FC2ブログ
二日酔いに良さそうなラーメン屋を求めて波田まで。情報を頂いてから随分間が開きましたが、課題店の一つ、「ハンリュウ」です。

オーダー後すぐに登場するのがキムチとカクテキの巨大な壷。深みのある味ですが、後味はアッサリしていて美味しいです。

これがなんと、食べ放題のサービス品。


ハンリュウラーメン 塩(650円)

白濁していますが、あっさりした牛骨スープ。胃に優しく染みますねぇ(笑)スープに臭みは無く、実に飲みやすい。ネギや糸唐辛子が良いアクセントです。

ニンニク投入がオススメだそうですので、摩り下ろしニンニクを出していただきました。確かに相性が良く、スープに深みが増した雰囲気。テーブルの「ニンニク油も」も香ばしくて面白いです。


こんな形状。ひっくり返りそうな感じではありませんでしたが、写真で見るとビビリますね。


麺は多加水の縮れ麺。相性はベストに思えます。


具材の牛スジ。これが柔らかく、優しいラーメンの邪魔になりません。



最後はライス(100円)INでクッパ。これ、最高ですね。キムチを入れるとまた一味変わります。

唐辛子を練りこんだ「モムチャン麺」も気になりますし、醤油ラーメンも食べてみたいですね。ビビンバやチヂミも!!次回は体調万全で行くことにします(笑)

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
スポンサーサイト



六方の営業が終わっている夜9時過ぎ、抑えきれないガッツリ気分をこの店で解消することにしました。

にぼ二郎、タレ増量、ニンニク少な目。

にぼ二郎(750円)
目の前に置かれた器からはかなり強い煮干の香り。にぼ増量?久しぶりなので記憶より強い気がします。

野菜を増量にしませんでしたが、このボリュームなら充分です・・・。なぜか太く感じるもやしとキャベツを夢中で頂きます。

ブタはトロっと柔らかいタイプ。

背脂の浮いたスープはイイ感じのキレがあります。前回はボンヤリした印象でしたが、変化か、記憶違いか。タレの塩分によるキレかもしれません。ただ、野菜を増量しなかったのでかなり味の濃いスープになってしまいました。タレ増量は不要でした。

しかし、たっぷり掛けられた煮干粉は最後までガツン度が失われない存在感。 これもイイです。


食感が強い、太い麺。個人差はありますが、私には丁度良い量。沢山食べられる方なら野菜増量は必要かもしれませんね。



このスープならアリです。六方の甘みが苦手な方はこちらのほうが気に入られるかもしれませんね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
土日祝限定の汁なし担々麺。2週間ぐらい前に頂いたものです。

土日に来たときには外せないんですよね、これ。

汁なし担々麺(620円)
挽肉の上の黒っぽいのは花椒粉です。たぶん。

器の底の芝麻醤は自家製と聞いています。良くかき混ぜてから頂きましょう。

むせるのに注意しながらガツガツ食べると、ラー油の辛さで、汗がじわりと滲みます。


特筆すべきは麺でしょう。なんとこのメニュー専用麺。麺の美味しさに定評がある店ですから、この麺も例に漏れません。


子供が食べた「醤油麺コクにごり」。開店当初から大進化を遂げた看板メニューです。次回こそこれを食べたい気も。



土曜のお昼時は混みますね。並んで待つ方も。
限定もいつも美味しいのですが、レギュラーメニューを食べにしばらく通いたい気分です。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
3/16に訪店しましたが、定休日。
気を取り直して3/20に訪店しましたが、定休日。

そう、日曜と祝日が定休日です。気をつけましょう。>自分

ということで、先週土曜日に行ってきました。

合鴨らーめん(950円)
甘みが強いスープにキリっと魚介を効かせてバランスを取っています。更に揚げネギや柚子片がいいアクセント。後半は甘さに支配されますが、重厚な旨みに終始感動しっぱなしです。

