上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南松本のドンキホーテの駐車場の脇にこの店はあります。もちろんドンキホーテよりこちらの方が先に存在していましたよ。

さて、お目当てはバンバンチーメン。この店のメニューの中では一番好きなのかもしれません。時々無性に食べたくなりますが、深志店が無くなってしまったことにより機会が失われた感じでした。

バンバンチーメン(510円)
ちょっと盛り付けが汚いのですが、いつもの味。本部で生産されているならば同じ味でも当然でしょうが、味の安定は好印象です。
このフワフワのゴマダレはタンタンメンに使われているのと同じなんですかね?

麺は水で締められ、キュッと強い食感。酸味も適度にありますが、気になるほどではありません。

具は鶏、もやし、ワカメ、きゅうり。鶏が2枚というのはちょっと記憶より少ない気がします・・・。



今日はまだまだ続きます。

★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★



さて、鶏2枚はちょっとおかしいんでないかい?

ということで、寿店にハシゴしてみました。

バンバンチーメン(510円)
ほら!ほら!素晴らしい鶏!

鶏の量自体もこちらの方が多いような気がします。他の具材と同じように細く切ってあると食感もいいです。

しかし・・・きゅうりが無い(笑)

替わりに水菜が採用されておりました。
これはこれで美味しいのですが、私はきゅうり派。



★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★


翌日、信大の近くにある追分店に着てみました。狙いはもちろんコチラ。

バンバンチーメン(510円)

南松本と雰囲気が似ていますが、こちらは小さい鶏肉が4枚で、ボリューム的には引き分けでしょうか。

盛り付けが比較的綺麗なのがポイントですね。

麺はこちらの方が硬めな気がしましたが、前日の記憶を疑った方が良いかもしれません。



★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★


松本には4軒のテンホウがあります。
ということで、最後の1軒、渚店に。

バンバンチーメン(510円)
鶏肉は3枚。大きさは追分と南松本の中間レベル。引き分けです。

盛り付けがちょっと汚い。麺の上にきゅうりがあって、麺の下からも何故かきゅうりがはみ出ています。

味は一緒。



★この店の地図、営業時間、過去のレポートはここをクリック★

結論としては、寿店だけが特殊なようでした。
しかし、寿店の鶏はかなり良かったです。水菜が許容できるならばオススメかと。

あと、お店によって提供されているメニューがかなり違うようです。

南松
本店
寿店追分
渚店
中華丼
生姜焼き定食×
ソースカツ丼×
デラックスタンタンメン××
ミニラーメン定食××
ミニラーメン×
ミニタンタンメン×
ミニ味噌ラーメン××
肉キムチそば×××
野菜そば×××
野菜炒めセット×××
韓国風冷麺××
冷やし中華××
冷やしタンタンメン××
ミニソースカツ丼セット×××
ミニキムチチャーハンセット×××


間違っていたらゴメンナサイ。

中信地区には他にも安曇野市、山形村、塩尻にお店があります。また南信を中心に県内に多数ありますので、各店の微妙な違いを楽しんでみるのも面白いかもしれませんね。変わったバンバンチーメンがありましたら、ぜひご連絡下さい。でも、わざわざ行くかどうかはわかりません(笑)


Secret

TrackBackURL
→http://razzablog.blog90.fc2.com/tb.php/850-289b855c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。