FC2ブログ
平日は朝9時から営業。
朝11時まではモーニングサービスとして、幾つかの麺メニューが400~500円でライス無料。11時から14時はランチサービス。サイドメニューが非常に安くなっています。いいですねぇ。

この日は気になっていた岩のりを。

岩のりチャーシューメン(900円)
やや匂いを感じる軽めの豚骨スープに、背脂が浮いています。醤油がやや強め、旨みは充実していますね。

タップリ乗せられた岩のり、即時スープに味が移るわけではありませんが、口に入るとブワっと磯の香り。いいですね。沈めて溶かすのもありかと。

チャーシューは食感が残っていますが、噛み締めると解ける雰囲気。



麺はややフワっとしています。中盛りだとちょっと多いですね(^^;



朝ラー、いかがでしょう(^^)
昼ラーも狙い目ですね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
スポンサーサイト



家から近いのですが、課題店としてずっと残っていました(^^;
店内はキャパシティありますね。30人以上入れるのではないでしょうか。

つけ麺の麺がとても良さそうなのですが、メニューを見ると色々楽しそう。今回は違うメニューを頂いてみることにしました。

名物らーめん(920円)
味噌ラーメンの上に焼肉。訪店を計画したくなった方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

スープはスタンダードな味で、嫌な尖りのないバランスタイプ。それほど濃い味ではないので飲みやすいです。
豚バラスライスは香ばしく炒められており、見た目通り、ご飯との相性が良さそう。もちろんラーメンの上での違和感もゼロです。

野菜もたっぷり。


麺は硬めに茹で上げられた細縮れ麺。んんっ、この頑固な縮れがたまりませんね。いくらでも食べられそうです。


かぶりつきチャーシュー麺(920円)
凄い。豚バラのチャーシューを細長くスライスしたものが、何枚も。
チャーシューは食感を適度に残した柔らかさ。肉の味が生きています。

スープはなかなか厚みのある醤油スープ。意外性はありませんが、物足りなさもありませんよ。


味噌と同じ麺でしょうかね。良い意味で、1分早く食べ始めたカップラーメンのような楽しさです。



今後も要チェックですね。やはりつけ麺は頂いてみないと。
あと、くろまるさんのブログには凄いセットメニューが。いつか頂かなければ。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
(nelさんのブログから営業時間情報を頂きました。ありがとうございます。)
今日から始まった「信州麺バトル そばvsラーメン大決戦」。
数名で一通り頂いて参りました。

北信エリア 東池袋大勝軒&烈士洵名 「昭和ノスタルジー中華そば」

意外に厚みのあるスープ。テロっとした麺に乗る油の香りが良かったです。


東信エリア 文蔵 & 助屋「安養寺味噌ラーメン」

安心して頂ける正統な味噌ラーメンという風情。ピリリと辛味が。


中信エリア 寸八 & 凌駕「にぼとん」

やや細めの平打ち麺に濃い目の豚骨濃度がいい雰囲気。煮干しの荒々しさも豚骨に馴染んでいますね。


南信エリア がむしゃら & 蔵人「ヘルシーなる潮彩の華」

強く縮れた細めんがサックリ好印象。さっぱりスープにトマトが影響する味の変化も楽しめます。



戸隠そば 仁王門屋 & なおすけ「戸隠 岩戸伝説」

ボリュームも含めた満足度高し。餅の天ぷらウマイです・・・。


いいやまそば街道 石田屋一徹&澤田の家「富倉そばとみゆきポークブタミンスペシャル」

つゆと豚肉の充実感と水菜のサッパリ味が同居。食後感がいいですね。


北国街道老舗そば連 小菅亭 & 元屋本店 「大海老そば」

サクっと揚がった海老ウマイです・・・。


松本平 榑木野グループ「冷やし鴨汁そば」

鴨肉ジューシー。丸々一杯頂きたい気分でした。



蕎麦自体の味がうまく表現できず、具ばかりのメモで申し訳なし。

本日は空いていました。安養寺味噌ラーメンが若干混んでましたかね。
平日の明日以降は会社帰りの方々で若干混むかもしれませんが、ゆっくり楽しめるのではないでしょうか。