香ばしい油も相変わらずいい仕事をしています。ネギも重要。

写真手前が食感を残しつつも柔らかい鴨肉。奥に見えるのは鴨団子です。団子は前回より緩い感じです。


麺もいいですね。最後まで食感は変わりませんでした。弾力がポイント。



立派で清潔でお店。感じのよい接客。そして、この味。うーん、文句のつけようが無い。
新しいラーメンを研究中との噂もありますし、今後も目が離せませんね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
「四川や」か「五川や」の四川麻婆豆腐を狙っていたのですが、両店ともあいにくの日曜定休。途中で気が付いて別の店にターゲットを変更し、散々悩んだ末に久々のこの店に決定です。

開店と同時に到着して一番乗り。私の次に来られた方はなんと豚醤さんでした。ビックリです(^^)

熊本ラーメン(680円)
かくに一本(200円)

チャーシューを食べたかったので熊本ラーメンを。もちろん角煮も食べたいのでトッピングの「かくに一本」をお願いしました。

決して重くは無いのですが、良く出た豚骨のダシ。そこにほんのりビターなマー油のニンニクの香りが堪らない。定期的に食べないと損したような気分になる美味しさです。


麺も魅力的。食感が強いのに印象が軽いんですよね。プツっと弾け飛ぶ弾力の強さ。口いっぱいに麺を頬張って噛み締めたくなる欲求が沸々と…。


角煮、相変わらず柔らかく美味しいです。チャーシューもワイルドですが美味しいもので、両方を楽しめた本日の満足度は最高潮。もう既にリピートしたい気分です。



かなりお腹がすいていたので焼麺も追加できたかもしれません。いや、我慢我慢。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★


今日は菅平で松本山雅のTMをチェックしてきました。開幕が楽しみです。

残業後、この店の常連と化している会社の方と一杯引っ掛けることに。

大輝呑み、実はちょっと狙ってました。

ヱビス生ビール(600円)
プハ~っ!!

お通しもいい味です。


冷奴(300円)
木綿豆腐がドーンと1丁。素朴で妙にうまい。


おつまみたけのこ(300円)
コリコリといい食感。つけ汁に浸っていたのはふっくらしていましたが、こうやって食べると雰囲気変わるんですね。


つけそば 大(800円)

3/21より850円に値上げとなっているようです


お店に入った時点で残り8玉だったので、捌き具合を見ながらオーダー。その後来店される数名の客は麺切れ振られ・・・。


特大は100円アップとか。小麦価格の高騰は切実らしいですよ。

しかし・・・ウマイですね、この麺。



製麺話を色々とお聞きしながら楽しい時間を過ごしました。話を聞けば聞くほど、こだわりと努力がこの味を生んでいるんだなと実感。

さて、終電までちょっと時間があるのでもう一軒・・・。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
ここしばらく仕事のボリュームがあるのでなかなか呑みに行けていないのですが(いや、呑んでるな)、この日は遅い時間から呑み会に参加。松本駅前の居酒屋「酒房りしょう」で呑むとなったら、寸八コラボメニューは押さえておかないといけません。

寸八とのコラボ第9弾チャーシュー入りミートソース麺のチーズ焼き (600円:席料別)

前回のインドからイタリアに飛びましたね。寸八の太麺を刻んで炒めたチャーシューとトマトソースで和えてチーズを乗せて焼いたものです。

トマトとチーズの味がかなり濃厚。ビールとの相性は文句なし。

いや、これは美味しい。無我夢中で食べきってしまいました。


ああ、写真がブレる。

寸八の太麺は自家製麺になってからもっちり感が増しましたが、このように頂くとコシの強さも際立つのですね。色々なパスタ的料理に使ってみたい雰囲気です。


おまけ画像
店主が気まぐれに作った油そば。胡麻油が効いた中華風は、まさしくこの店の味。



ビール→麦→芋と頂いて、珍しく終電を逃さずに帰りました(笑)
このメニューは3/22(土)で終了。急ぎましょう。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
豚骨スープがライトになったという話をよく聞くようになりました。
近々その確認をしようとは思っていましたが、そんなことをすっかり忘れて目的もなしに訪店。しかも味噌なんか頼んじゃって肝心の部分の確認ができず・・・。

