FC2ブログ
今年最後の記事はこちら。
ちょっと前の記録です。

個人的に安曇野エリアでは欠かせないお店となりました。ブログ掲載せずに3度程頂いております。
メニューの選択肢はあまりありませんが、この界隈にないタイプということでついつい足を運びたくなりますね。

この日は宴会中のようで店内は賑やか。いいなぁ、この店で宴会。

自家製肉入りちゃあしゅうめん大(900円)

思い切って大盛りにしてみました。

スープは角のない醤油の主張が強く独特。臭みとは違う豚の香りが心地よいです。
コラーゲンがたっぷり抽出されており、冷えるとプルプルに固まるそうですよ。

薄くスライスされたチャーシューはしっとり&柔らか。食べてもなかなか減らないかなりの枚数に幸せを感じます。


大阪で製麺を担当されていた奥様が安曇野に戻られたということですが、麺の魅力は相変わらず健在。


スープの濃い醤油色に染まった太めの麺は、ふわっとしていてまるでうどんのよう。
以前より麺線が奇麗になったような印象があります。



大盛りはさすがにお腹一杯になりますね。大満足で店を後にしました。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★


今年も一年、当ブログをご覧いただき誠にありがとうございました。
来年もこんな調子ですが、よろしくお願いします。
それでは皆様、良いお年を!


スポンサーサイト



自衛隊の近くにオープンした三宝亭に行ってきました。支店は豊科にもありますね。
この日の店内は大変賑わっており、数名の待ち客がいました。名前を書いてしばらく待ちます。

野菜たっぷりネギ辛味噌らーめん(840円)
スープはさらりとしており、ややビターな赤味噌が強め。
炒められた野菜がたっぷりで、その上のトウガラシで和えられた白ネギがこれまたたっぷり。
いつの間にか麺が終わって、ネギばかりを食べていました。ペース配分が大切ですね。

単体でかなり美味しい辛子味噌が添えられます。

その他に、揚げネギ、揚げニンニクなど、味を変化させる要素がテーブル上にたくさん。
これは楽しいです。


麺は加水率高め。とくに印象には残りませんでした。


半チャーハン(346円)
チャーハン、美味しいです!
オイリーに光っていますが、食べてみるとそれほどでもありません。



薬味等をいろいろ投入できるお店は個人的に大歓迎。
そういうの、好きなもので。
バリエーション豊かなメニューもうれしいですね。


★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
くにまつの居抜きに入ったお店。
二度目の訪店になりますが、記事化せずに時間が経ち過ぎてしまいましたので、再度訪店です(^^;

いつもは焦る食券制ですが、今回は食べるものを決めてきたので問題なし。

ピリ辛とんこつ赤(670円)
さらりとした豚骨スープ。豚の香りはタレの強い旨みに押され気味。
実は前回強い甘みに違和感を覚えたのですが・・・今回は問題なしです。

赤い辛子玉を溶かすと、刺激的に変化します。
テーブルの辛子高菜やニンニクを加えるのも面白そうですね。

チャーシューはかなりしっかりと煮込まれたもの。


麺は博多風の細麺ですが、この界隈の他店と異なり不思議な弾力があります。



見た目が一風堂の赤丸に似ています。
「本店」とあるので支店展開を見据えているのでしょうね。期待しています。


★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
高宮の花月の後に入った新店に行ってきました。醤丸との噂も聞いていましたが、違いましたね。餃子や炒めた野菜を使った何かのメニューによって、香ばしい香りが店内に満ちていました。

中華そば(680円)
スープは強めに魚介を効かせたインパクトがあるタイプ。油の層も動物系の香りもしっかりしており、なかなか重厚です。

キリキリとした塩分もまたメリハリに寄与しており、とにかくあちこちが尖っている印象。



麺はやや想定時間より短めに茹で上げられた雰囲気。



チェーン店でしょうか?
しかし、接客もマニュアルが見えない感じで、厨房内の作業も手作り感を感じます。
ガッツリ系のメニューが興味深いです。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★

最近話題の新店に行ってきました。
店内は煮干の香り。お好きな方はこの時点でわくわくされることでしょう。

中華そば 並(600円)
オーダーはチャーシューメンでしたが、入れ忘れのチャーシュー別皿提供だったので写真は基本の「中華そば」とします(笑)

スープは淡い色をしていますが、油の層が厚く予想外にどっしりとした印象。
ベースのスープは確かに煮干が強いです。ただ、油が蓋をして香りはそれほど強く感じられませんが、後を引く旨み。

チャーシューは濃いめのしっかりとした味付け。パサ感皆無で美味しいです。

味玉はデフォで1/2。この構成で600円なのは嬉しいですね。味付けはこちらも濃いです。

卓上の自家製ラー油を少し加えると、印象が変わります。
このラー油、なかなか手が込んでいるようですよ。良い香りがします。


麺はスープによく馴染む優しいタイプ。新潟の村上にある本店「ちくに」では更に柔らかい茹で加減で提供しているのだとか。お店の狙いということですね。


半ライス(50円)「ニンニク肉みそ」が添えられてました。甘めの味付けでご飯によく合います。こちらも良心的な価格。




メニューはシンプル。中華そばとチャーシュー麺とタンメン。
次回はタンメンをいただいてみます。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
穂高に今年オープンした新店。随分前に行きましたが掲載していませんでした(^^;
夜はあっさりとこってりから選べます。