期間 :2008 年9 月23 日(火)~9 月28 日(日) 
    10 時~20 時(最終日は17 時まで)
会 場 :イトーヨーカドー長野店 権堂広場

当日券は、1 枚700 円です。

勝敗の無い「大決戦」というのは、なんだか気持ち悪いと思いませんか?
「比べようが無い」と言わずに、ぜひ貴方の舌で決着を付けてやって下さい。




個人的には・・・決着が付きませんでした。比べようが無いです(笑)
ご存知の方が多いとは思いますが、明日より6日間の予定でラーメンと蕎麦のイベントが開催されます。

期間 :2008 年9 月23 日(火)~9 月28 日(日) 
    10 時~20 時(最終日は17 時まで)
会 場 :イトーヨーカドー長野店 権堂広場

・北信エリア 東池袋大勝軒&烈士洵名
・東信エリア 文蔵 & 助屋
・中信エリア 寸八 & 凌駕
・南信エリア がむしゃら & 蔵人

・戸隠そば 仁王門屋 & なおすけ
・いいやまそば街道 石田屋一徹&澤田の家
・松本平 榑木野グループ
・北国街道老舗そば連 小菅亭 & 元屋本店

当日券は、1 枚700 円。
(前売り券650円は本日24時まで!)
新たな限定メニューが始まったようです。
今回もつけ麺。受けて立ちましょう。

極太味噌つけ麺 魚味(880円)
中の具が良く見えないつけ汁、麺と、その上に茹でキャベツ。

添えられた小皿は生姜。冷めてきた頃に入れると良いとのことです。


むっちり艶やかな太麺。
これはまた・・・・
小麦の味が素晴らしい。他の麺に無いタイプの後味を感じます。


なかなか濃厚。味噌自体は丸くクセの無いタイプ。

魚味と聞いて、煮干しや節がガツンと効いた味を想像していましたが、全く違いました。敢えて例えれば魚の身の味。煮干し特有のエグミ苦味を抑えて、魚特有の味のみを表に。どうやってるの?

中にはチャーシューがたっぷりと。スライスと角切り。しっかり目の食感。


生姜を入れることにより、更にさば味噌風に(笑)相性抜群でした。

スープ割りはコクにごりのスープでしょうか?マッタリと楽しめました。



これはもう一度食べてみたい逸品。
今回の限定はあまり期間が長くないようですが、いつまででしょうかね?聞き忘れてしまいました・・・。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
お昼だけラーメン店として営業している居酒屋。「ひさりな食堂」のちょっと東側にあります。

掲示を見る限り昼のお店の名前はズバリ「ラーメン屋」かもしれませんが、食海と呼ばせてください。

メニューは醤油ラーメンと味噌ラーメンのバリエーションのみ。以前は豚骨があったそうですが、今は無いみたいですね。

特製醤油ラーメン(900円)
特製はチャーシュー5枚に味玉付き。

無化調のスープは見た目どおりのあっさり具合、昆布が風味として際立っています。その後から鶏の香りが。
塩分濃度はやや控えめで、しみじみ美味しいスープ。海苔の風味をスープに移して味わうのがこの店流だそうです。

チャーシュー、脂身がとろける柔らかさ。こちらはややしっかり目の味付けですが、バッチリ。味玉は黄身がゼリー状でした。


麺はスタンダードな中細縮れ麺ですが、なかなか良い食感。茹で加減に文句はありません。


チャーシュー丼(250円)
何年も継ぎ足して使っているやきとり用のタレを使っているそうです。
確かにタレの尖りはなく、甘みが心地よい逸品。やはり脂身が美味しいですね、このチャーシューは。



なかなか熱い店主でしたよ。次回は味噌を頂いてみようかと思います。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
出川の中華料理店。表に掲示された9月のオススメメニューが気になり、訪店チャンスを窺っていました。

麻辣担々麺(980円)

真っ赤なものを予想していましたが違いましたね。

麻辣の「麻」である花椒がかなり効いています。お店でこれだけ痺れを感じるレベルの花椒は初めてかもしれません。

麻辣の「辣」の唐辛子の辛さは控えめ?と思っていましたが店を出る頃には汗を拭いていました・・・。

お店の方は麻辣醤と言っていましたので、花椒を後から加えたわけではないかもしれません。

粘度を感じるほど芝麻醤がタップリ入ったスープ。これが辛さをマイルドに感じさせる重要な要素です。


麺はちょっと太めですね。しっかりした食感。



となると「特製四川麻婆豆腐」が気になりますね。お聞きすると、かなり「効く」一品だそうです。
近々頂きます(^^)