オーダーは「麺硬め」。

味噌ねぎラーメン 中盛 (850円)
スープ、確かにサラっとしているような気はします。でも味噌だとよく判らない・・・。

塩分濃度は高めですが、以前のような強烈感は無く、普通に飲めるレベル。ネギの味付けが控えめになったのかもしれません。

具材はネギ、挽肉、コーン、メンマ。チャーシューが無いなぁ、なんて一瞬思いましたが、刻んだチャーシューが中に入っていました。物足りなさ解消です。


このエッジ感!麺硬めの威力でしょうかね。変わったかと思って過去の写真を見返しましたが、形状は同じ感じ。ただ、今回はかなりシャープでした。

うーん、もしかしたら違う麺かも。



ざるラーメンというメニューもありましたね。この麺ならそれも楽しめそうです。
それよりスープ確認しなきゃ。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
汁なし麺に感激した私は翌日もこの店へ。お目当てはつけ麺です。
お昼の開店5分前位に到着しました。開店待ちは10人位でしょうかね。客層も多様です。

つけ麺(780円)
つけ汁は黒い器、麺は白い器。つけ汁はビーフシチューのように色が濃いですね。

サーブのタイミングで「スープ割り」と「焼き石投入」が可能であると告げられます。


器が白いので麺の灰色味が良くわかります。

ラーメンの麺と同じ麺ですが、水で締めると雰囲気が結構変わりますね。小麦の香りは蕎麦のような独特のクセがあり、正直、麺を単体で食べてうまいかどうかは微妙なライン。

茹で加減は丁度良く思えます。


つけ汁の褐色は魚粉によるもの。粘度が非常に高いのですが、半端無い魚粉の量でドロドロ具合を演出している気もします。

その魚粉はクセが強く、ややビター方向に倒した効かせ方。酸味はありませんが、甘みが強め。

粘度の高さにより麺に味は乗ってきますが、もしクセにクセをぶつけるのが狙いならば好みが分かれると言えます。


麺を器に入れようとしたら押し返されました(笑)

それもそのはず、こんな「ブタ」がゴロゴロと山ほど。昨日の汁なしの記事にも書きましたが、以前と異なりトロトロの豚肉です。もう一度ラーメンでこの肉を味わってみたいですね。


さて、スープ割り。従業員の方に器を渡すとスープを注いで持ってきていただけます。そして、この「焼き石」。鉄のようですけどね。


入れた途端、勢い良くスープが沸騰します。かなり飛び散りますので慌てて蓋を探しましたが、代用になるものが見当たらず(笑)「つけめんTETSU」では飛び散らなかったのですが、何が違うんでしょうね。割りスープの量は少なめですし。

沸騰中の写真を撮るつもりで構えていましたが、それどころではありませんでした(笑)

石の効果もあって、火傷しそうなスープの熱さ。たまりません。



クセの雰囲気が私の好みからちょっと外れますが、インパクトは抜群ですね。ただ、スープの飛び散りだけは何とかしてもらいたいと思います。

とりあえず、麺が入っていた器でも被せますか・・・。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
閉店まであと30分という時間帯でしたが、お店は結構な混雑。なかなか流行ってますね。

3/14よりつけ麺と汁なし麺が始まったそうで、今回はそれが目的。
特にこの店の汁なしにはかなり期待していました。どんなものでしょうか。

汁なし麺(780円)

トッピングにとろけるチーズ(100円)を追加しました。トッピングも券売機で購入する形式です。

中央に卵黄。具としてたっぷりのブタ、フライド・・・オニオン?、野菜、にんにく。写真の下のほうに見えている白いものがとろけるチーズ。

器の下にはまったりとした背脂(スープ?)と醤油ダレ。これらをよく混ぜていただきます。

これは・・・・絶対ビールに合う(笑)
IDEAの「まぜまぜ汁なし麺」も確かに濃厚ですが、あのような「重さ」は感じず、ある意味軽快。ただ、違うベクトルがガツンと突き抜けた感じ。

