FC2ブログ
寸八狙いでしたが、満車のため断念。いつか私はこの店に行けるのでしょうか。

さて、気を取り直して、アップルランド筑摩店の駐車場に併設されている中華料理店「みさと」にお邪魔しました。

頂いていないメニューを・・・と思い物色し、こちらに決定です。
そそられる。

マーボー麺(800円)
ベースは通常の醤油ラーメン。そこにピリ辛の麻婆豆腐が乗っています。

麻婆豆腐を乗せるためにベースのスープのタレを少なめにしているのか、感じるうま味はややおとなしめ。でも、相性はいい感じですね。

豆腐はツルツル滑らかな絹ごし。

挽肉がなかなか多く、器の底の方にたっぷり沈んでいます。

本格的な四川風とはちょっと違うかもしれませんが、単品の麻婆豆腐も美味しい予感がしますね。


麺、いいですねぇ。
細く縮れた麺はやや硬めでいい食感です。



次は天津麺などの変り種をいただいてみたい気がします。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
スポンサーサイト



散々食べて飲んだ挙句、深夜の牛若丸。
罪悪感に苛まれますね。

味もよく覚えていませんので、サラっといきますよー。

沖塩岩のり(750円)

トッピングに「味玉(100円)」「黒マー油(50円)」を。

岩海苔にマー油を合わせるとは。なにせ酔っ払いですから。

沖塩岩のりは「沖塩豚骨」に岩海苔が乗ったメニュー。塩ダレってことですね。

醤油の時のような甘みは控えめ。その分シャープな印象を受けた、気がします。

黒マー油は、しっかりと焦がしてあり、なかなかビター。シャープさに拍車を掛ける要素だったかもしれません。

後半はどっちゃりニンニク投入。
なにせ酔っ払い。


この日の麺はちょっと柔らかめ。
やはり一度硬めオーダーを試してみたいですね。



あまり覚えていないので沖塩豚骨はもう一度食べないと(笑)
でも、次はまた違うメニューに挑戦したいですね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
昨年末に頂いた「魚味醤油ラーメン」のつけ麺バージョンが登場しています。

魚味醤油平打つけ麺(900円)
なかなかの価格ですね。

ネギしか見えないシンプルな見た目ですが、スープの中には短冊状のチャーシューがたっぷりです。

そして麺。インパクトのある太さですね。


香りが良いです。

コシはしっかりしていますが、厚みが無い分、暴れるという印象ではないですね。

表面が非常に滑らかで、まるでワンタンのように喉を通過していきます。これはクセになりそう。


動物系の重厚さは前回のラーメンバージョンと同様。魚もしっかりと効かせてあり、このスープあってのこの麺なんだろうなと。

昨年春頃の限定「炙り肉魚つけ麺」に雰囲気が似ているかもしれません。



最後はスープ割りを頂いてほっと一息。

個人的にはラーメンバージョンのほうが好みでしたが、麺はちょっと面白かったです。毎回楽しませてくれますね。

今回は、ラーメンバージョンもつけ麺バージョンも、両方提供されています!

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
このブログで何度もお伝えしている「いわいモード」がまたやってきました。
要するに、食べたくなっちゃった、ということです。
駐車場も停め易いし、つい。

能書きを考えるのも面倒ですのでさっさとレポートを。
毎回文蔵をちゃんと記事化しているまちゃは偉いですね。

らーめん 中盛(700円)
オーダーは「麺硬め」で。ほうれん草多め(100円)をお願いしました。

程よい豚臭がたまりません。

頻繁に来ているわけではないのでたまたまかもしれませんが、あまりスープにブレを感じないのが嬉しいです。

主役級のほうれん草。幸せになる一時です。


並だとペロっと食べてしまう麺ですが、中盛りにすると存在感が増しますね。当たり前ですが。



後半にニンニクを入れると、ゾクっとするほどイイ感じ。
今年も「いわいモード」にお付き合い下さい。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
何度も書いた気がしますが、この店の「醤油麺あっさり」が好きです。