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
第一義の次はこちらへ。今年の話題店の一つですね。
初訪ということもあり、基本メニューを頂こうかとも思いましたが、評判の良いつけ麺を頂いてみることにしました。

濃厚魅噌つけ麺 ~海老辛餡を添えて~(800円)
ドーナツ型の面白い器。中央には「海老辛餡」。スープに溶いたり麺に付けてどうぞとの一言が添えられます。


スープはやや粘度のある味噌。スープのベースが豚か鶏か分かりませんが、全てのバランスが抜かりなく調整されている雰囲気。そのため、尖ったインパクトはなく、ジワリとくる印象。軽く辛味もあります。


麺はツルっとした中太麺。つけ麺にしては食感がやや優しめですが、スープとの相性に違和感はありません。

海老辛餡はかなり強い海老の風味で、苦手な方はちょっと厳しいかもしれません。この風味を楽しむならば、麺に付けていただくのがお勧め。啜りこんだ瞬間に口一杯に海老が。



スープ割りは魚介と豚骨から選択可能。魚介をチョイスしましたが、魚介がスープの雰囲気を変えるかと言えばそうでもなく、そのままあっさりに倒れたような印象です。

仕事が丁寧ですね。今後も人気が出そうな予感がします。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
長野駅前の「ゆいが第一義」に行ってきました。
同じく長野市の人気店「ゆいが」による味噌ラーメン専門店です。

つけ麺も気になりますが、まずは基本のラーメンを頂くことにしましょう。

らーめん(700円)
スープはビター。甘みが控えめで、味噌ラーメンにしてはシャープな部類。他店とは一線を画するものがあります。

ベースのスープの粘度がしっかりしているため、充実感も抜群。

脂身が美味しいチャーシューはさすがの逸品。やや甘みのあるメンマもこのラーメンには良く合います。


博多風の極細麺です。麺の固さはしっかり硬めに茹で上げられており、硬め指定しなくても食感を楽しめるのが嬉しいですね。味噌ラーメンと極細麺、意外に良い相性という印象。



食券制の店ですが、、替え玉はその都度現金清算OK。ガンガンやっちまいましょう。ご飯を入れる替え飯というのもあります。

通し営業も嬉しいですね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
時々、「いわいでいいや」、という日があります。

これは悪い意味でもなんでもなく、いわいで妥協しているというわけでもなく、いわいの近くを通りかかったとき、頭の中がいわいモードに切り替わってしまう現象を示します。なので、正しくは、「やっぱりいわいだろ」、ですね。

さて、今回も薄味、油少な目で。

らーめん 中盛り(700円)
ほうれん草多め(100円)をトッピング。

この日の薄味はちょっと物足りない気が。難しいものですね。体調の変化によるところが大きいかもしれません。

但し、ベースのスープはよく出ている印象です。

久々のレンソウ。以前よりほうれん草の塊の密度が上がったように見えます。長めに茹でてぎゅっと絞った感じに。

あと、海苔。柔らかめになっていませんか?もう一度確認したいです。


手もみ?という情報を頂いていましたが、この日の麺は以前と変わっていない感じですね。


コショウにうるさいsanpaiさんイチオシのマコーミック。違いを知ろうと味見してみましたが、よくわかんね。



中盛りにしたのを完全に忘れ、途中でライス(100円)を追加オーダーしてしまいました。よくない傾向です。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
フラリと入った平田の「くるまやラーメン松本店」から物語はスタートします。

味噌ラーメン(600円)
基本のメニュー、具はもやしだけなんですね(^^; 割り切りとはいえ大胆です。

スープはまったりと濃厚。ニンニクをたっぷり使っているそうですが、臭みはそれほど強くなく、よく馴染んだ味になっています。

もやしも良いのですが、やはりトッピングのバリエーションを楽しむメニューかもしれませんね。次回どうしようかなぁ。

この店はラーメンを頼むとライスがサービスで付きますよね。くるまやと言えばふりかけが掛かったご飯なのですが、残念ながらふりかけの無いご飯でした。炊き加減も記憶より今一つな雰囲気。