ネットリ感、サクサク感。黒コショウも効いています。ニンニクも強いです。

それと、ブタ。随分雰囲気変わりましたね。トロトロにほぐれるタイプです。これも濃い味。美味しい。


麺はラーメンと同じオーション麺です。これが強い強い。麺の味がタレの濃い味に負けていないのがまた凄い。

チーズが良く絡まります。ただし周囲の主張の強さにやや脇役の位置付けでしょうか。

もっと混ぜ合わせた写真を撮ればよかったです・・・。



かなりのボリュームでお腹がいっぱいになりました。中や大は本当の空腹時にチャレンジすべきかと。

しかし、これは・・・・常習性の塊のようなメニューですよ。とにかく、これでビールを飲む方法を真面目に思案中。なにせ、これを食べて帰宅したら冷蔵庫にビールが無かったというショッキングな出来事がありましたので。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
ひづきの限定メニューを頂いて参りました。

しおとんこつつけ麺(800円)
濃度の高いつけ汁は豚の臭みがあまり無いもの。鶏が強いように思えたのでお尋ねしたところ、鶏の香りは油由来だそうです。

尖ってはいないものの、麺に乗ってくるのは塩。途中がすっぽり抜けたようなバランス感が面白い。今回は麺を美味しく食べるためのつけ汁、ってことみたいですね。とても新鮮です!


その麺、一口目からバッチリ小麦の香り。凄い麺です。

昨年の限定メニュー「煮干とんこつ」と同じものですが、茹で時間を長めにして雰囲気を変えているそうです。

つけ汁の中の厚切りチャーシューも絶品。


ネギ豚めし(280円)
しおとんこつつけ麺と同時に登場したサイドメニューです。お腹の余力を確認してから追加オーダーしました。
こちらも限定?それともレギュラー?確認忘れました。

トロっとしたネギ塩ダレはピリっと黒胡椒のアクセント。ご存知の方ならば寸八の「肉コショウご飯」を思い出すかもしれません。



スープ割りは魚介のスープ(コクにごり?)で割っていただけます。熱々でこれがまた美味しい。

豚骨の濃度、いいですね。同時にラーメンを提供していた「煮干とんこつ」の時とは異なり、つけ麺一本に絞ったのが濃度を高くできた理由なのかもしれません。

一日限定30食です。一ヶ月ぐらいできればなぁ、なんて仰ってました。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
土曜の午後、14時頃のことでした。

狙いその1:ピーク時を外す。 →店の外まで行列。
狙いその2:カルボナラーメンを食す。 →売り切れ。

なかなか人生うまくいきませんね。
二日酔いの体調不良(その後風邪による熱と発覚)もあり、どうしようか迷いましたが、素直に並んで「らあめん」を頂くことにしました。

移転後初のらあめんということで、オーダーは全てデフォで。

らあめん 並(650円)
久しぶりすぎるので比較もどうかと思いますが、割とサラっとしていますね。今まで漢(男)仕様で頂くことが多かったですから、鶏油の量の違いである気もします。味も濃い目の印象が強かったのか、デフォだと薄味に感じます。体調が悪いのでクドく感じるのかなぁと思っていましたが、逆でしたね。

チャーシュー、今回のは柔らかすぎる程ではありません。量的な食べ応えは相変わらず。


麺、いいです。ふんわりと密度感が軽く、もっちりとまとわり付く感じ。しかし、コシはしっかりしているんですよね。



今回の感じだと、こってりラーメンが苦手な方にも食べられるのではないでしょうか。「鶏がらスープと半割り」という技も面白そうですね。


★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
残業前の腹ごしらえをこの店で。
夕方は結構空いているんですよ。

今回は久々にこのメニューを。

つけめん(780円)
いつもの麺をキュッと水で締めてあります。麺量は2玉ぐらいありますかね。

つけ汁はいつもの豚骨に魚介を効かせてあります。但し、あくまでも主役は豚骨スープ。塩分濃度はやや強めです。
中には切り落としのチャーシュー。

麺、いいですね。プチプチ弾ける具合が温かい麺の「バリカタ」ともまた違っていて面白い。


麺には塩気がよく乗ってきますね。辛もやしやニンニクで味を変えて楽しめるのも「らーめん」と同様。

スープ割りをタップリと注いで頂きました。味が薄いようなら卓上の「らーめんだし」で調整できるとのこと。

心情的にスープ割りって残せないんですよね。お腹がタプタプになりました。大満足。


おまけ画像
違う日の写真を。香油ラーメンにキャベツ×2です。味は覚えていません。
タイムスタンプは深夜1時近く(^^;



