FC2ブログ
今月は早めに寸八の限定をいただいてきましたよ!
でも、結局掲載が遅れてすみません・・・。

今月の限定は凌駕とのコラボメニューです。

凌駕IDEA×製麺室長 横山 燻製チャーシューの香味油ラーメン しょうゆ味(800円)

豚骨と鶏がらの半割りと思われるスープに強めの醤油ダレ。そこに凌駕の煮干油が加えられており、その香りは確かに凌駕です。
油だけ掬ってみるとエグミを感じる程の煮干の風味。スープと一緒にいただくと、そのクセは全く気にならなくなります。


チャーシューはなんとスモーク。しかもそのスモークの香りがかなりしっかりと効いており、器全体を香ばしく引き締めるような効果があります。
煮干の香りと衝突していないのは不思議な相性。

味玉が乗っているのはうれしいですね。


中細の丸っこい断面の麺が面白い。



この店は限定のネタが尽きませんね(笑)同じようなラーメンが出てこないのが面白いです。
今後も色々と変わったものが頂けそうな予感。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
スポンサーサイト



久々のまるふくへ。
家族で来たので初めてテーブル席に座ってみました。

色々悩んだ末こちらを。

特製塩らぁめん(600円)
透明感のあるスープ。味はシンプルな構成で、とてもすっきりしています。塩がキリリとメリハリを演出。

具材色々。野菜をワシワシ頂けるのがいいですね。


太めの強い麺。相変わらず見事な食感です。

麺量が多いのですが、あっさりスープでスイスイいただけるのは魅力ですね。



醤油は酸味がキリっと聞いたタイプ。こちらはすっきりとやさしい味。その日の気分で選べるのは嬉しいこと。

なかなか個性のあるお店です。またこの麺を堪能しに行きたいですね。


★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★

この店、個人的に安曇野の有力な選択肢になってます。
あのフカフカモッチリした「手引き麺」がクセになるんですよね。

ということで、この日は・・・・

タンタンメン(730円)
こちらを。

スープは芝麻醤が贅沢に使われ濃厚です。回し掛けられたラー油は満足の行く辛味を。

タンタンメンとしては正統派の構成。

ではありますが・・・


やはりこの麺が独特で、このラーメンを特別なものとしています。

太さが不揃いで、当然ですがそれぞれ食感が異なり、楽しい。

麺量が多いのですが、麺がとても軽いため、苦もなく食べきってしまいました。



カウンターがお勧め。麺を打つ様を見ていると、待ち時間も楽しいです。
そんなに待たされませんけどね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
ラーメン以外にも色々なメニューがあるお店が好きなのです。
ブログがあるので結局ラーメンを選ぶのですが、色々悩んでみたいじゃないですか。
この店もそんなお店。
夕方、結構重宝します。

若大将激辛冷やしそば(850円)
夏季限定?かどうかはわかりませんが、端的に言うと辛い冷やし中華です。

具材は写真の通り色々と豊富。その上から辛いタレがたっぷりとかけられています。

なかなかしっかりとした辛味。冷たくても、ジワリと汗が滲みます。


麺量はなかなか多く、これ一品で大満足。

締められた中細縮れ麺は、飽きずに食べ進められます。



何年も前に一度食べたメニューでしたが、これはまた食べたいと思いました。
でも、定食類にも手を出したいんですよね。また時々行くことでしょう。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
ながの東急で今年もイベント「ラーメンファンタジスタ」が開催されています。
http://www.goodnagano.com/fantasista/

日程: 2009.10.2(金)~28(水)
場所: ながの東急百貨店本館7階レストラン街特設会場
時間: 午前11時~午後9時(午後8時30分ラストオーダー)
※14日(水)・最終日28日(水)は午後5時閉場(午後4時30分ラストオーダー)※15日(木)は入れ替えのため閉場いたします。

【前半】10/2~10/14
博多一風堂:白丸元味 750円
神州中華蕎麦 850円
あさりとホタテの貝そば ~信州味噌仕立て~ 800円

【後半】10/16~10/28
くじら軒:しょうゆラーメン 850円
マイクロエマルジョンスピリッツ 900円
信州肉味噌ラーメン 800円

忙しくて行けない等の不測の事態に備え(?)早めに食べに行ってみました。

博多一風堂:白丸元味(750円)
まずは全国的に有名な一風堂。
まもなく諏訪に支店がオープンする模様です。楽しみですね。

白濁した豚骨スープ。にんにくの香りがあり、旨みの効かせ方も強め。軽そうにも見えますが、若干口にまったり感が残ります。


王道の極細ストレート麺。文句なしです。


神州中華蕎麦(850円)
信州の厳選素材で作られた中華そばとのことですが、全くレトロな印象のない独特なラーメンでした。
やや強めの醤油もキレを演出し、スープはどことなく渋みが感じられます。根菜のような雰囲気もありますね。

ローストして作られたというチャーシューはしっとりと美味しいもの。大変好みです。


ヌメっとした太めの麺。これも独特ですね。


あさりとホタテの貝そば ~信州味噌仕立て~(800円)
動物系を使っていないそうですが、貝の旨みがビックリするほど出ているため、物足りなさは無いです。

味噌は軽めに効かせてあり、素材の味を楽しむように構成されていました。三つ葉の香りで和に倒れるかと思いきや、イタリアンな印象も。


パスタのような麺ですね。



平日夜、そこそこお客さんは入っていましたが、席に座ってから提供されるまでがとても早く、好印象。
三品同時にサーブされて焦りましたが。

後半も忘れずに行ってみます。
夜限定のメニュー「Condenseラーメン」を頂いて参りました。
スープがドロドロとのこと。お腹の調子がよくありませんが、大丈夫でしょうか。