ただ、ネギの味がいつも強いなぁと感じているんですよね。
申し訳ないとは思いつつも興味に勝てず、今回はちょっとワガママをお願いしてしまいました。

醤油麺あっさり(650円)
ネギ別盛りで。

スープはスッキリとしていますが、やや魚介が尖っています。更に、醤油由来の酸味が結構キツイ。

うう・・・。

ネギを投入すると、スープが劇的に丸くなります。
甘みも加わるのですね。
なるほど。


しみじみ美味しい麺。

スープに良く馴染む適度な柔らかさは、この店の狙いですよね。



ネギによって蕎麦感も一気にアップするのですが、間違いなく必要な薬味でした。


ワガママなオーダーはお店の意図に反することですし、やはり失礼ですよね。

スープ、麺、具材。
お店の方が調整を重ねた渾身の一杯を頂くべき、と改めて思いました。
ごめんなさい。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
寸八の駐車場が一杯で(今月何度目だ。)、楽家も一杯で、あさの・・・さんぽうよし・・・と過ぎて、どうしよう(笑)
というわけで、我が家から比較的近い、この店に決定です。

夜は居酒屋な雰囲気が強いかもしれませんね。隣の方のビールが美味しそう。

麺メニューを見ると・・・おっ、凄い名前。

ごった煮味噌ラーメン(920円)

煮込み系か?という予想に反して、ベースは普通に味噌ラーメン。しかし、上の具材が凄い。

焼肉、野菜、豆腐、納豆。

ラーメンに納豆は初体験です・・・。

意外と味としての主張はそれほど強くなく、バランスを壊すような存在ではありません。しかし、仄かな苦味と、麺にからむヌメリが、確かに納豆。

そして、後半は具材としての存在感が増してきます。器の底から野菜や肉を拾い上げると、納豆も一緒に引き上げられる印象で。

ややピリっとした味噌のスープと、色々な具材群、楽しくいただけます。


強い縮れの食感が良い麺。やはりちょっと硬めに茹で上げられており、楽しい楽しい。麺が少なくなってくると寂しく感じるほど。



季節限定品だそうです。春には無くなってしまうんですかね。

定食やセットものも、課題リストに入れておきましょう。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
夕方に何か食べないと残業ができない体になってしまいました。
そんなわけで、駅前で一杯。

この日は豊富なメニューの中からこちらを選んでみました。

和風正油(500円)
スープは甘め。豚骨正油の醤油ダレも甘いので、共通なのかもしれませんね。

ベースのスープの素材感は強くありませんが、比較的昆布を感じます。

チャーシューは小さなものが数個。前回頂いた豚骨正油の時よりボリュームダウンしているようですが、たまたまなのか、メニューのせいなのかはわかりません。赤味が多く食感が強めで、スープには合っている気がします。


麺がとにかく面白い。噛み締めるとパツンと弾ける様子がクセになりそうです。時間の経過に連れて食感がソフトになっていきますので、次回は硬めで頼んでみたいですね。


肉丼(250円)
我慢できずにミニ丼を。ご飯モノを減らそうと思っていたので、記事を書きながら凹む・・・。

正体はツユダクの薄切り豚バラ丼でした。なかなかボリュームがありますが、あっさり目の味付けでサラっと頂けます。

ミニ丼は「チャーシュー丼」「ネギ丼」「味付玉子丼」「肉丼」「カレー丼」があります。気になりますね。



当面仕事が忙しいので、何度か利用させていただくかもしれません。
メニューが豊富なのでついこの店に足が延びそうなんですよね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
1/12で閉店になってしまった「春華」のレポートです。
土曜日のお昼に家族と行ってきました。

松本経済新聞の記事によると、58年間続いていたとのこと。
事情とは言え、切ないものですね。

私の出会いは4年前。
お店の歴史にとっては一瞬かもしれませんが、特別な思い入れがあるお店でした。

チャーシューワンメン(900円)
赤い縁のチャーシューが目を引きます。
器からは動物系の香り。




麺はソフトですが、厚みのあるスープと一体化し、全く飽きません。


ワンタン。始めていただきました。具入りです。



なんだか言葉が出てきません。
長い間お疲れ様でした。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
久しぶりになりますが、くにまつに行ってきました。
閉店間際の時間帯、なかなか繁盛していますね。
会社を出た時から汁なし担担麺を食べようと心に決めていたので、迷わずオーダー。
辛さを4段階から選べるこちら、今回は二番目に辛い「×3」でお願いしました。

汁なし担担麺(650円)
真っ赤!!辛い!!