そうそう、最後の写真、深夜に外で並んで待ちましたよ。凄い人気なんですね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
汁なしタイプのラーメンが妙に気になる今日この頃ですが、実際のところあまり選択肢がありません。
本日はその選択肢の一つ、凌駕IDEAに行ってきました。

まぜまぜ汁なし麺(850円)
味玉は「麺とび六方」で頂いたサービス券によるトッピングです。

器の下のほうにタレが溜まっているので、よく混ぜて頂きます。
相変わらずの濃厚さ。ペースト状の背脂と温泉卵によって、麺がねっとりとした舌触りになります。黒胡椒の効きが前回よりも強めで、濃厚な中にピリっとしたアクセント。

チャーシューが随分変わりましたね。脂身の多い部位に変更され、量もかなり増えた気が。柔らかく、美味しいです。


しっかりした食感。つけ麺と同じでしょうか?

そういえば、つけ麺をしばらく食べていませんね・・・。



添えられるスープ。
柚子のピール一片が爽やかです。このメニューを頂く際にはこのスープが必須です。個人的には。



かなりのボリューム。量よりも印象から受けるボリュームかもしれません。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
裏メニュー、「とりプラス」を頂いてきました。
ずくだせ.信州」との企画で提供されているメニューです(サイトはもう更新されていないようですね)。既に2~3回頂いていますが、掲載は初めて。

とりプラス(780円)
コクとり塩に鯵の粉末を加えたラーメンです。何となく鯵粉の雰囲気が以前と違っている気がしますが、効果はありますね。

香りの強い鯵粉に負けない鶏濃度も素晴らしい。かといって鶏臭かったり甘ったるいわけではなく、絶妙に嫌な部分を排除した絶品スープだと思います。

チャーシューは結構味付けが濃い目ですね。ただ、この大きさでとてもやわらかく、臭みがない上しっとり感もバッチリで、毎回毎回感心させられるのがこのチャーシューです。


半濁なのに、素晴らしいまったり具合。鯵粉でむせないように注意。


ネギも一緒に持ち上げてしまっているところが素人ですね(^^;

鯵麺のクニュっとした食感と異なり、パツっとした歯ごたえが特徴の鶏麺。大盛りでもいいかもなー。



とても個性的。特ちょもに心が揺れましたが、こちらを選んで大満足でした。
普通に「とりプラス」でオーダー通りますので、未体験の方は是非試してみてください。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
塩尻峠を超えて、念願の初訪です。賑わってますね!

佑庵ラーメン(650円)
噂どおりの不思議な味。
確かに味噌っぽいのですが、それよりもたぶんゴマ・・・芝麻醤が入っているように感じますが・・・きっと入っていないんでしょうね(笑)
鶏と野菜に魚介を合わせているようですが、それぞれの主張はあまり目立たず、尖ったところを片っ端から潰したような印象を受けます。旨みも控えめで、アミノ酸の抽出にはそれほど強いポイントを置いていないようにも思われます。

優しい味なのに後を引きますね。
一品料理としてスープを頂いたならかなり美味しいのではないかと。

薄めですがとろけるほど柔らかいチャーシュー。
これは・・・チャーシュー麺の満足度が異様に高い予感。


麺はデフォで細麺。中太麺への変更も可能で、今回は中太麺で頂いてみました。強い麺ではありませんが、スープとの相性はいい気がしますね。



豚めし(ハーフ)(175円)
ランチタイムなら150円です。トロトロのチャーシューの角切りがたっぷり。あっさりしたタレがかかっていて、サラサラと頂けるタイプ。うーん、いける。



今まで食べたことが無いタイプのスープでした。次回は違うメニューも頂いてみたいと思います。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
17時頃凌駕IDEAを狙うも中休みで振られ。当面15:30(曖昧)~17:30まで仕込みとのこと。(但し、先週のお話ですから、現在はわかりません。)
ということで尾道ラーメン麺一筋にてリカバリます。

この店で一番好きなのがこのメニュー。いただきます。

特製つけ麺(750円)
値上げの告知があった記憶があります。3月から?