やや太めの多加水麺。不思議な弾力はありますが、やや弱めの食感でしょうか。スープにはよく合っていると思います。



ちょっと厳しく書いてしまいましたが、ライスはやはり重要な存在。最近はふりかけが無いのでしょうか・・・。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★


ということでライスを求めて松本筑摩店へ。もちろん別の日ですよ。
この店は最近新しい建物になったため、非常にきれいです。
テンホウのように同一メニューを比べる気はさらさら無く、汁なし系の夏限定メニューが出ていたのでそちらを。

汁なし辛みそ麺(830円)

(夏限定メニューですので、もう提供されていないかもしれません)

1~5辛で辛さを調整できます。3辛でお願いしました。

串刺しの味玉。その下にはチャーシュー。この串、全く意味がないのですが遊び心がありますね。
テボに直接お冷を掛けて麺を締めるなど、作る過程にも見所が。

味はコチュジャン風の唐辛子ダレがたっぷり。汗がじわじわ染み出る辛さがありますが、それ以上に味がかなり濃いのでライスが必須に思えます。
茹でキャベツを中心としたたっぷりの野菜類がうれしい存在。味玉、こちらも濃いめの味ですが美味しいです。


麺は味噌と同じものだと思います。冷やすと食感が良くなり、魅力的な麺になりますね。


ナイスライス!!炊き加減もいい感じ。



チェーン店なのに派手なメニューでしたね。面白かったです。今後の限定メニューにも期待。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★




松本にはくるまやラーメンが3軒あります。それならば、もう一軒押さえておきましょう。

ということで渚店に行き、つけ麺を頂いたのですが、なんと、デジカメ忘れました(^^;
そして、くるまやラーメンの記事がこのまま掲載されずに寝かされることになります・



・・・そして、1ヶ月後・・・






渚店に行ってきました。
店に入る前に持ち物を確認し、いざ!
この日はつけ麺ではなく、みそチャーシュー麺を。

みそチャーシュー(880円)
んんっ?美味しいです。

スープは濃厚で、味噌の味がしっかり立っているもの。塩分濃度もかなり高めなのですが、甘みのバランスがよく、ついつい一口二口レンゲを口に運んでしまいます。油層があり、どっしりとした味噌ラーメン。

この日はニンニクの印象が強かったです。食後に臭いが残るほど。

もやしは炒めてあるのでしょうか?あまり油っぽくはないですね。
チャーシューもトロトロで美味しいです。さんぽうよし風。


麺は太目でなかなか力強いもの。茹で加減で印象が変わるのかもしれませんね・・・。


掛け方一つにも個性が。



イケてます。ポイント高いですよ。
体調がフィットしたのかもしれません。


とりあえず・・・平田のふりかけ導入に期待します(笑)

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
本日は松本市笹部の中華料理店「喜楽」。凌駕IDEAの通りを少し西に行った所にあります。

中が広く綺麗で、照明もいい雰囲気。ちょっと意表を付かれました。
初めてのお店ですので、基本のラーメンを。価格、嬉しいですね。

ラーメン(520円)
スープは野菜の甘みに溢れる優しい味。普段濃い目の味に慣れ親しんでいる自分にとっては、麺を啜り上げた際に若干の物足りなさを感じていたのですが、それは最初だけ。じわじわ体に馴染んできます。

チャーシューは脂身が美味しいシンプルな柔らかチャーシュー。



麺はツルツルの細ストレート麺。こちらも優しめで、棘の無いスープと融合して一つの世界を作り上げています。



あっさりラーメン。「懐かしい」ともまた違うのですが、癒し系に属するタイプとでも言いましょうか。
中華メニューが色々。何か他のものも頂いてみたくなりました。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
ラーメン以外で「チキンカツカレー」を先に掲載してしまいましたが、この日はラーメンも頂いています。

ラーメンの種類は少数精鋭。

ラーメン         610円
コーンラーメン      730円
メンマラーメン      730円
チャーシューメン     930円
お子様ラーメン      580円