こんなに油があったら重くなっても仕方が無いのに、この店のラー油は何故か軽いです。また、ラー油に加えられた中華香辛料の香りが良いものですから、後味爽やか。

強いと感じていた塩分濃度は、今回全然問題なしです。絶妙。

最初に感じたむせそうな辛さにも後半は慣れてきます。

温玉無し版は初めてかもしれません。(持ち帰り以外では)
香りとキレを楽しむならば温玉無しのほうがよさげですね。


食感の良い細麺。以前より麺量が増えたとのこと。



久々に頂きましたが、ハマりますねこれは。ご飯はぐっと我慢(笑)

ピンポイントで提供される限定メニューも食べに行きたいんですけどね。一日限定が多いため、なかなかタイミングが合いません。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
------------------------------
松本駅前の高橋食堂横に先月オープンしたばかりの「拉麺厨房 牛若丸」に行ってきました。
何店舗かある「牛若丸(旧ラーメンショップ)」の支店のようです。

メニューが豊富。トッピングバリエーションもありますので、無限に楽しめそうです。
◆豚骨醤油
・らーめん
・ネギラーメン
・味玉ラーメン
・岩のりラーメン
・チャーシューメン
◆和風正油
・和風正油
・和風ネギ
・和風岩のり
・和風チャーシュー
◆和風沖塩
・和風沖塩
・和風沖塩ネギ
・和風沖塩岩のり
・和風沖塩チャーシュー
◆沖塩豚骨
・沖塩豚骨
・黒沖塩豚骨
・沖塩ネギ
・沖塩岩のり
・沖塩チャーシュー
◆味噌豚骨
・味噌ラーメン
・ネギ味噌ラーメン
・味噌チャーシュー
・ネギ味噌チャーシュー
◆豚骨醤油つけ麺
・つけ麺
・ネギつけ麺
・味玉つけ麺
・岩のりつけ麺
・チャーシューつけ麺
◆和風正油つけ麺
・和風つけ麺
・和風ネギつけ麺
・和風岩のりつけ麺
・和風チャーシューつけ麺
◆和風沖塩
・和風沖塩つけ麺
・和風沖塩ネギつけ麺
・和風沖塩岩のりつけ麺
・和風沖塩チャーシューつけ麺
◆沖塩豚骨
・沖塩つけ麺
・黒沖塩つけ麺
・沖塩ネギつけ麺
・沖塩岩のりつけ麺
・沖塩チャーシューつけ麺
◆味噌豚骨
・味噌つけ麺
・ネギ味噌つけ麺
・味噌チャーシューつけ麺
・ネギ味噌チャーシューつけ麺

このほかにもご飯モノ、居酒屋並に豊富な一品メニューも。

岩のりラーメン(750円)
麺量「中盛り(+100円)」でお願いしました。

匂いがあるものの、サラリとしている豚骨スープ。散らされた背脂の甘みがいいですね。

塩尻市の宗賀店から独立して開店されたそうで、スープの印象は宗賀店とそれほど変わりません。

このラーメンに岩のりは確かに美味しい。スープ全体に影響していないのが不思議ですけどね。

チャーシューは食感硬めのしっかりタイプ。アクセントとしての存在感はありますね。


麺は丸断面のストレート。宗賀店より硬めに茹で上げられているかもしれません。その食感は特筆すべきポイント。

中盛りで満喫満喫。




通し営業がうれしいです。
しかも深夜まで営業。酔っ払いに強敵が現れましたねぇ(笑)

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
今年最初のラーメンはこちらになりました。

海老か合鴨かワンタンか、嬉しい迷いにニヤニヤしながら暖簾をくぐります。

席に座って壁を見ると、なんと新メニューが登場していました。

・なご味のつけ麺
・馬脂(バーユ)つけ麺

以前からある煮干しつけ麺とは異なり、温かいつけ汁の別モノとのこと。
馬脂つけ麺はなご味のつけ麺に馬脂を加えたこってりタイプだそうです。

この日はまず「馬脂」のほうを頂いてみることにしました。

馬脂(バーユ)つけ麺(950円)
麺は2玉。予想以上に多くて驚き(笑)

