FC2ブログ
 新メニュー、「特製ちょもラーメン」を頂いてまいりました。ラー博バージョン、限定メニューバージョン、とバージョンアップを重ね、ついに正式メニューに登場です。

 コクとりベースと予想していたのですが違いました。良く乳化していて完全不透明。非常に濃度の高いクリームのようなスープは、鶏の甘みと鯵の風味が凝縮された凄いものです。焦げフレーバーとバターのような香りが融合して、パウンドケーキを思い起こさせる不思議さ。

 麺はコクとりと同じもの?濃厚なスープに良く馴染み、相性は良いように思えます。チャーシューは以前と部位が変わり、脂身が多く食感がやや強めになっています。臭みが無く良い味で、周囲の焦げがスープにまた一味加えているような気がします。キャベツは軽くボイルされていますが、食感がしっかり残っているため、コリコリと良いアクセントになっています。岩のりの相性も良く、トッピングで増量したい気分です。

 インパクトが強いものの、荒削りな部分を丁寧に丸めて以前より上品にまとめてあります。最後の一滴まで美味しくいただけました。次回から何を頼もうか、更に迷うことになりそうです。
★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
スポンサーサイト



 にぼ二郎と同時リリースされた「まぜまぜ汁なし麺」を頂いてきました。いま流行りの和え麺系メニューです。

 具材を掻き分けて、まずは麺。つけ麺と同様、ゴワゴワの太いタイプ。つけ麺より食感は優しめに茹で上げてありますが、食べ応えは十分です。器の底にはタレが沈んでいて、慎重に麺に絡めながら頂きます。メニューには「クリーミーな洋風テイスト」と書いてありますが、かなり脂が強く、クリーミーというよりもずっしりと重い印象を受けました。洋風かどうかはなんとも言えません。

 チャーシューはいつもの凌駕味。たっぷり入っているのでかなり満足できます。水菜とメンマは橋休めですね。温泉卵をほぐすと黄身と白身によって更にまったり感が増幅。濃度にややKO気味なところで、添えられた「口直しのスープ」が絶妙な存在感。塩系スープに生姜と胡椒を効かせたもので、ややエスニックな香りも感じられます。

 「女性のお客様にお勧め」だそうですが、けっこう「漢」ですよ。
★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
 角煮気分にならないと行かない私が悪いのですが、まだ基本のラーメンを食べていませんでした。ならばということで今回はこちらを。

 スープはあっさりとシャープ。旨みはそれほど強くないのですが、醤油の効かせ方にセンスを感じます。甘みは開店当初の印象よりも控えめ。

 麺はパスタのような食感の細麺。弾力が強く、茹で加減もバッチリ。チャーシューは醤油の濃い味が付いたワイルド系。豚の臭いがあるのですが、醤油の味をしっかり付けることにより、豚の臭いを逆手に取ることができるんですね。重厚な味わいが気に入りました。

 旨みの強さも一つの尺度ではありますが、旨みを抑えることによって上品さが演出されるという好例ですね。でも、しかし、角煮が魅力的(笑)
★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
 少し前になりますが、寸八で味噌つけ麺を食べてきました。つけ麺は空いている時のみ対応していただける、少々敷居が高い裏メニューです。オーダー時、店主から「激辛にしたら美味しかったんですよ・・・」という挑戦的な一言を告げられたため、釣られてみました。激辛味噌つけ麺です。麺は1.5玉で。

 驚くほど濃厚。以前頂いた豚骨魚介のつけ麺はマッタリ感が印象的でしたが、味噌つけ麺は輪をかけてマッタリ、というかドロドロ。甘みが感じられながらも、シャープです。激辛というだけあって辛さもなかなか。滝のように汗が噴出しました。

 麺もなかなか良いです。食感は強すぎず弱すぎず、味もしっかりしています。そして、チャーシューが煮込まれていてトロトロ。味噌の味がしっかり染みていて、「絶品」以外の言葉が浮かびません・・・。迷うことなくライスを追加注文。

 印象的な逸品でした。開店直後か閉店間際は空いているはずですが、どうでしょう。狙いたいところです。
★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
 当日と翌日に人と会う約束が無い時が大チャンス。そのことに気がついてしまうと、どうしても頭の中身がニンニクモードになってしまい、ラーメンの選択肢がかなり絞られてきます。今回はこちら、凌駕IDEAで「にぼ二郎」を再食してきました。

