FC2ブログ
穂高の新店に行ってきました。「みかぜ。」と読みます。
国道147号、穂高駅に折れる信号のそばです。

味玉ラーメン(730円)
口の中にまったりと感じるスープには、鶏からたっぷりのコラーゲンが溶け出しているそうです。油が排除されているためしつこさはありません。豚のような香りもありましたが、鶏のみとのこと。

油を加えて攪拌したら一瞬で完全に白濁しそうな濃度ですね。口がベトベトします。

肝心の味ですが、これがなかなかいいです。
鶏白湯的な甘みが強くなく、タレでメリハリのある味付けがなされているため、この手のタイプではシャープな印象。これは後を引きますね。

チャーシューもうまいです。


加水率が低そうな麺。ポクポクと面白い食感。スープとの相性はベストに感じられます。



この辺ではちょっと珍しいタイプ。今後の発展がとても楽しみなお店でした。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★

スポンサーサイト



掲示板でたかさんより情報を頂いていたお店に行ってきました。
善知鳥峠の辰野側です。

チャーシューメン並(800円)

味玉(100円)をトッピング。

ベースのスープはあっさりしていますが、油の層で重厚さを感じさせるスタイル。ただ、動物系の香りの強さはかなりのものです。タレの主張は控えめで、スープの旨みでグイグイ食べさせるタイプ。これは美味しい。

野菜由来と思われる甘みと若干ワイルドに香る油から素朴な懐かしさを感じます。

チャーシューに感動!
厚みがあり、柔らかく、臭みではない肉本来の味が楽しめる一品。

豊科のトリデンを思い出します。



麺は縮れ麺とストレート麺の二種類を選ばせてもらえます。今回は中太ストレート麺にしました。

やや加水低めで密度感があり、食べ応えがあります。縮れ麺も同じような太さでしたので、縮れの有無の違いだけかもしれません。



杯数限定の豚骨ラーメンもありました。気になります。
また近々行ってみないといけませんね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★

テンホウが好きな方は大勢いらっしゃいますよね。私もです。
寒い季節、こんなメニューを試してみました。

タンメン(480円)
スープはすっきりとした塩味。化調も効いてしっかりジャンク。優しい味とは違いますが、この不思議な安心感はこの店ならではです。

さっと炒められた野菜もなかなか。

後半はスープににんにくや豆板醤を少し入れて変化を楽しみます。これらの調味料がまた見事な相性です。


左手の箸がヘタでごめん。

テンホウの太麺、大好きなんですよ。滑らか、もっちり。

太麺で提供されるメニューがあまり多くないのが残念ですが、チャーメンも同じ麺ですね。

空腹のこの日は普通盛りだと少々足りない気分。次回は腹具合をみて麺大盛りにしてみます。




これはリピートしそう。この価格もポイントが高いですね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
夕方、ぽつりぽつりとお客さんが来ますが、まったりした時間が流れています。
本日も残業前の腹ごしらえに。

チャーシューメン(700円)+大盛り(200円)

軽い気持ちで大盛りにしてしまいましたが、これがまた凄い量。


この日のスープはやや軽めですが、旨みの強さが救い。もやしと麺をわしわしと食べ進めます。油も多め。しかし、しつこさはありません。

この店の薄いチャーシュー、パサパサですが、大好きです。

後半から卓上の辛い調味料を投入し、変化を。


加水高めの麺。強い縮れ。ややソフト。



なんとか完食しましたがギリギリでした。ラーメンで苦しくなったのは久しぶりです。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
限定メニューを頂いてきました。

鶏白湯田舎味噌つけ麺(850円)
ドロドロの濃厚スープ。田舎味噌由来の独特な香りがあり、得意な方ならとことんハマりそう。個人的にはツボ。

ベースの鶏白湯自体にかなりの粘度があるようで、麺への絡みは見事なものです。

スープの中にはほぐした鶏肉がたっぷり。淡白な具ではありますが、鶏特有の繊維質のある食感がアクセントとして効果的。


麺はしっかりと詰まったもの。冷水でしっかりと締められても小麦の香りが楽しめます。



最後は熱々のスープ割りを。このスープで「漬けめし」を頂いたら最高かもしれませんね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
いつものように寸八の前を通るも、満車のためそのまま通過。
楽家も閉店時間を過ぎており、もう一つ用意していた選択肢のこの店へ。

