店と雰囲気が似ている様な。4~5枚入っていて、十分満足。この店、チャーシュー麺は凄いんですよね。

 なんとも優しい味わいでした。途中で刺激が欲しくて胡椒等を投入してみたり。あとは定食類が美味しそう!!非常に気になります。
 月イチのイベント「金八」で提供される「豚骨魚介」です。空腹でこの店に行くとついついサイドのご飯を食べてしまうので、本日は野菜(100円)をトッピングしてカロリー軽減を図りました(汗)

 野菜の量はお見事。バッチリ胃の隙間が埋められていきます(笑) 茹で野菜によってスープが若干薄まり気味。豚骨魚介では野菜を支えられない印象を受けました。魚粉の周辺にメリハリが効いていて面白く、単調さは感じません。あと、今回は油少な目でオーダーしましたが、豚骨魚介は油が重要かもしれません。

 中細の専用麺が普通っぽいようで独特。硬めオーダーでお願いしましたが、なんとも微妙で表現が難しいです。本日は麺から強い旨みを感じました。スープが乗ってるということだと思いますが、やはり何だか面白い。チャーシューは焼いてあります。油で揚げたようなサクサク具合で、なかなか美味しいです。

 この見た目だとニンニクを入れたくなってしまうのは仕方が無いところ(笑) しかし、摩り下ろしニンニクでは雰囲気が出ないんですよね。これが。
 萬山麺と一緒に食べたのが餃子。

 揚げ餃子と焼き餃子の中間的な存在。ホワイト餃子のようにカリっとしているかというとそうでもなく、皮はもっちり。ねっとりした餡が独特といえば独特。甘みが強めなのは結構私好みです。
 前回は醤油ラーメンを頂いたので、今回はメニューの2番目「萬山麺」を頂いてまいりました。

 おお、白い。メニューには「煮込み風白湯」と書かれていますが、まさにその雰囲気。豚の香りが強いのですが、野菜由来と思われる甘みが優しく良いバランス。炒め油の香りも強く、あんかけ焼きそばのように香ばしいです。前回ほど薄味に感じません。適度です。非常に熱いのでやけどに注意しましょう。

 今日の麺、良いです。食感が強く、熱いスープの中で最後まで変化無し。具はたっぷりの野菜と、豚バラ肉の薄切りが少し。ちょっと単調にも思えました。

 醤油ラーメンよりはこちらのほうが好きかな。残すメニューは「味噌ラーメン」。こちらは太麺とのこと。期待!!
 凌駕IDEAの新メニュー「にぼ二郎」を食べてきました。松本では珍しい二郎系。14:00からオーダー可能です。

 野菜やタレやニンニクを無料で調整可能とのことで、一般向けに「おとなしい」調整になっているかと思いきや、意外と尖った構成です。スープは背脂たっぷりで乳化も進んでおり、マイルドですがタレ濃度はややカラメ。私はデフォで十分です。ニンニクの量も多く、翌日の予定をチェックしてから臨んだほうが良いかもしれません。煮干粉が振り掛けられていますが、これ、面白いです。意外とニンニクとの相性が良くて驚きました。

 麺はつけ麺で使われている太麺を持ってきました。食感が強く口の中でよく暴れます。匂い立つ小麦の香りはありませんが、これに関しては今後に期待したいところ(笑) 野菜はもやしだけ。チャーシューは厚切りで雰囲気がありますが、ちょっと微妙に思えます。

 松本の二郎系は寸八の裏メニュー「アレ」に続く2店目になりましたね。こちらもハマる人続出な予感。  ・・・それにしても、知らずに注文したら驚きそうなメニューですね。大丈夫でしょうか。(余計なお世話)
 あまりにも久しぶりなので何を食べようか迷いましたが、未食のこれを。夏季限定の「焼きあご冷やしつけ麺」はまた次回。

 いや、ちょっと、麺、ウマイです!!前回も感動していたかもしれませんが、本当に感動。特に麺の味が。

 スープの濃度はかなり高く、麺との絡みも申し分ないです。塩分濃度も高く、そこに大量の節粉が重なってかなりのインパクトを感じました。甘みと辛みも微妙にあります。チャーシューは食感強めのバラロールが1枚。味玉と海苔。

 割りスープは別の器で提供されました。ただ、全部入れてもまだ塩分濃度高め。割りスープのおかわりはさすがにお願いできず・・・。

 つけ汁の温度について色々意見が出ているようですね。決して熱くはありませんが、問題に感じるほどぬるくはなかったですよ。それより麺の凄さに圧倒。
 話題の土日祝日専用メニュー「汁なし担々麺」を頂いてきました。時々自分で作って食べるほど汁なし担々好きの私としては超期待のメニューです。

 麺の上に白ネギと炸醤。麺の下には芝麻醤とラー油。混ぜながら頂きます。ラー油の辛味は結構刺激的です。決して辛くて食べられないレベルではないのですが、想定外の驚きがありました。芝麻醤は自家製とのことで、胡麻の粒子がしっかり残っているタイプです。炸醤はしっかりした味付けで、旨みの根幹となるものです。山椒が効いていないのが残念。こちらは雰囲気程度です。

 麺は密度感のある太麺。滑らかですが、味の乗りは悪くなく、一体感はあります。ただ、具材がしっかり絡まる食べ物ではないので、器の最後には大量のネギと炸醤が残ります。

 美味しかったです。ただ、個人的には花椒粉が添えられているともっと魅力が感じられそう。掛けまくりますけど。あと、見た目が若干寂しいかもしれませんね。青いネギを散らすのも良いですね。
 夜営業開始に伴い、「らぁ麺」が復活したとの話を聞いて行ってきました。「らぁ麺」の他、「あつもり」も復活しています。

 移転前と大きく変わっていないと思いますが、最後に食べたのがかなり前・・・。基本的につけそばの味を踏襲した、酸味と辛味があるスープです。動物系の充実した旨みは申し分ないのですが、やはり酸味の存在は好みを分けますかね。

 麺はさすが大輝と言ったところ。多加水の麺はかなり熟成が進んでいて弾力が凄い。強い縮れの存在も口の中に嬉しい要素。つけそばの麺として食べるのとどちらが好みかというと、まぁどちらも好みです(笑)チャーシューは肉の味がしっかりしていて食感も強め。メンマは発酵臭が無いもので、メニュー名通り、本当に「たけのこ」?かも。

 数日中に更に新メニューが登場予定です。「牛鍋」「もつ鍋」「やきそば」「さばサラダ麺」。さ、さば!?
 松本駅前のテンホウ跡地にオープンした萬山園に行って来ました。この店は浅間温泉に構える老舗で、駅前店オープンに伴い、 浅間店しばらく休業とのことです。本日はメニュー一番先頭の「醤油ラーメン」を頂くことにしました。

 半濁のスープから香るのは豚。ひき肉と背脂の中間のような粒が浮いていて、豚具合に拍車を掛けます。旨みはあっさり目で、結構な薄味傾向も手伝ってやや物足りなさも。

 期待の自家製麺は、中細ストレート麺。丸断面でツルツルした表面がパスタのようですが、ふんわりとした食感も独特。ただ、スープが優しいので麺に味が乗ってこない難点もあります。チャーシューは肉感のしっかりしたバラ肉。メンマは太めで、良い食感。味付けは甘く、古風です。

 好みが分かれそうな雰囲気。麺メニューは白湯の「萬山麺」と太麺の「味噌ラーメン」があります。後はご飯モノ、餃子など。本日は残念ながら餃子が売り切れでした。