麺の良さが光るメニュー。小麦の味もしますし、プリっとした食感の良さがたまらない。
魚介が香るスープの乗りも適度だと思います。

味玉は最近珍しい醤油が濃い目の味付け。

チャーシューはそのまま食べるよりもスープに漬けてからいただくべき。油が程よく溶けて、この店のチャーシューの美味しさが理解できることでしょう。


なかなか豪華な具材が目を引きますね。

味は濃い目。割りスープが添えられますので、お好みに応じて調整が可能です。



ビターな煮干の味。そして、味付けされた背脂がこの店の特徴でしょう。独特な熟成した香りがありますが、この個性は悪くないですね。

味は濃い目。割りスープが添えられますので、お好みに応じて調整が可能です。


券売機で硬麺バージョンのつけ麺が選べますが、デフォでも充分な硬さだと思いますよ。



今回は遠慮しましたが、サイドの「豚めし」も美味しいんですよね。

3枚揃えると1皿サービスされるという餃子券が毎回付きます。
私は集めていないので、一度もサービスを受けたことがありませんが、餃子の味はどうでしょうか。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★

こんばんは。

3月に入ってしまいましたが、2月にいただいたラーメンを整理します。

まず、杯数は16杯。1月と同じですね。狙い通りのペース、なんという安定感でしょう(笑)

印象に残ったラーメンは次の通り。

ラーメン@麺とび六方

今月はこの店が話題をさらっていきましたね。本家とちょっと違うからとかブログで文句発信している人に関してはもうスルーでいいでしょう。この店なら家族を連れて行ってもいいような気がしますし(笑)、この調子で市民権を得られればいいですね。つけ麺や汁なしなど、今後の展開が楽しみです。

寸八とのコラボ第八弾タンドリーチキン風油そば@酒房りしょう

皆さんは酒房りしょうにはもう行かれましたかね。このコラボはかなり辛く、食べ進められない方もいらっしゃいました。しかし、味は絶品。

豚骨魚介@寸八
夫婦のきずな@きま八と悩んだ末、寸八にしました。首都圏では一大ムーブメントであった豚骨魚介系のラーメンですが、県内ではそれほど盛り上がりませんでしたね。もしかしたらマニア以外はあまり口にする機会が無かったかもしれません。きま八は限定5食ですし、寸八は第二金曜日だけ。中信では相変わらず敷居が高い分野かも(笑)

他には、「トリデンラーメン@トリデン」、「つけそば@大輝」、「手打ちラーメン@志野」あたり。

来月も美味しいラーメン期待していますよ。>ラーメン屋さん
大輝の支那そばリベンジを果たしてきましたよ。確か最初の支那そばもリベンジだったような・・・。
お昼時の訪店は久しぶりです。

それでは力強く、つけ・・・じゃなかった「支那そば」一つ!!

支那そば(700円)
以前食べた時とスープの印象が全然違います。まず、動物系が非常に濃厚になり、力強さと厚みが増しました。
そして醤油ダレもやや濃い目にシフト。油は相変わらず多めです。

これはウマイです。甘みが強いものの、この店のつけ汁の味が踏襲されている安心感。後を引きます。

具材のチャーシュー、これもやっぱりいいですね。


そして・・・麺はやはり最高。以前は細さ故にソフトでへたる印象もあったのですが、強くは無いものの弱点には全く思えません。このフンワリ感は「香根」を想起させます。



やばいやばい。前回支那そばを頂いた際に「ポジティブな変化を期待」なんて書いたのですが、段違いの美味しさになっていました。前回はメニューに登場して間もない頃でしたから、その頃すぐに調整が入ったのかもしれませんけどね。

これなら本気でつけそばと迷いそうです。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★