しかし、ラーメン+〇〇〇〇というセットメニューがかなり豊富。

Aセット(ビーフカレー) 790円
Bセット(カツカレー)  980円
Cセット(カツ丼)    950円
Dセット(エビとじ丼)  930円
Eセット(チャーハン)  900円
チキンカツセット     880円
ソースカツ丼セット    950円
エビカツ丼セット    1030円
焼き肉セット       950円
エビカレーセット    1160円
ネギトロ丼セット    1030円
チキンカレーセット    880円
チーズチキンセット   1050円
クリームソーダセット   800円
白玉バニラセット     800円
待夢セット(焼肉とエビフライ)
            1350円
エビフライセット    1100円


ガッツリ食べたい方にはたまらないラインナップですね。
この日はセットではなく、単品メニューを頂くことにしました。

チャーシューメン(930円)
薄めにスライスされたバラ肉チャーシューがこんなに。嬉しいの一言です。

スープはシンプルで素材感が薄めではありますが、キレのあるタイプ。チャーシューと一緒に頂くとうま味に厚みが出て丁度良い塩梅です。

そのチャーシュー、かなりの逸品ですよ。こちらもシンプルな味付けですが、何枚あっても足りない程。


麺は優しい食感ですが、許容範囲。



派手さはありませんが、よくまとまったラーメンでした。
やはり何かとセットで・・・というのが魅力のお店でしょうかね。通いたい気分です。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
大阪出張の帰り、お昼にラーメンを頂いてきました。濃厚なスープが話題の「無鉄砲」です。

味の濃さや麺の固さ、こってり具合が調整可能ですが、ねぎの量も調整可能というのは嬉しいですね。ねぎ多目でお願いしてみました。

とんこつラーメン(700円)
お、確かに粘度の高いドロドロスープ。これはかなり凄い凄い・・・。天下一品を思い出しました。

水と骨だけで炊いているようですが、それが本当ならば骨量はかなりのものだと思います。

口の周りがガビガビになりそう。一週間分のコラーゲンが摂取できそうな勢い(笑)

チャーシューは薄くスライスされたものが2枚。ねぎの存在はホッとします。


麺はやや太め。量は若干少なめに感じました。替え玉があるのが嬉しいところ。



濃厚というか・・・確かに高粘度なラーメンではありました。
好みが分かれるラーメンだとは思いますが、店の混雑を見る限り、ファンは多いようですね。

魚介を加えたWスープラーメンは一度食べてみたい気がします。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
松本山雅、天皇杯進出おめでとう!というわけでアルウィンの後にこちらで勝利の宴(酒はなし)。

5名でお伺いしたため課題のご飯ものもシェアしながら色々頂くことができました。
こちらでは麺メニューをレポートします。

この店人気のピリ辛系のラーメンは何種類か頂いていますが、普通の味噌ラーメンがまだ未食。チャーシューも食べたいな、という理由でこちらを。

みそチャーシュー(800円)

チャーシューが無い?と思いきや、野菜の下にしっかりと隠れています。
辛味を加えた赤鬼の時にはシャープに感じた味噌スープ、こうやって普通に頂くと実にマイルドな白味噌ベースであることがわかります。

野菜は挽肉と共に絶妙な炒め具合。中華鍋でスープと合わせたのでしょうかね。飲み進むにつれて汗が噴出す熱々のスープ。



チャーシューが5~6枚入っていました。柔らかいものの、厚さがまちまちであるため場所によってはしっかりした食感、やや濃い目の味付け。



軽く縮れた麺。麺量は普通だと思いますが、ご飯ものの効果もあって満腹満腹。



豊富なメニュー、次は何を頂きましょうか。
待ち客がでるほどの混雑様は相変わらずのようです。時間をはずしてお伺いしたいところ。

麺類以外のレポートは→こちら

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
2度程行っていますが、今回が初掲載。なんで載せてなかったんだっけ。
かなり遅い時間でしたが店内は賑わっています。営業時間の長い店は重宝しますよね。

炙りチャーシューめん(価格失念950円)

確か900円代でした(すみません)
(訂正:金の字さん、コテさん、ありがとうございました。)

見た目でおおっ!
ダイナミックなチャーシューですね。

スープは深い深い醤油味。どことなく懐かしさを感じるのは何故でしょうかね。

甘みが強いのですが、味の輪郭がはっきりとしているのがポイント。後半やや単調に思えてきたところで、卓上の色々な調味料で味付けを行う楽しみもあります。はちみつは一度試してみると面白いと思います。