・醤油
・味噌
・にごらせ和風
の3種類がありました。まずは醤油を。

Condense醤油ラーメン(800円)
うーん、これは凄いです。本気のドロドロ具合。麺だけ食べてもスープがかなり減りそうです。

香りから予想すると、ドロドロの正体は溶かし込まれたペースト状の背脂でしょうか?
ただし、それほど脂感がありません。違うかなぁ・・・

醤油ダレはしっかりと強め。甘くなりそうなスープを引き締めます。

キャベツ、いいですねぇ。


麺は太く縮れのあるタイプ。スープに負けていませんね。



ドロドロに興味がある方にお勧め。これはこの辺には無いラーメンです。
私は体調のせいか(歳のせいか)一杯でもヘビーでしたが、思い出すと気になってきます。こりゃ近々リベンジですね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
一度行ったきりご無沙汰していたこちらの店へ。
8月より新メニューが登場ていると聞き、この日はそれがお目当て。

とんこつしょうゆ(価格失念)
まったりと濃厚。豚の香りもしっかりしており、飲み進むにつれて骨感も感じられます。
初回に食べたラーメンとはまったく異なり、マニアでも「おっ」と思わせる豚骨スープ。これはいいです。

醤油ダレを強く効かせており、味はかなり濃い目。
調整ができるとうれしいですね。

家系とはまた違い、無理やり例えるならば、きま八の豚骨醤油と似たようなベクトルでしょうか。この辺にはあまり無いタイプです。


麺は中太。茹で加減はやや硬め。長さは短めです。

スープに合わせた強めの麺ですね。食べ応えがありました。


半角煮丼(380円)
気になっていたこちらもセットで。
よく煮込まれた角煮。やや繊維っぽく、ビターな香りもしますが、おいしいです。
サイドメニューとしてはかなりヘビーな部類。お腹がかなり空いているときの選択肢となりそうです。



お店が綺麗で接客も気持ちがよく、また近々頂きに来たいと思いました。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
安曇野市の郊外にあるお店。
夜にお邪魔しましたが、お客さん、いますね。

あのチャーシュー麺の記憶が蘇りますが、チャーハンも食べたい気分に勝てず、予算的にこちらをチョイス。

支那そば(600円)
各素材の主張が穏やかなスープですが物足りなさはなく、キレの良い後味が好印象。飲み進む手が止まりません。

少しずつ色々な具材が乗っているのが特徴的。この日のチャーシューは脂身の比率が多かったです。


細めの縮れ麺。食感が良く、懐かしさを感じる香りも。スープとの相性はとても良いように思えます。



チャーハン(650円)
チャーハン。
油多めでどっしりとした印象。また加熱もしっかりしていて香ばしい風味が印象的。
添えられるスープにも油がありますが、魚がキリっと効いていて後味さっぱりです。



このお店のラーメンも時々食べたくなる系。このようなタイプのお店がもっとあると個人的には嬉しいんですけどね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
今年も開催されている「信州ラーメン博」に行ってきました。
公式サイトはこちら→http://www.ramenhaku.jp/
本当は三日目に行く予定でしたが、土曜の運動会が日曜に延期となり、急遽二日目に参戦することに(笑)

本日は天気にも恵まれ、かなりの人手。昨年は人の並びの無いお店も目立ちましたが、今年はどのお店も賑わっていました。長い行列ができているお店もあり、お目当てのお店がある方はそれなりの覚悟でお出かけを。


特級煮干ラーメン 凪(特級煮干ラーメン 凪)

まずは県外店で唯一行列が無かったこちらへ。

濃度の高いスープに強い煮干を合わせたラーメン。案内には「苦味のない魚の甘い香りに仕上げる」とありますが、実際には尖ったエグミがインパクト抜群。好みは真っ二つに割れそうです。

麺は当初の案内とは異なり、博多風の極細ストレート麺。これが良い回転の秘訣かもしれませんね。


追いがつを(麺ごころ 佑庵)
顔なじみの「ひげじい@山形村」のスタッフに釣られ、二軒目はこちらへ。

ベースのスープは程よい濃度で繊細な味の構成。そこにカツオ節粉を加え、キリっとメリハリのある仕上がりとなっています。

ひげじいコラボの「信州黄金シャモのコンフィ」は周囲が香ばしく中がしっとり。相性はとても良く感じました。



残念ながら今回は2杯でお腹が満足(^^;
小規模なレポートとなりましたがお許しくださいね。

他にも数杯味見させていただきましたが、こってり系が多い印象でした。

明日は最終日。引き続き天気も良さそうですので、ぜひ個性溢れるラーメンの数々をお楽しみください。
山賊焼きが人気のこのお店。
何を食べようか決めずに訪れましたが、反射的にラーメンをオーダーしていた自分がいました。

チャーシュウメン(850円)
スタンダードな醤油ラーメンのスープです。
甘めの醤油ダレに野菜由来の甘みが融合している雰囲気。尖った部分がなく、優しい構成です。

人生のかなりの時間を肉気分で過ごしている私は今回もチャーシューを満喫しました。
数え忘れましたが、こんな私でも持て余すほどのの枚数。
しっかり目の食感が特徴的で、食後の満足感はかなりのものでした。




こちらもスタンダードな縮れ麺。



定食類も魅力的。
次回は山賊焼きもいただいてみたいですね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★