FC2ブログ
 話題の新メニュー「平打魚醤つけ麺」を食べてきました。凄い麺との噂、一体どれほどのものでしょうか。

 写真を見て判るように、物凄く太い平打ち麺です。表面は溶けかかり気味のテロテロ感があるのですが、ギュッと噛み締めると歯がめり込む非常に強いコシが印象的。個人的には許容ギリギリの硬さでしたが、最後まで飽きずにいただけました。麺自体にある小麦の(だと思われる)濃い味にもビックリ。国産小麦を使っているそうですが、その味はかなり他の麺と比べて異質。正直、何の味かわからない程でした。発色もかなりいいですね。

 つけ汁は魚がガツンと効いていて、麺のインパクトに負けていません。濃度が高く、旨みもかなり強いです。魚醤のクセは控えめで、その代わり大量の魚粉によるややビターな風味がアクセントとなっています。若干の辛味も良い相性に思えます。つけ汁の中には細切りのチャーシューやネギが入っていますが、特にシャキシャキしたネギの存在感が抜群に思えました。

 多くの方が絶賛していらっしゃいますが、納得できました。この麺が許容できそうな予感がある方ならば試して損は無い気がします。
★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
スポンサーサイト



 ようやく新しいメニューを食べることができました。ただし、メニューの変更は水質変化のための一時的なもので、水質が戻り次第、従来メニューが復活するそうです。(本日時点でなくなっていたら申し訳ありません。) 鯖枯節と鰹枯節の2種があり、今回はメニュー筆頭の鯖を選択しました。

 旨みが強いです。無化調でここまでやるのはお見事。動物系に魚介を合わせたタイプですが、従来メニューの「魚介醤油」よりも動物系に濃度があります。 ただ、ずっしりと重いわけではなく、サラリとしている程でもない、そんな感じです。節粉は鯖なんでしょうかね。後半に魚介の強さが増してくるので、節粉の影響はかなりありそうです。

 麺は丸断面のやや太めな麺。一瞬違和感を感じましたが、食感が良く、スープの絡みも問題ありません。終盤、柔らかくなってきてスープと馴染んでくるのはこの店の麺ならでは。チャーシューは良く煮込まれているのですが、ホロホロ崩れず、しっかり形状をキープしています。クタクタのほうれん草も今やこの店の名物と言えますよね(?)

 大変気に入ってしまいました(笑) 水質の状況、どうなのでしょうか。そして、このメニューの行方は・・・。ちなみに鰹枯節も味見しましたが、こちらも美味しいですよ。是非食べ比べてみてください。ところで、「枯節」は買うと結構な値段なのですが、大丈夫なのでしょうか。
★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
 この店は遅い時間の選択肢の一つです。閉店ギリギリに滑り込み、この日は最後の客となりました。オーダーは唯一未食の味噌つけ麺を。

 味噌の味、いいですね。濃度が高いのですが、塩分が極端に強いわけではないので味噌の味が良く分かります。酸味が感じられましたが、酢ではなく味噌ダレ由来のもの。甘みも適度で、久々に味噌ラーメンも食べてみたくなりました。麺の上の海苔をスープに沈めると変化する風味も絶妙に良い感じ。中にはチャーシューが。薄切りのチャーシューのほかに、たまたまかもしれませんが、角切りのチャーシュー片も。角切り最高!

 麺は文句なし、素晴らしいの一言です。多加水の割りに小麦の味がしっかりとしており、弾力が強く、食感も見事。スープ割りをお願いすると、アツアツに温めて提供されます。これは嬉しい。

 今後はつけ麺頻度が上がりそう。いや、温かいラーメンメニューも秀逸なので・・・。次は何を食べるべきでしょうか(笑)

 今週末から始まるらしい「平打魚醤つけ麺」ですが、どうも自信満々のようです。行かねば。
★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
 久々につけそば大輝に行って来ました。いつかは特大と思っているのですが、本日も並を。次回こそ、体調を整えて挑戦したいところ。

 動物系にかなり倒れたという噂のつけ汁ですが、確かに以前とは若干違う印象。それほど極端な変化は無いような気がしますが、移転前の魚介の強さは確かに今は無いですね。あと、甘みが増して味にメリハリが出た気もします。ただ、今回、最後にスープ割りを頂いたときには前回感じたスープ割の動物臭さがあまり感じられませんでした。

 麺は相変わらず秀逸です。特大は無理でも大盛りなら余裕であることに食べてから気がつきました。短冊状のチャーシューが良かったです。臭みと感じる一歩手前の濃厚な肉の味。

 前回、メニューに近日登場と書かれていた「やきそば」や「さばサラダ麺」は、残念ながらメニュー表から消えていました。いつか食べてみたいですね。
★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★