今回はフライドガーリックをたっぷり入れてみました。

チャーシューはさすがの香ばしさ。柔らかいのですが、肉感も適度で食べ応え抜群です。味もよし。


パツっとした麺がまた独特。この食感はかなり気に入りました。



メニュー豊富ですね。別のメニューを頂くためにまたすぐ行ってしまいそうです。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
久しぶりの二八です。相変わらず人気店のようですね。

それほど暗い照明ではないと感じていたのですが、カメラが感度を上げてくれと要求してきます。

塩味玉ラーメン(700円)
やや透明度のあるスープは、シンプルな味の組み立て。鶏の香りがなかなか強く、鶏がベースのスープと思われます。以前頂いた醤油はキレの具合が気に入っていたのですが、塩は比較的優しいマイルドなラーメン。

昆布が贅沢に使われているような雰囲気。うま味は充分。

やや単調に思えるところで小松菜がアクセントとして嬉しい存在ですね。

味玉は甘味が絶妙で文句無し。これは良かった。


プリっとした食感が印象的な細麺。



一捻りを期待していましたが、以外にシンプルな王道系でした。次回は醤油を再確認してみたいです。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
8月は18杯。
五輪をネタに飲んだくれていた割には(笑)しっかり頂いていましたね。

今月も印象に残った3杯を。
しつこいようですが、「美味しかったベスト3」ではなく、あくまでも「印象に残った3杯」です。

あってり麺(しお味)@凌駕あってり麺
これは良かったです。塩ラーメンと醤油ラーメンを並べた場合、塩ラーメンはタレに旨味を含ませるためにかなり工夫をしなければなりません。この店では遜色ないどころか塩のほうが充実感を感じる見事な構成。麺も好き。

國松豚骨@くにまつ
1日限定の貴重な豚骨ラーメンでした。鶏の甘みがあるため優しい印象を受けましたが、その後も改良を重ねながら数回提供されているようです。またタイミングが合ったら頂いてみたいですね。今後に期待の一票です。

醤油つけ麺@麺肴ひづき
今月は当たり月だったのか、かなり悩んで3つ目のエントリーがこちら。コクにごりベースのつけ麺なんですが、その完成度に脱帽。濁っているのに決してこってりしておらず、醤油の旨味がギュギュギュと詰まっています。

四天・ひづき・寸八とのコラボ マーボーあんかけの揚げ焼きそば(600円)@酒房りしょう」「らーめん 並盛@麺家いわい」「幻の辛子味噌つけ麺@寸八」「こってり(中)(@楽家」が次点というところでしょうか。

8月もラーメン屋さんに感謝です!
この日で二回目。メニューがかなり増えていました。
現在のメニューは次の通り。

・巌力らーめん(白/あっさり醤油とんこつ)
・巌力らーめん(黒/パンチを効かせた新巌力)
・巌力ちゃーしゅー(白/黒)
・巌力醤油
・巌力味噌
・巌力味噌ちゃーしゅー
・巌力冷やしタンタン

これらに加えてご飯モノも幾つか。

色々と気になるものもあるのですが、本日は味噌を頂くことにしました。
渡されるオーダー表に鉛筆で印をつけてレジへ。前金制です。

巌力味噌(780円)
トッピングに味玉(50円)を。

デフォルトの具はキャベツ、メンマ、ネギです。割りきった構成ですね。
ただ、味噌に挽肉が含まれているようです。

スープは粘度の低いあっさりとしたタイプ。ラー油?による辛味が加えられており、充実感に不足はありません。

味玉は以前のような濃い味付けではなく適度でした。



細麺と太麺が選べます。今回は太麺で。パツンとした食感がパスタチックで面白く、小麦の味もしっかりした美味しい麺でした。


半チャーシュー丼(350円)
こんなチャーシュー丼は初めて。なんと、トマト。上からマヨネーズ。そして、ご飯はバターライス。流石に重たさを感じますが、なかなか美味しかったですよ。



基本肉食な私はやはり肉類がほしくなってしまいますので、今後味噌を食べるならチャーシュー麺をオーダーしてしまうかも。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★