「チーズ」という幟が気になっていたんですよね。
味噌ラーメンにチーズ、恵比寿の九十九などで有名ですから、相性が良いのでしょう。

濃厚チーズ味噌(870円)
構成はこの店の味噌ラーメンにチーズを乗せたもの。当然肉類は乗っていません。

割高かとは思いましたが、二色のチーズは意外にもナチュラルチーズの香り。チーズの量もなかなか凄いですね。

もともと濃厚なこの店の味噌ラーメン、チーズの濃い味が更に厚みを演出し、ずっしりとくる印象。

チーズと味噌スープとの相性はなるほどと思わせるもの。乳製品を加えるならば、個人的にはバターが好きかもですが。


絡まるチーズ。この日の麺は若干柔らかめでした。



サービスのライスも頂いて満足です。チェーン店もなかなか楽しい限定メニューを繰り出して来ますね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
自衛隊近くの中華料理店。「きゅうりゅう」と読むようです。間違えていました。

二回目のレポートですが、二度ほど満席で振られているんです。人気店ということですね。

赤担々麺(880円)
担々麺は赤と黒と白の3種類。どれも気になりましたが、この日はオーソドックスに見える赤を。

スープはなかなか濃厚。ゴマもしっかり効いていますが、辛味も強い!
舌に残る辛さではないので食べやすいタイプですが、汗が滴り落ちます。

具はひき肉、たけのこ、ザーサイなど。細かく刻まれていて、たっぷり入っています。


太い麺。強めの食感で縮れが頑固です。存在感があります。


大辛サンショウ麻婆豆腐(850円)
麻婆豆腐は二種類あり、こちらは辛いほう。

辛さはじわじわ来るタイプで、味付けは優しめ。ご飯が無くても食べ進められます。
八角の香りが独特。これはまた食べたくなりそうです。



美味しい担々麺でした。
豊富な麺メニューを狙ってまた近々行ってみたいと思います。

写真がありませんが、餃子も頂いています。
肉汁マニアには堪らない逸品でしたよ。ぜひ。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
9月下旬の実食レポートです。
(メニュー等変更になっている可能性があります)

◇◇◇

二回目の訪店。
土曜のお昼に一番乗りでしたが、その後一気に満席。支持されていますね。

本日は「タンドリーチキンが乗った焼きそば」を頂こうかと思っていたのですが、既にメニューに無いとのこと。

ということで、もう一つ気になっていたこちらを頂くことにしました。
単品メニューも2品追加。

潮ラーメン(500円)
透明度のあるスープはとてもあっさり。昆布と乾物の風味、塩加減のバランスが良く、しみじみと飽きずに美味しく頂けます。

前回パサ気味と書いた巨大チャーシューですが、今回はしっとりとした印象。


麺は縮れが心地よいですね。オーソドックスに見えますが、美味しい麺です。


タンドリーチキン(300円)
一応お目当のブツに相当するこれ。

本来タンドリーチキンはタンドゥールで焼くものなのでしょうが、こちらはスパイスで煮込まれたような雰囲気です。
しかしそのスパイス感がものすごく、お店の雰囲気からは想像がつかない逸品。


シシカバブ(190円)
新メニュー?
こちらも気になってチャレンジ。

こちらもスパイスをたっぷり使った正統派シシカバブ。
これを食べた後は、塩ラーメンがしばらく口内でカレーラーメンと化します。



800円や900円のラーメンが普通にある中、この価格は素晴らしいですね。
食材を贅沢に使い、高くても美味しいものを食べさせたいというお店の意向は理解できますし、そういう店があっても良いとは思いますが、価格帯で消費者に選択肢を与えてくれるこのようなお店は心から応援したくなります。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★