 「全部増し」に挑戦しようかと思いましたが、野菜を食べきる自信がなかったので、ニンニクと脂とタレだけ増量。で、この写真。まるで大根おろし。

 見た目の増量効果は凄いのですが、ニンニクと脂とタレが相殺し合っているように思えます。特に脂が尖った部分を丸め込んでいるような気がします。

 麺が替わるという噂がありますが、まだでしょうか(笑) 麺が上品なので、替わると一気に化けるような気がしますね。

 チャーシュー、変わりましたね。厚く、大きく切られた「煮豚」です。臭みは無いのですが、存在感が荒削りというか。小さいのと大きいのが入っていたのですが、大きい方がちょっとイマイチでした。この辺がワイルド(笑) 小さいほうは絶品でしたよ!!

 野菜が増えていたら無理でした。脂は足さないほうが好みですね。ニンニクは・・・・人と会う約束は無くても、家族には会うんですよね。増量ゴメンナサイ。


 ピーかりさんとアルウィンでサッカー観戦。その後どこに行こうか迷いつつ、毎度の寸八に到着しました。支那そばを「硬め・薄め・油少な目・もやし抜き」でオーダー。ピーかりさんは「味噌つけ麺」を。

 「薄め」がバッチリはまりました。出汁感が強いのでタレの薄さは気になりません。ただ、まだ若干しょっぱい気もします。この店、魚の効き方が独特です。油もやはり少なめが好みかも。

 硬めの細麺をまとめて噛み締めるときの食感はたまらないものがありますね。それにスープがよく乗ってくるので、大盛でも飽きずに食べられそう。チャーシューも赤みが多い割にアクがしっかり抜けていて美味しいです。もやし抜きですが、もやし入りにはもう戻れないかも。

 「味噌つけ麺」を味見させてもらいましたが、これ、ウマっ!!次回は味噌つけに決定です。ピーかりさん、ご一緒させていただきありがとうございましたm(_ _)m
 ○郎をパk・・・ではなくインスパッたと話題だった「ラーメン太郎」に新バージョンが登場しました。名前は「ラーメン新太郎」。無料の生しぼりにんにくをトッピングでお願いし、しばし待機。

 見た目は大きく変わっていません。若干キャベツが増えたような気がしますね。スープは味が濃く、甘みも非常に強いです。振りかけられた胡椒の香りも強く、にんにくを搾り入れるとジャンク加減が最高潮。ただ、前回から大きな差を感じませんでした。

 一番変化していたのが麺です。やや平打ち気味で太くなっており、舌触りがゴワゴワ。食感はなかなか強めですが、弾力が無く、ブツブツ切れる感じ。正直、無理して雰囲気を出してきた印象で、思わず笑ってしまいました。チャーシューは柔らかく濃い目の味付け。野菜はもうちょっとほしいかも。

 二郎風の食べ物が松本に存在している今でも、やはり貴重は貴重。万が一駅前で急にそんな気分になってしまったら、食べてみるのも良いかも(爆)

 食べた後に会社に戻って笑顔でニンニク臭を振りまきつつ残業(笑)一応気を使ってりんごジュース1リットルパックを買って飲んでましたが、1リットル420kcalあるんですね。2/3飲んだところで気がついて死亡。
 何を食べようか決めずに店に来てしまいましたが、食券制の店では迷っている時間があまり無いのが残念。思考を超高速回転させて数秒間のうちに未食の「冷たい麺」に決定。キムチが入るけど良いか?と問われましたが無問題と回答。

 あまり積極的に食べない冷やし中華的な食べ物ですが、結構イケてます。タレには甘みと酸味。恐らくリンゴ酢だと思いますが、柔らかくフルーティな酸味は、冷やし中華終盤にありがちなスッパ・ショッパイ苦痛がありません。甘みも適度。

 麺、ギッチリ冷水で締められています。もうちょっと柔らかい方が食べ易いかもしれませんが、麺の魅力は十分に伝わります。冷たくても美味しいチャーシューが良い感じ。見た目が卒倒しそうなほど素晴らしい味玉は濃い目の味付け。メンマは発酵臭が”とてもメンマらしい”です。キムチは最初から混ぜない方が良いかも。味が変わります。

 結構気に入りました。これなら暑い日にはまた食べたくなりそうです。