褐色のつけ汁にはふわふわした背脂状のもの(馬脂)とネギ2種。中にはチャーシューが一枚入っています。

強い動物系に魚介を強く効かせたタイプ。蕎麦屋だけあってエグミを控えた上での強い効かせかたは見事ですね。

麺の上の柚子が効果的。

あと、この店のメンマ、美味しいです。


プリっとした加水の高い麺。しっかりと締められており、強い縮れの反発が心地よいです。

この店の中華麺は2種類でしょうか。海老とは違いました。合鴨がこれでしたっけ。


馬脂はクセの少ない脂だそうで、実際に器の中で主張する存在ではありませんでした。ただ、油脂の力でコクや厚みが増していることは間違いないでしょう。

部位は違うかもしれませんが、馬刺しのたてがみもマッタリとクセの無い味わいですよね。


ポテトフライ(390円)
子供が食べたがっていたのでこちらを。
熱々サックリと美味しく、大人の手も止まりませんでした(笑)



頃合いを見て「割り湯」が出されました。お湯かな?とも思いましたが、しっかりした出汁に大満足。

精力的にメニューが拡充されますね。
次回以降更に悩むことになりました・・・。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
昨年最後に頂いたもの。

ということで、昨年の食べ納めはひづきとなりました。

汁なし担々麺(650円)
土日祝限定メニュー。いまやかなりの人気を誇っていますよね。魚味醤油ラーメンは家族に任せて、私はこちらを堪能することにしました。

挽肉は若干甘みのある味付け。これに器の下のタレと芝麻醤とラー油。グワっとかき混ぜて一気に掻き込みます・・・むせる。

シャープな「くにまつ」の汁なし担々麺とは趣が違いますが、こちらもかなり好みの味。


強めの中太麺が秀逸。

時々よくかき混ぜて麺に全てを絡めながら頂きます。それでも挽肉が余るんですよね。

というわけで、ご飯を投入したわけですけれども。



このメニューが平日食べられないというのが憎いですよね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
昨年末に頂いたラーメンです。

トマトを使った「太陽のラーメン」ももちろん気になりましたが、まだ二度目ということで私にはまだ早いと思いまして(言い訳)、こちらのメニューを。

醤丸中華そば(700円)
名前からあっさりしたものを想像していると裏切られます。

かなりの油層、ベースのスープは濃度のある白濁した動物系。そこに強めの魚介をシャープに効かせてあります。メニューを見ると鶏ガラ+豚骨+魚介のトリプルスープとのこと。凝っていますね。

チャーシューは厚切りの角煮風。柔らかくとろけます。


麺はパスタ風の食感(記憶怪しい)。コシのあるやや太めの麺です。



力強いラーメンでした。他にも「塩そば」や「豚骨そば」などがあり、また試してみたいと思います。つけ麺も忘れてはいけませんね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
本年もよろしくお願いします。

昨年分の記事がまだありますので、そちらからご紹介させていただきますね。

まずはこちらのお店のこのメニューから。

とりプラス(830円)
トッピングに「のり(100円)」「煮たまご(100円)」を。

(標準で1/2個の玉子が乗っていますので、煮たまごを追加すると1/2×3個になります。)

一口目に感じる魚のエグミにヒヤリとしましたが、濃度の高い鶏スープによって上手く纏め上げてもらえる印象。ただ、鯵のガツン度はかなりのレベル。この店らしいアレンジとも言えますよね。

この店らしいと言えばこのチャーシュー。薄めにスライスされた大判のものですが、臭みが無くしっとりとしているのには味にも技術的にウットリ(笑)

辛味の少ないネギも、主張は控えめですが無くてはならない存在です。

海苔をトッピングするとこのようなスタイルに。チャーシューと共にご飯が進む進む(笑)


パツっとした食感がポイントの麺。大盛りでも飽きずにいただけるはずです。



相変わらず、「ちょもらんま」していますね(^^)
抜きん出た個性を感じるお店です。

新年の営業は1/8からの予定です。


さて、今年もまったりとしたスタンスでラーメン情報を更新させていただきます。ただ、感動だけは上手く伝えていければと常々考えておりますので、個人的な趣向が記事中に含まれている場合が多々あるかと思われます。あくまでも参考情報としてご覧いただければ幸いです。

ラーメンのブログもかなり増えてきましたよね。一つの同じラーメンに対しても色々な方が色々な感想を述べられています。(当たり前のことですが)味に絶対はありませんから、他のブログも並列にご覧頂くと精度も上がると思いますよ。是非そんな感じでお楽しみくださいませ。

今後ともよろしくお願いします。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★