醤油チャーシュー(850円)
こってりで。

スープはしっかりと乳化した鶏白湯。鶏の臭みは極力排除されているので、嫌な甘みも無く飲みやすいスープです。添えられた魚粉を後半に投入してみたところ、がらっと雰囲気が一変これはこれでアリですね。

写真からはみ出すほどの大きなチャーシュー。こちらも丁寧な処理がなされているようで、クセがありません。柔らかく美味しいです。


麺は細めで加水高め。ややソフトにも感じますが、スープに良く馴染むもの。



塩、味噌、つけ麺などのバリエーションもありますし、何度か訪れてみたいと思います。
また、メニューにないラーメンも色々あるとのこと。先日は蒙古タンメン風の一品を頂いてきましたが、美味しかったですよ。

何度か入れ替わりのあるこの店舗。長く続くお店になることを期待します。
12/31~1/1はぶっ通しで寝ずに営業するようです。チャレンジャーですね。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
波田町のお蕎麦屋さんです。住宅地の中にあり、知らなければ気がつかないロケーション。
蕎麦がメインのお店ではありますが、ラーメンもあるとのことで頂いて参りました。

そばとら(1150円)
名前の由来は”そばとラーメン”です。

やや白濁したスープの上には白菜やキクラゲなど。
そのスープは白菜の渋みを感じる一風変わった風味。蕎麦のカエシを使っているように思えますが、そのカエシ自体が甘さ控えめ。全体的にシャープに纏め上げられています。


別添えの具材があります。玉子には七味とマヨネーズ、あとはワカメとネギ。特に味に影響しやすいワカメ別添えはうれしい限り。しかし、この玉子はスープに浮かべて良いものか迷いますね。


ソフトな茹で加減の麺。この硬さには狙いが感じられます。


蕎麦はおとなしめの香りですがなかなかのコシ。カエシの強いツユが独特です。



マーボー麺やタンタン麺など、麺メニューのバリエーションも豊富。
基本メニューから個性が垣間見えた今、他のメニューが気になるのも当然でしょうか。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
前回食べた「Condense醤油ラーメン」に続き、今度はこちらを。

Condenseにごらせ和風麺(800円)
やっぱりドロドロ。つけ麺によくある粘度の高さとは違う雰囲気ですね。

醤油の時と異なるざらざらした舌触りが強調されていますが、おそらく魚粉によるもの。かなり大量に加えられているようですが、魚の香りに支配されているかというとそうでもありません。ドロドロ恐るべし。

具材の構成は醤油と異なります。千切りのキャベツがないのは味のバランスを考慮したからでしょうか。



ドロドロ具合、伝わりますでしょうか。


麺は太めの強いもの。



次回はCondense味噌ラーメンを頂いてみます!

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
もう12月も中盤に差し掛かっておりますが、11月の寸八の限定をレポートします。

何度でも言いますが、満車の駐車場を何度もスルーしてるんですよ。
行きたくてもなかなか行けない、小憎らしいお店です。


鯛節のトリータイパイ(800円)
濃度の高い鶏白湯スープですが、口当たりが滑らかでそれほどしつこさを感じません。
鯛、ガツン。奥深さを演出していますね。

メンマの発酵臭が強いです。これは何かの狙い?

超巨大な肩ロースチャーシュー。やわらかく、ホロホロとスープに馴染みます。


麺は中太のもの。いつもの豚骨醤油の麺でしょうか。そのいつものヤツを全然食べていないのでわかりません。




肉コショウごはんNEO×NEO(500円)
小盛りでお願いしましたが、ラーメンのサイドにしてはかなりのボリュームですよ。

中央のネギ塩ダレが強い味なのですが、この量でも飽きずに頂けます。




美味しかったです。

そろそろレギュラーメニューも頂きたくなってきました。
と言いつつ、はや何ヶ月か。


★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
自然に温かい食べ物を体が求めているのだと思います。
夕方、ふらっとこの店へ。

たんめん(750円)
白濁したスープ。この店の塩ラーメンってこんな雰囲気なんでしょうかね?
ジャンクな雰囲気もありますが、なかなか旨みが充実。スープの熱さで汗が滲みます・・・これです、これ。

野菜は見ての通り色々。炒め加減も丁度良く、飽きずに食べ進めるられます。


麺はオーソドックスなものですが、やや硬めの茹で上げが嬉しい。



この店が貴重なお店に思えてきました。
駅前に意外と無いんですよね。こういうタイプ。重宝します。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★
個人的に便利な場所にありますが、しばらくご無沙汰。
この辺り、数十メートルの範囲にラーメン店が3軒あるんですよね。仲良くやっているのでしょうか。

ちゃーしゅう麺(850円)
動物系の香りが強く、特に油からはワイルドな雰囲気が。
以前は薄味に思えたスープも本日は私に丁度良いです。

チャーシューは味付け、食感共にしっかり目。


細めのストレート麺。この麺も自家製でしょうかね?やわらかいわけではないのですが、ふんわり感が不思議な印象。



月替わりで精力的に限定メニューを出すお店です。限定はお店の表に掲示されておりますので、前を通ったらチェックしてみてはいかがでしょうか。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★